一級建築士 合格体験記 河原林 風太さん

SPECIAL INTERVIEW

コスパがいいのは一年で受かること!

河原林 風太さん(23)

令和2年度 1級建築士合格
学歴:
大学院

所属:
大学院生1年

教室:
千葉校
本試験得点 94点

計画:13点、環境/設備:14点、法規:20点、構造:24点、施工:23点

受講講座

受験回数:
学科1回/設計製図1回

私の受験ストーリー

STORY

1級建築士試験の受験を決断した理由・きっかけ、また受験を決める際に不安だったこととその克服法

知識を得るため経験として

法改正時は、受かりやすいとも聞いていて受験をしてみようと考えました。また、若いうちに取ることにこしたことはないと思ったからというのもあります。不安なことは周りに同期がいなかったり、過去の先人たちがいなかったので、どれくらい大変かわからなかったことです。

独学または、他の学校利用ではなく「総合資格学院」に決めた理由

圧倒的なストレート合格実績

受験するなら遠回りせずに一年で取り切ることを目標にしていたので、圧倒的なストレート合格実績を誇る総合資格学院に決めました。

合格したからこそ言える失敗談や反省点、受験期間中の印象に残るエピソード

意外と息抜きも大事

実をいうと、学科試験2週間前が誕生日だったので、友達とかに祝ってもらったり、設計製図試験の勉強中も、BBQや旅行に行ったりしていました。受かったからいえることかもしれませんが、本当にたまに友達とかにあってリフレッシュしていたことが、結構良かった気がしています。

勉強時間のつくり方について、苦労した点・工夫した点

トイレの壁に間違えた問題とかを貼る

自分のなかでどうしても覚えられないことは、紙にまとめて、トイレの壁に貼ることで覚えられましたし、トイレいくたびにがんばらなきゃって思うことができました。

学院で学習した内容が、学校生活または就職活動などで役立ったエピソードを教えてください。

就活で、受かったことはアピールできる

面接官とかに、すごいねと言われました。そこで決まることはありませんが、アピールポイントにはなるかと思いました。大学院の講義とかで習うところと試験勉強で学習するところは大きく違っていました。

学科攻略法

Strategy

得意科目と苦手科目

Strong and weak points

構造
暗記系

得意にできた理由、もしくは苦手科目の克服法

何回も繰り返す!

人は忘れる生き物ですので、苦手な科目、何回も間違えた問題は、単語帳に書いて暇があれば、その単語帳で勉強するようにしていました。また、トイレや部屋に間違えた問題を貼って、何度も目につくようにしたことで、忘れないようにしました。

講義で一番役に立ったこと、助けになったこと

直前特別対策講座

本当にこの講座で習った問題が出ました。法規については、習った一問を2秒で解けたおかげで、受かったと言っても過言ではないと思っています。

学科合格のポイント

絶対受かるという強い意志

こんながんばったのに、あと3点とかでもう一年勉強するのとか絶対考えられない!!という気持ちしかなかったので、やっぱり一年で終わらせるという強い気持ちがポイントだと思います。みなさん、がんばってください!

設計製図攻略法

Strategy

エスキスや記述(プランニング)で苦労した点や克服法、講義で役に立ったこと

最後はやっぱり決断力

エスキスで悩むのは、本当にこれで大丈夫なのか、という点が一番大きかった気がします。最初のうちは色々こねくり回して悩むのも良いと思いますが、最後はやはり完璧でなくても、これでいくしかないという決断力が重要になると思いました。決断には勇気がいるので、そこの自信をつけるために、問題文の読解、部屋数・面積などの確認は、本当に丁寧にやるべきだと思います。

作図で苦労した点や克服方法、講義で役立ったこと

作図はやれば伸びる

初年度だったので、はじめの方は1枚描くのに7時間とかかかっていましたが、最後の方は3時間で描けるようになりました。最初は丁寧に描きつつ、作図手順をしっかりと覚えていき、慣れてきたらひたすら描くことで短縮していくしかないと思います。

製図合格のポイント

問題文の読み取り/チェックを入念に

今回は吹き抜けという設定がなかったので、付け加えていいのか迷いましたが、本文に付け加えてはいけないとは書かれていないことを3回ぐらい確認しました。しっかりと読み取ることが重要だと思いました。また、中間チェック、最終チェックをしっかりと行い、一発アウトだけは絶対に起こさないようにしていました。

メッセージ

Message

合格後の心境や、周りの変化、今後の目標や抱負

とりあえずは就活で企業に就職できればと思っております。その先は決まってから考えます。

資格取得をめざす方へアドバイス

学科:本当に繰り返し問題を解くことを強くお勧めします。そして、間違えた問題は次は間違えないように、ノート等にまとめておくと、後から復習しやすいですし、試験にはそれだけ持っていけばいいので荷物も少なくて済みます。
製図:作図時間は本当に描いた量で変わると思います。とりあえず描きまくりましょう。エスキスに関しては、発想力も問われるので、いろんな人の案を見て学ぶことが一番いいと思います。学院だけでなくSNSなどを使うのも手だと思います。あとは、一発不合格だけは避けるように本当にチェックはしっかり行う習慣をつけていきましょう。

学生時代にお世話になった恩師へ一言

今もまだお世話になっていますが、資格勉強のことも配慮してゼミとか行ってくれたことはとても感謝しています。

総合資格学院で良かったところ

Recommend
  • 合格ダイアリー

    自分の予定をしっかりと把握することで、時間を有効活用することができました。

    詳細はこちら
  • グループミーティング

    ほかの人の案を参考にすることで、自分のなかの知識量が増え、対応力が上がりました。

    詳細はこちら
  • 製図模擬試験

    本番のような緊張感ある環境で作図する経験ができました。また、勉強中の一つの目標となり、モチベーションの維持にもつながりました。

  • その他

    学科模擬試験も上記と同様の理由で、大変良かったと思った。

総合資格学院は
あなたの合格を
応援します!

1級建築士を目指すなら

1級建築士
講座案内

まずは資料請求・
受講相談から