比嘉 龍一さんの
2級建築士合格体験記

とりあえずやる!

令和元年度
2級建築士合格
比嘉 龍一 さん(22)

学 歴
大学
所属
大学生
工学部環境建築工学科建築コース
教 室
受講講座
2級建築士設計製図セット

受験回数 学科1回/設計製図2回

私の受験ストーリー

現在の仕事の道に進もうと思ったきっかけ
父の背中を見て

父から日ごろから建物や仕事の話を聞いていて、建築の世界に興味を持ったことから、この道に進もうと思いました。

2級建築士試験の受験を決断した理由・きっかけ、また受験を決める際に不安だったこととその克服法
法規等の知識量UP

多くの勉強をしても学生でも建築士には大きな憧れがあり受験しました。実務経験がなくて、法規なども心配でしたが勉強することで苦手意識もなくなりました。特に設計製図では法規もかなり重要だったので力になりました。

独学または、他の学校利用ではなく「総合資格学院」に決めた理由
合格実績、ライセンスアドバイザーの熱

担当してくれたライセンスアドバイザーが総合資格の良さを伝えてくれたこともありますが、「ここのカリキュラムを達成できたら合格できる」と言われ、その心強さが後押しになっても申し込みました。

他講習と比較して、実際学院で学んでみてどうだったか
熱量の違い

昨年度は別の資格学校に行っていましたが、スタッフのサポートが本当にケタ違いでした。良い意味でしつこいくらいでした。しかし、そのおかげで自分だけでなく周りの人たちも最後まで一緒に走りきれたと思います。自分はテキストなどよりも、この受講生へのサポートが素晴らしいと感じました。

ご自身と独学者を比べて、感じた一番大きな違い
課題に対する応用力・学習量

総合資格学院で学習すれば、多くの課題に目を通すので100%本番でも対応しやすくなります。また、わからないことは理解するまで質問できることが違うと思います。

合格したからこそ言える失敗談や反省点、受験期間中の印象に残るエピソード
製図をしすぎた

製図を多く描いていくと、つい楽しくなってスピードを求めすぎてしまい、学院の作図目標時間を切るころには伳鞘炎気味になっていました。

勉強時間のつくり方について、苦労した点・工夫した点
朝の時間を有効活用

私は学生なので日中は学校で講義があるので、夜をメインに学習していました。日によってはできないこともあったので、試験前は5時30分に起床して30分から1時間くらいでも線引き練習を行いました。

設計製図攻略法

エスキスや記述(プランニング)で苦労した点や克服法、講義で役に立ったこと
矩形にとらわれない

年々、難度が高くなっているということは実感があったので、矩形ではおそらく本試験は難しいだろうと予想を立てて、無理やり突出型でプランニングを挑戦するようにしていました。

作図で苦労した点や克服方法、講義で役立ったこと
やりすぎはない

試験まで多くの課題をこなしてきました。最後にかなり難しいプランを講師から課題として出されましたが、本試験の課題はまさにそのレベルと感じました。だから、易しい方向に考えず難しい課題に果敢に取り組むべきだと思います。

製図合格のポイント
手を動かすこと、あきらめないこと

設計製図を行ううえで、一番に時間との勝負ということに気が付きました。どんなに居残りで遅くなってもめげそうになっても確実にやりきるまではあきらめませんでした。

1級建築士試験に向けて

チャレンジします。父を超えたいためです。

今後の目標や抱負

自分が大学生で今年から研究室配属となるので、学んだ知識を活かせるようにしたいと思います。

御自身の経験を元に資格取得をめざす方へアドバイス

まだ2級建築士しか取得していないので大きなことは言えませんが絶対にあきらめずにコツコツと努力を重ねることが一番の近道ではないかと思います。人間、わからないことでも100回やれば覚えられます。

学生時代にお世話になった恩師へ一言

今回の合格は、お世話になったすべての方々のおかげです。今までの恩返しは結果で示すことが一番だと思うので、今年で1級建築士を合格します。

総合資格の教材やサービスでよかったところ
ライブ講義

生の声での説明で、疑問点をすぐに聞けるから良かったです。

講師

疑問に対して、理解できるまで何度でも答えてくれました。

チューター

自習の日にも気にかけてくれてサポートしてくれました。

教務スタッフ

つらいときには声をかけてくれたり、精神的なサポートをしてくれたことが大きかったです。