大平 あさひさんの
2級建築士合格体験記

将来の自分のためにあきらめないこと!

令和元年度
2級建築士合格
大平 あさひ さん(21)

学 歴
工業高校
勤務先
官公庁
行政
教 室
受講講座
2級建築士設計製図講座

受験回数 学科1回/設計製図1回

私の受験ストーリー

現在の仕事の道に進もうと思ったきっかけ
幼少期の経験から建築の道へ

幼少期のころ、父と共に竹馬や棚などをつくっているうちにものづくりに興味が湧き、建築の道に進もうと考えました。就職する際には、人のためになる仕事に就きたいと考え公務員を選択しました。建築学科出身だったため、官公庁の建築技師として職務を任命され、建築に係わる業務を担当するようになりました。

2級建築士試験の受験を決断した理由・きっかけ、また受験を決める際に不安だったこととその克服法
専門職としての知識を深めるため

建築専門職として今後仕事をしていくうえで資格取得の必要性を感じ、受験を決めました。様々な現場を経験していくうちに自分の建築に対する知識の浅さを感じるようになり、まず知識を深めるためにできることは資格を取得することだと考えました。

独学または、他の学校利用ではなく「総合資格学院」に決めた理由
職場の先輩からの紹介

受験について職場の先輩に相談したところ総合資格学院の紹介を受け、決めました。

合格したからこそ言える失敗談や反省点、受験期間中の印象に残るエピソード
与えられた課題はすべてマスターすること

試験問題が課題でやった問題と同じような特徴を持つ問題でしたが、講義で習ったポイントが頭に入っておらず、エスキスの段階で大きなミスをしてしまいました。講義や宿題で取り組んだ課題はもれなくマスターすべきだったと反省しました。

勉強時間のつくり方について、苦労した点・工夫した点
効率性を重視し、無理のないよう取り組む

図面一枚描くのにまとまった時間が必要になるため、日常生活を調整し、学習の時間を確保することが大変だと感じました。毎日ひたすら図面1枚描くのではなく、苦手な図面やエスキスを集中してやりこむ日をつくり、効率的に勉強していくように工夫しました。

当学院で学習した内容が、お仕事で活かせたエピソード
面積感覚や法規も身についた

講義で学習した1人当たりの所要面積等により実際に使用する面積感覚をつかむことができ、設計をする際にイメージしやすくなりました。また、法規についても復習することができ、実際に設計するのに近い形で学べたと思います。

総合資格配信の「製図タイマーアプリ」を利用した感想

描く順序やスケジュール感をつかむことができました。細かく設定ができたため、自分のオリジナルスケジュールをつくることができ、とても便利でした。

設計製図攻略法

エスキスや記述(プランニング)で苦労した点や克服法、講義で役に立ったこと
仲間の工夫やアイデアを真似して自分の力に

始めはうまくエスキスができず、プランをまとめることに苦手意識がありました。しかし、周りの仲間の工夫やアイデアを真似したり、グループワークで考えたりするうちに自分のなかの引き出しが増え、苦手意識も薄れてどんな課題にも対応できるようになりました。

作図で苦労した点や克服方法、講義で役立ったこと
時間を効率的に使う

作図は時間との勝負になるため、速く描けるように描く順番を工夫したり、タイムトライアルを何度も行ったりしました。また、綺麗に見栄えよく図面を見せるために、一本一本の線を力強く描き、植栽や目地のレパートリーを増やすように取り組みました。

製図合格のポイント
パッと目を引くようなみっちりとした図面を描く

すべての図面を密度濃く描くことが重要だと感じました。エスキスがうまくいったとしても作図力がないと他の受験生の図面に比べると見劣りしてしまい、残念な結果になりかねないと思います。他の受験生の描いた図面と差をつけるために、パッと目を引くような濃い図面を心がけました。

1級建築士試験に向けて

1級建築士にチャレンジしたいと思います。今後も建築の道で仕事をしていきたいと考えているため、自分のスキルアップのためにも挑戦したいと考えます。

合格後の心境や、まわりの変化、今後の目標や抱負は!?

まだまだ未熟な部分が多いので今後も勉強を怠らず精進していきたいと思います。また、1級建築士をめざし、日々努力をしていきます。

資格取得をめざす方へアドバイス

資格取得のために様々なことを我慢したり、努力したりする必要がありますが、今後のために途中であきらめずにがんばりましょう。

総合資格の教材やサービスでよかったところ
グループミーティング

一緒に学ぶ仲間のアイデアやミスを共有でき、自分の製図に活かせました。また、道具の使い方や描く順序なども参考にすることができ、自分自身のステップアップにもつながりました。

講師

自分では気が付かないミスや工夫、考え方を的確に指導してくださいました。日々の勉強の進め方に関してもアドバイスをもらうことができ、無駄なく勉強を進めることができたと思います。

合格ダイアリー

日々の成果を確認でき、計画的に進めることができました。また、学んだことやミスを分かりやすくまとめられるようなページもあり、本番直前でも容易に見直すことができました。