清本 哲也さんの
2級建築士合格体験記

思い立ったが吉日!
やればできる!

令和元年度
2級建築士合格
清本 哲也 さん(22)

学 歴
工業高校
勤務先
建設会社
施工管理
本試験得点
90点 (計画:23点、法規:24点、構造:23点、施工:20点)
教 室
受講講座
2級建築士パーフェクト総合セット

受験回数 学科1回/設計製図1回

私の受験ストーリー

現在の仕事の道に進もうと思ったきっかけ
100年後も残る仕事をしたい

工業高校に進学して、最初に将来したいと思った仕事は設計でしたが、勉強を進めるなかで施工管理という仕事を知りました。大きな現場で自分が監督し、100年後も存在する建築をつくるということに魅力を感じたため、施工管理の会社へ就職しました。

2級建築士試験の受験を決断した理由・きっかけ、また受験を決める際に不安だったこととその克服法
出世し、やれる仕事の幅を広げたかった

現在の仕事としては現場監督をしていますが、将来的に仕事の幅を広げていくために、設計もできるようになる必要がありました。会社も建築士の資格取得を推奨していることもあり、出世も見越して、受験を決めました。

独学または、他の学校利用ではなく「総合資格学院」に決めた理由
声をかけていただいて

高校生のとき、2級建築施工管理技士の学科試験を受験しました。そのときに試験会場で総合資格学院のライセンスアドバイザーの方に声をかけてもらい、建築士に興味があったら是非と資料をいただきました。また、上京してから建築士の資格取得を考えたときにも声をかけていただいたのがきっかけで、友達と一緒に受講をはじめました。

合格したからこそ言える失敗談や反省点、受験期間中の印象に残るエピソード
クラスの友人と問題を教えあった日々

ライブ講義なので、色々な世代のクラスメイトと知り合うことができました。同い年の友人とは毎日のように、わからないところをあれだこれだと教えあったり、競いあったりと、互いを励みにして日々を過ごしました。

勉強時間のつくり方について、苦労した点・工夫した点
必ずすると決めた勉強時間は守る

製図の学習期間中は毎日3時間は必ず勉強すると決めて実行していました。隙間時間を活かして電車の中ではトレイントレーニングを読み、帰宅後もしっかり勉強。夜2時近くになることもありました。仕事に寝坊しないようにするのが大変でしたが、現場の人たちに勤務時間を調整してもらったりしながら、勉強時間を捻出しました。

当学院で学習した内容が、お仕事で活かせたエピソード
実務への理解が深まった

講義で学んだ法規や構造の知識は仕事に活かせました。特に防火区画については現場でも実務を行っていたのですが、改めて講義で説明してもらったので、知識と現場経験が紐づいて、より理解が深まりました。

学科攻略法

得意科目(分野)と苦手科目(分野)
得意科目(分野)

全部

苦手科目(分野)

なし

得意にできた理由、もしくは苦手科目の克服法
苦手科目はつくらない

どんな科目でも最初はわからないところがあって当然なので、そこで苦手だという意識を持ってしまうと、本当に苦手科目になってしまうと思います。勉強を積み重ねて理解を深めていけば、いずれわかるようになる、得意科目に持っていくことができると思って勉強をするうちに、最終的には全部を得意科目にすることができました。

学科合格のポイント
教材を信じて覚える

学院の問題集・テキストに出てきた問題だけを覚えれば、バッチリ合格できます。私が90点とって証明しました!

設計製図攻略法

エスキスや記述(プランニング)で苦労した点や克服法、講義で役に立ったこと
最初のころは全然はまらなかった

プランニングがうまくはまらずに苦労しましたが、講義でコツを教わり、ベースを覚えて、パズルのように当てはめていくことができるようになりました。

作図で苦労した点や克服方法、講義で役立ったこと
量をこなせば必ず質は上がります!

作図は何よりも速さが大切です。最初のうちは質より量。ひたすら枚数をこなして、作図スピードを上げることができれば、伴って描き込み量やクオリティも上げられます。

製図合格のポイント
作図力だ!!

エスキスのプランは自分なりに一生懸命取り組みましたが、既存樹木にかかってしまったり、車椅子利用なのに上り框に段差があったりと、なかなかミスを減らせませんでした。それでも私が合格できたのは十分な作図力があったからだと思います。毎日3時間した勉強の甲斐あって、作図スピード、描き込み量ともに、ほかの人に大きく差をつけることができました。

今後の目標や抱負

史上最年少?!の1級建築士!!
2級建築士が実務経験なしで1級を受験できるようになったので、なるべく早く1級建築士の資格も取得できるよう、今後もがんばって勉強を続けたいと思います。

御自身の経験を元に資格取得をめざす方へアドバイス

資格を取ってもいない人に、仕事の指示や命令をされたとしたら、きっと嫌な気持ちになると思います。逆に資格さえ取ってしまえば、そんな上司や先輩に自信を持って意見を述べられます。あなたならどちらを選びますか! がんばりましょう!

総合資格の教材やサービスでよかったところ
講師ライブ講義

ライブ講義なので、わからないことがあったときには、タイムリーに直接尋ねて教えてもらうことができました。不明点を講義のあとに残さないでいられたので、自習も効率よく行うことができました。

トレイントレーニング

コンパクトで持ち運びに便利だったため、電車移動中の隙間時間にも学習ができました。

グループミーティング

クラスみんなの答えや考え方を聞いたり、教えあったりすることを通じて理解を深めることができました。