清水 美沙さんの
2級建築士合格体験記

設計製図のために学科の知識は絶対必要

令和元年度
2級建築士合格
清水 美沙 さん(23)

学 歴
大学
勤務先
ハウスメーカー
意匠設計
教 室
受講講座
2級建築士設計製図講座

受験回数 学科1回/設計製図1回

私の受験ストーリー

現在の仕事の道に進もうと思ったきっかけ
遊び場だった近所の住宅展示場

小学生低学年のころ、近所の展示場にエアートランポリンがあり、展示場を見学したらエアートランポリンで遊べるようになっていたので、遊ぶために通い詰めたのがきっかけで住宅に興味を持ちました。通い詰めるうちに将来の自分の家を設計したいと思うようになりました。その思いのまま大学で建築系の学科を選びました。

2級建築士試験の受験を決断した理由・きっかけ、また受験を決める際に不安だったこととその克服法
いずれは取得しないといけないもの

大学の研究室の先輩が入社してすぐ受験していたことや、会社から1年目で取るように言われていたこともあり、受験すること自体は必然だと思っていたため、受験を決める際に不安や迷いはありませんでした。

独学または、他の学校利用ではなく「総合資格学院」に決めた理由
生の講義が受けられる

私は学科が独学で、学習の進め方がわからず、資格学校に通わなかったことをとても後悔し、製図は必ず通おうと思っていました。そのときに他の資格学校と圧倒的に違うのが、生で講義を受けられるということでした。わからないことなどすぐその場で質問し解決できることが学習効率につながりました。

合格したからこそ言える失敗談や反省点、受験期間中の印象に残るエピソード
学習開始時期は早いに越したことはない

私は試験を甘く見ていた部分があり、学習の開始時期が遅く学習量も少なかったと思います。結果、模擬試験では散々な結果を出してしまい、自信をもって試験に挑むことができませんでした。その時に、もっと早くはじめるべきだったととても後悔しました。

勉強時間のつくり方について、苦労した点・工夫した点
勉強せざるを得ない環境をつくる

私は家だとすぐだらけてしまい全く進まないので、仕事終わりにカフェに行き勉強する環境を確保していました。オリジナル課題を持ち歩き、製図板がなくてもできるゾーニングの学習や特に苦手だった部分詳細図を中心とした作図の手順の確認を勉強していました。

当学院で学習した内容が、お仕事で活かせたエピソード
苦手だったゾーニングを克服

入社1年目なのですが、根本的なプランの考え方を学んだおかげで、敷地からの読み取りや住宅の設計に通じるものがあります。元々ゾーニングが苦手でしたが、学院に通って基礎から学んだことで、速く考えられるようになりました。

設計製図攻略法

エスキスや記述(プランニング)で苦労した点や克服法、講義で役に立ったこと
とにかく素直に講師の言うことを聞く

講師はしっかり丁寧に手順を教えてくれましたし、その講師の教えを理解したうえで、素直に吸収していくことを意識して学習を続けたおかげで、徐々にエスキスが速くできるようになりました。またオリジナル課題の参考解答例をじっくり眺め、苦手だったゾーニングを何度も繰り返して行い克服することにも力を入れました。

作図で苦労した点や克服方法、講義で役立ったこと
製図試験はスポーツ!

基本立った姿勢で描くため、体力もすごく必要で、はじめのうちはいつも筋肉痛になっていました。いつも本番を意識した状態で講義に挑み、トライアルではクラスで一番になるようにがんばっていました。

製図合格のポイント
とにかく描く! 見直す!

クラスでも描いた枚数が多い人ほどスピードもプランニングも上位だったと思います。私は現場の経験もなく、どういう部材の構成で住宅ができあがっているのか勉強不足でイメージがつかなかったこともあり、部分詳細図が苦手でしたが、スマホで撮り、空き時間に見直していました。

1級建築士試験に向けて

2級の学科は学習開始時期が遅かったので、1級建築士の勉強は今からはじめています。身につけた知識や、2級の受験感覚があるうちにチャレンジしたいと思います。

今後の目標や抱負

直接お客さまとやり取りをしながら設計をしていきたいですが、そのためには1級建築士が必要だと思っているので、次のステージに向けて1級取得を目標にして精進あるのみです。

御自身の経験を元に資格取得をめざす方へアドバイス

私は学科を独学で合格したのですが、実はギリギリでそのことに後悔しています。というのも、問題は解けるけど、「どうしてそうなのか」という根拠を理解していなかったことが、設計製図に大きく影響したからです。理解しながらプランニングして図面を描いている人と、言われたままに描かなければならない人、その差は歴然でした。学院に通っていた同期は高得点で合格していましたし、やはり理解して合格することが重要だと思います。

総合資格の教材やサービスでよかったところ
ライブ講義

講義は一度も欠席しませんでした。各講義は濃密で、講師が真剣に指導してくれるので、こちらも本気で向かい合おうとしました。

講師

いつも親身になって、質問などに答えてくれました。毎回出した課題にも丁寧に細かいところまで添削してくれたおかげで、後で復習するときにも役立ちました。

オリジナル製図課題

毎回、課題によって違う条件が出てきて、様々なプランを立て作図することで、多くの経験値を積むことができたと思います。

製図模試

時間配分であったり、採点について意識したりと本番さながらの試験を体験することができました。本番も緊張しないで取り組めたので予行演習としてよかったと思います。