小田原 彩夏さんの
2級建築士合格体験記

合格が仕事のやる気につながる

令和元年度
2級建築士合格
小田原 彩夏 さん(25)

学 歴
専門学校
勤務先
不動産会社
工事・現場監理
教 室
受講講座
2級建築士設計製図講座

受験回数 学科3回/設計製図1回

私の受験ストーリー

現在の仕事の道に進もうと思ったきっかけ
大工だった祖父の姿を見て

小さいころから、大工をしていた祖父の作業場で遊んでいました。ずっと木のぬくもりや良い香りに囲まれて過ごしていたので、その魅力に惹かれてはいましたが、女性で大工というのは厳しい……という自分の考えもあり、それならば設計に携わろうと思ったのがきっかけです。

2級建築士試験の受験を決断した理由・きっかけ、また受験を決める際に不安だったこととその克服法
仕事と資格の関わり

専門学校で建築を学んだのだから、建築士の資格を取るのは当たり前と考えていました。前に勤めていた会社での仕事はやりがいのある仕事でしたが、設計などの、つくる側とは全く違う業務だったのでいまいち身が入らず。今年に入って現場を見ることができる会社に転職したことも後押しになり、「今年は取るぞ!」と気合を入れて取り組みました。

独学または、他の学校利用ではなく「総合資格学院」に決めた理由
製図のブランク

学科の試験は何度か受けていたのですが、製図に取り組むには学生時代から数えて3~4年のブランクがあったことが気になりました。総合資格学院は合格実績が高いこと、また、学科のときから学院の教材や法令集を使っていて、非常にわかりやすいと感じていたので、「製図もここなら大丈夫」と思い、決断しました。

合格したからこそ言える失敗談や反省点、受験期間中の印象に残るエピソード
あれだけやればそりゃ自信になる……

受講をはじめて驚いたのは課題の量(笑)。かなりキツかったです……。課題の提出が間に合わないこともしばしばありました。課題ができていないと教室に行きたくなくなる……というのはあるあるですが、一度休んでしまうと周りとの差はかなりのものになります。それが嫌で講義はきちんと受けました。あの量の課題をこなしていたら、そりゃあ自信がついて当たり前です。キツイけどやれば大丈夫、絶対!

勉強時間のつくり方について、苦労した点・工夫した点
勉強スペースの確保

製図の勉強はかなりスペースを取ります。私は一人暮らしで広いアパートではないので、製図板を広げるのも一苦労……。学科のようにカフェやファミレスで勉強できるような代物ではありません。教室では夜遅くまで自習室を開放してくださっているのでそれを活用するのも良し、公共の学習スペースを利用するのも良し。とにかく仕事のあと、家に帰る前に図面を引く、という日課をがんばりました。

当学院で学習した内容が、お仕事で活かせたエピソード
がんばっている仲間や講師の方々との話

私は今年から現場の監理をしていますが、現場経験は皆無。年の近い同僚もいません。現場を知らないため、職人さんたちとの会話や仕事の話にも自信がありませんでしたが、講座の仲間や講師の経験談を聞いて、自分の仕事にも反映させることができました。学院に通って勉強できたからこそ交流が生まれて、「自分もがんばろう!」というモチベーションにもつながりました。

設計製図攻略法

エスキスや記述(プランニング)で苦労した点や克服法、講義で役に立ったこと
エスキスの手順

学院ではエスキスにも手順があります。最初は慣れないし、チェックポイントが多すぎて「時間の無駄じゃない?」と思うこともありました。しかし慣れてくると、それがミスをしないために必要な手順だと分かるようになります。慣れるまでは少し時間がかかりましたが、無理矢理でも慣れた方がいいです。見落としがぐんと減ります。

作図で苦労した点や克服方法、講義で役立ったこと
1本のシャーペンで

学院では1本のシャーペンで図面を描きます。学生時代には3本の太さの違うシャーペンで図面を描いていた私にとっては衝撃でした。練習すれば1本で様々な太さの線が引けるようになりますし、ペンを持ちかえる時間が削減できてかなり有効です。

製図合格のポイント
凝らないこと、綺麗なこと

言い方は悪いかもしれませんが、条件さえ満たしていればいいです。こだわりなんて必要ありません。できるだけシンプルに、そして綺麗に!です。そのためには手順を覚えること。テキストを使えば覚えられます。ムダと感じるかもしれませんがこれが一番効率がいいと分かります。信じてやってみてください!

1級建築士試験に向けて

時間もお金も必要なので今すぐには無理ですが、いずれは挑戦します。女性で1級建築士を持っていたらかっこいいと思うので!

今後の目標や抱負

現場経験は浅いですが、資格を持っていることを自信にして取り組みたいです。有資格者は今までとは比べられないほど責任が問われるようになるので、気をひきしめてがんばります。

御自身の経験を元に資格取得をめざす方へアドバイス

いかに時間を割けるか、それに尽きると思います。実際この半年は仕事が休みの日曜日はすべて潰れました。でもそれくらいやらないといけない資格です。辛いことも多いですが、仲間とがんばる時間は本当に有意義でした。腹を決めてがんばりましょう!

学生時代にお世話になった恩師へ一言

専門学校でお世話になった先生方、やっと合格しました(笑)。建物をつくる側の仕事に就けて資格取得へのモチベーションが上がりました。建築に触れたことがないまま専門学校で学ぶのは、はじめは雲をつかむようで大変でしたが、当時の経験は確実に今に活きています。本当に人生の大半を占める仕事のために有意義な学びができた学生生活でした。大変お世話になりました。ありがとうございました。どこかでお会いしたらまたお話ししましょう!

総合資格の教材やサービスでよかったところ
エスキス用教材

はじめは慣れないし、手順も多くて、「本当に効率いいんだろうか?」と疑問でした。しかし凡ミスを防ぐ、重要な要求を見落とさないということに関して抜群に効果があったと思います。

講師

ものすごく親身になって接してくれました。どうしたら苦手なところをカバーできるか、良いところ、伸ばせるところはどこか、ほめることも忘れずに指導してくださり、やる気を保つことができました。

設計製図テキスト

私は作図に学生時代からのブランクがありましたが、手順まで記載されており、効率よい描き方を学ぶことができて良かったです。

製図模擬試験

自分がどれくらいの実力があるか判断できるいい機会でした。これがなかったら本試験には向かえなかったと思います。