山室 涼平さんの
1級建築士合格体験記

一発で合格するために

令和元年度
1級建築士合格
山室 涼平 さん(27)

学 歴
大学院
勤務先
建設会社
構造設計
本試験得点
110点
教 室
受講講座
1級建築士ストレート合格コース

受験回数 学科1回/設計製図1回

私の受験ストーリー

現在の仕事の道に進もうと思ったきっかけ
カタチに残ることを仕事にしたい

中学生のときに工務店に職場経験に行き、プレハブで事務所を建てる仕事を体験しました。完成したとき、自分の仕事がカタチとして残ることに魅力を感じたことが、建築の道に進みたいと考えるようになったきっかけです。

1級建築士試験の受験を決断した理由・きっかけ、また受験を決める際に不安だったこととその克服法
将来的に必要になる資格

設計の仕事では、将来的に1級建築士の資格が必要です。それならば、早い段階で取得しておいた方がよいと考え、受験資格が得られる入社3年目に受験しようと、入社した時点で決めていました。

独学または、他の学校利用ではなく「総合資格学院」に決めた理由
できるだけ効率的に勉強したかった

当初、学科試験は独学で挑むつもりでしたが、1級建築士の試験について調べていくと、新傾向の問題の比率が増加していることを知り、資格学校に行く方が効率的と判断しました。総合資格学院は、ストレート合格者占有率が1番高く、ライブ講義がある点に惹かれました。ライブの方が記憶に残りやすく、わからない点をすぐ質問できると思ったからです。

合格したからこそ言える失敗談や反省点、受験期間中の印象に残るエピソード
忙しさを言い訳にしてはならない

当初、仕事との兼ね合いで学習時間を確保できず、模試の得点が伸び悩んでいました。それを講師に相談すると、「忙しさを言い訳にせず絶対合格する強い意志を持ち、睡眠時間を削ってでも勉強するしかない」とのご返答をいただきました。以後は勉強の意識を強く持ち、隙間時間を見つけては取り組むようにしたところ、点数が上がっていきました。

勉強時間のつくり方について、苦労した点・工夫した点
隙間時間の有効活用

休日は学院の自習室に行って学習、平日はまとまった学習時間を確保するのが難しいため、電車移動時や、昼休みなどの隙間時間を使うようにしていました。仕事をしていると、じっくりと机に向かえる時間は限られます。そのため、法令集や計算が必要な法規と構造を机上で勉強し、計画、環境、施工は隙間時間で勉強するようにしました。

当学院で学習した内容が、お仕事で活かせたエピソード
自分の専門分野以外の話もわかるように

1級建築士の学科・設計製図試験を通して、法規や設備など、自分の専門分野以外のことも学ぶことができました。それにより、他部署との打ち合わせで、相手の話の理解が進み、スムーズに仕事を進められるようになりました。実務に役立っていることを日々実感しています。

学科攻略法

得意科目(分野)と苦手科目(分野)
得意科目(分野)

構造

苦手科目(分野)

法規

得意にできた理由、もしくは苦手科目の克服法
苦手な法規は毎日問題を解いた

法規は、学生時代にほとんど勉強しておらず、法令集の引き方にも慣れていなかったので、苦手意識がありました。そのため、4月以降は1日3問解くことを目標に学習することで慣れていきました。また、トレイントレーニングを用いて過去問の理解を深めた結果、6月くらいから他の分野と遜色のない点数を取れるようになりました。

講義で一番役に立ったこと、助けになったこと
すぐに質問できる環境

ライブ講義ということや、講義後も長時間にわたり講師が残ってくれていたことで、直接質問をする機会が多くありました。疑問点をその場ですぐに解消できた点は、特によかったです。質問している受講生も多く、聞きに行きやすい雰囲気があると思います。

学科合格のポイント
問題を繰り返し解く

学科試験は過去問に似た問題も多く出るので、問題集に繰り返し取り組み、確実に解けるようになることが合格の近道だと思います。私は、間違えた問題をノートにメモして振り返りができるようにして、同じ問題を2度と間違えないよう努めました。直前対策講座の的中率は高いので、苦手な科目は受講することをおすすめします。

設計製図攻略法

エスキスや記述(プランニング)で苦労した点や克服法、講義で役に立ったこと
エスキス段階での大幅な減点の予防策

私の課題は、問題文の拡大解釈と、時間が足りなくなることでした。前者に対しては、グループミーティングを通して大多数の人はどう解釈するのかという感覚を養い、また、学院の採点シートを見て、何が重視されているのかを学びました。後者に対しては、エスキスが速い人に手順や時間配分のノウハウを聞くようにして克服しました。

作図で苦労した点や克服方法、講義で役立ったこと
速く描く人のテクニックを真似る

クラスには作図が速い人がたくさんいたので、その人たちに速くなる方法を質問しました。色々な人に質問し、そのテクニックを真似することで、自分も作図スピードが上がった実感があります。製図用具、作図の順番、図面に描くものの取捨選択など、受講生同士で情報交換をするのが、お互いのプラスになるのでおすすめです。

製図合格のポイント
できるだけ多くの人の図面を見ること

設計製図試験は相対評価の試験のため、独りよがりの解答でなく、多数派の解答をしていれば大きく減点されることはありません。そのため、多くの人の図面を見て、この考え方は多数派、この考え方は少数派という感覚を養い、見当違いの解答をしないようにすることがもっとも大切だと思います。

今後の目標や抱負

設計の仕事をしていくうえで、これからが本当のスタートだと感じています。多くの経験を積んでいき、信頼される建築士をめざします。

御自身の経験を元に資格取得をめざす方へアドバイス

1級建築士の勉強は、体力的にも精神的にも多くの負担がかかると思います。辛くなったり不安になったりしたときには、友だちや先輩、講師や教務スタッフなどに相談してみてください。

総合資格の教材やサービスでよかったところ
グループミーティング

設計製図試験対策においてグループでお互いの描いた図面を見せあうことで、自分の図面のよくないところが明確になりました。上手な方の図面を見ることは大変勉強になったので、受講生同士での疑問点や意見の交換は、本当によい機会だったと思います。

講師

試験のことを知り尽くしているベテランの講師が多く、効果的なアドバイスをいただけた点がよかったです。また、熱意がある指導が試験に向けてのモチベーションとなり、問題集は丸2周も取り組むことができました。それだけやったので、落ち着いて本番に臨むことができたのだと思っています。

オリジナル製図課題

課題数が多く、さまざまなパターンを学習できたことが、自分にとって大きかったです。そのおかげで、本番でどのパターンの問題が出ても対応できる力を身につけることができたと思います。