若林 知生さんの
1級建築士合格体験記

資格取得に向けての学習で、仕事に対する意識が向上

令和元年度
1級建築士合格
若林 知生 さん(25)

学 歴
大学
勤務先
官公庁
行政
教 室
受講講座
1級建築士設計製図完全合格対策講座

受験回数 学科1回/設計製図2回

私の受験ストーリー

現在の仕事の道に進もうと思ったきっかけ
中学時代に見た「建設中の住宅」に魅せられて

中学3年生の頃、通学路で新しい住宅が建設されているのを見かけ、少しずつ住宅がつくられていく様子を見ているうちに、自分で設計をしたいと思うようになったことがきっかけだったと思います。そのできごとをきっかけに高校・大学と理系の道に進み、建築学科を専攻しました。

1級建築士試験の受験を決断した理由・きっかけ、また受験を決める際に不安だったこととその克服法
職場の上司に勧められて

入社当時は建築関連の資格を取得しようとは考えていなかったのですが、上司から1級建築士の資格を勧められ、社会人1年目から総合資格学院に通学しはじめました。仕事と両立しての勉強は大変でしたが、講義のない休みの日は勉強に1日充てるなどして勉強時間を確保しました。また試験直前には、会社からの理解もあり、休暇をとることができたので、集中して最後の総復習をすることができました。

独学または、他の学校利用ではなく「総合資格学院」に決めた理由
職場の先輩に勧められて

1級建築士の資格取得を目標に掲げた時、同じ職場の先輩が総合資格学院に通学していたので、体験談などを聞いて、受講を決めました。

ご自身と独学者を比べて、感じた一番大きな違い
精神面での支え

長期に渡る勉強となるため、独学だとどうしても継続できないことが多いと思います。通学していると、同じように頑張っている受講生やサポートして下さるスタッフの方がいるので、とても心の支えになりました。

合格したからこそ言える失敗談や反省点、受験期間中の印象に残るエピソード
継続することの重要性

長期に渡る勉強となるため、なにごとも継続することが大切だと思います。少しなまけただけで、周りとかなりの差がついていきます。特に短期講座の製図ではそれを身に染みて実感しました。長期講座では時間はありましたが、なまけないことを意識して毎週の講義に臨みました。

勉強時間のつくり方について、苦労した点・工夫した点
休暇を有効活用

残業のため、帰宅時間が日をまたぐことも多く、平日の夜に勉強時間を確保することが難しかったです。そのため、講義のない休みの日を1日充てるなどして勉強時間を確保しました。

当学院で学習した内容が、お仕事で活かせたエピソード
建築設備に対する知識の習得

電気職や機械職の担当者と打合せをする際、学院で学んだ知識をもとに自分から発言し、意見を聞いてもらうことができました(例:PSやEPS等の設備室の大きさ、配管の種類、位置について)。

設計製図攻略法

当学院で行った、①精度の高い図面を効率よくスピーディに描ける作図力、②作図時間の短縮によるエスキス時間の確保・表現豊かなプランニング、③ミスや好事例を共有するグループミーティングなど、令和元年度の講座強化についての感想
作図時間の確保が心の余裕に

長期での設計製図講座を受講して、作図時間短縮の重要さを痛感しました。自分の作図時間がどの程度かわかることで、エスキスやチェックにかける時間を十分確保することができ、心に余裕が持てました。

エスキスや記述(プランニング)で苦労した点や克服法、講義で役に立ったこと
2つのコアを廊下で真っ直ぐ繋げること

「2つのコアを廊下で真っ直ぐ繋げること」を特に意識して、毎回のエスキスに臨んでいました。講師から、どの標準解答例を見てもそのようになっていると言われ、過去問題の解答を分析したのも今ではよい思い出です。

作図で苦労した点や克服方法、講義で役立ったこと
作図の時間短縮方法

自分に合うシャーペン、シャー芯、テンプレートをいろいろ試し、作図の時間短縮を図りました。

製図合格のポイント
読み取りの重要性

設計製図の一番はじめにあたる「読み取り」。ここで合否が決まると言っても過言ではありません。今考えると、短期講座を受講しているころは、ただやみくもに課題を解いていただけだったと思います。長期講座を受講し、たくさんの課題をこなしていくうちに、課題文から施主が何を求めているのかを理解できるようになりました。

今後の目標や抱負

受験にあたって会社のサポートは大きく、私のために仕事のスケジュールを調整していただくことが、多々ありました。この恩返しができるように、今後は1級建築士という有資格者として仕事に励んでいきたいです。

御自身の経験を元に資格取得をめざす方へアドバイス

建設業界では、資格の有無により、与えられる仕事やできることが変わります。資格を持っていることで様々な経験ができ、その分、やりがいが増します。資格取得のための勉強は自分の想像以上に辛いものです。そのため、資格取得に向けて早期にスタートすることが一番大切だと思います。

総合資格の教材やサービスでよかったところ
講師

合格だけを目標にしているのではなく、建築の実務につながる知識や姿勢まで学ぶことができました。

グループミーティング

クラスメイトからの幅広い意見を聞くことで、自分のプランの幅が広がりました。

製図模擬試験

本番と同じ試験時間を体験することで、緊張感や時間配分などを学ぶことができました。

設計製図テキスト

設計製図の基本が詰まっているテキストだと思います。序盤から終盤まで通して、使用頻度が高かったです。