川崎 良さんの
1級建築施工管理技士合格体験記

選択肢は「やる」か「やる」か「やる」

令和元年度
1級建築施工管理技士合格
川崎 良 さん(30)

学 歴
専門学校
勤務先
建設会社
施工管理
教 室
受講講座
1級建築施工管理実地講座

受験回数 学科3回/実地1回

私の受験ストーリー

現在の仕事の道に進もうと思ったきっかけ
子供ながらの着眼点

小学生のころ、通学路で木造の家を建てている現場を見ながら登下校するのが日課で、毎日徐々にできあがっていく過程を見るのが好きでした。当時はプラモデルをつくっている感覚でしか見ていませんでしたが、知識がついたころには、建築の専門学校に進んでいました。

1級建築施工管理技士試験の受験を決断した理由・きっかけ、また受験を決める際に不安だったこととその克服法
必要最低限の資格

施工の世界で1級施工管理技士は、会社の昇格や昇給、独立するにしても最低限取得していないと話にならないとわかっていたし、自身の価値を上げる証になると確信していたからです。ただ、文章能力が乏しく実地試験は不安だったので、ひたすら練習だと思いペンを走らせました。

独学または、他の学校利用ではなく「総合資格学院」に決めた理由
背中を押したライセンスアドバイザー

以前、1級建築士をめざしたころから総合資格学院を選んでいます。実績・講師・情報提供など全体的に自分に合っていました。施工管理技士に関しては、学科は独学で合格できましたが、「実施試験をどうしようか」と悩んでいたところ、ライセンスアドバイザーの方に背中を押していただいたのが決め手です。感謝しています。

ご自身と独学者を比べて、感じた一番大きな違い
きめ細かい指導

実地試験に関しては、初受験のため、傾向と対策が全くわかりませんでしたが、そんな不安を払拭する講義と指導があり、これは独学では得られない特典だと思いました。例えば、そもそも工事概要をきちんと記述できないと採点すらしてもらえず、採点してもらえる記述方法から指導していただきました。実地試験はほぼ国語力で、ここをわかって臨むのとわからないまま臨むのとでは、差が大きいと思います。

合格したからこそ言える失敗談や反省点、受験期間中の印象に残るエピソード
独身のうちに

できることなら結婚する前に取得したかったです。仕事や、育児、学習、睡眠の時間をそれぞれ確保する必要があり、その中で学習時間を確保することは簡単ではなかったです。独身のうちに資格取得をめざしていれば、学習の時間も確保しやすかったように思います。

勉強時間のつくり方について、苦労した点・工夫した点
1日2時間は勉強をする

勉強する時間は、早起きしてやるか子供を寝かしつけてやるかしかありませんでした。子供が寝付いたと思ったら、すぐに泣きながら起きてしまう、ということの繰り返しがしばしばあって勉強が夜中になることもありました・・・。それでも1日の勉強時間を最低2時間は確保するようにして毎日コツコツと取り組みました。

実地攻略法

経験記述で苦労した点や克服法、講義で役に立ったこと
記述の準備

どんな問題がきても記述できる準備をしたことです。経験記述は例年通りいけば「品質」ですが、これが「環境」だったら?と試験元を疑ってどんな問題がきても対応できるように数多く出題のシミュレーションをし、準備をしていました。さらに準備したことを試験当日にミスなく描くために、ひたすら何度も描いて頭に叩き込むしかありませんでした。

その他苦労した点や克服方法、講座で役立ったこと
書く

実地試験対策は全体的には、身につけた知識を文章にすることがメインで、文章能力も問われます。これに関しては本当にひたすら「書く」しかありませんでした。しかし腱鞘炎になったら元も子もありませんので、自分の利き手と相談しながら勉強をがんばりました。

実地合格のポイント
素直さと実行力

実地試験は何をどう勉強すればいいのかもわからず、「独学ではどうにもならない」と感じました。これまで述べた通り、講師に教わったことを素直に受け入れ、勉強時間を確保し反復学習する、これに尽きると思います。立てたスケジュールをしっかりと守り、実行することも大切です。

今後の目標や抱負

まずは正社員登用をめざして日々の業務に取り組みます。勉強の知識と現場の知識は当然違うところがありますが、そこはしっかりと区別をし、自己過信せずに仕事を通じて自らの成長を追求したいと思います。

御自身の経験を元に資格取得をめざす方へアドバイス

「迷ったらGO」「できるできないではなく、やるかやらないか」が私の好きな言葉です。何事も自分の人生に必要と思える物事に出会えたなら、自分でやると決めて自分にウソをつかずやりきるだけです。あとは勉強以外にも当然ストレスがあるので、メンタルと体調を整えるための努力が必要です。がむしゃらに勉強するのではなく、タイムマネジメント、メンタルマネジメントも重要です。偉そうなことを言っているように聞こえるかもしれませんが、がんばってまずは決断してください!「後悔は先に断つ!(^^)」

総合資格の教材やサービスでよかったところ
講師

講義のはじめに「これから学習することを素直に聞き、取り組むことが大事。我を強くしてアレンジしないように」。このアドバイスを講義がはじまるタイミングで聞くことができたのはよかったです。全て言われた通りに学び、本試験に臨んだ結果が合格でした。

実地テキスト

実地テキストというか、全ての教材です。「これをフル活用して、予習から復習まで、繰り返し取り組めば大丈夫」という指導が、単純明快でよかったです。1週だけで終わらせずに、何週何週も繰り返し解いて、力にしていました。

ライセンスアドバイザー

総合資格学院に通学しようかしないかをずっと悩んでいました。そのタイミングでライセンスアドバイザーに声をかけていただきましたが、それがなければ合格していません。きっかけをくださったということと、試験の情報を教えてくださったという面で感謝しています。