二級建築士 合格体験記 河西 美里さん

SPECIAL INTERVIEW

人生のなかで一番勉強した

河西 美里さん(27)

令和2年度 2級建築士合格
学歴:
大学

勤務先:
イベント/ディスプレイ業(空間デザイナー)

教室:
千葉校
本試験得点 72点

計画:21点、法規:20点、構造:14点、施工:17点

受講講座

受験回数:
学科2回/設計製図1回

私の受験ストーリー

STORY

現在の仕事の道に進もうと思ったきっかけ

学祭や展示会などの人が集まるイベント空間が大好きだった

最初は空間デザインなら、何でも良いからやりたいと思っていました。就活をしているうちに、自分は人が集まって賑わうイベント空間が大好きだということに気付き、さらに3~4日間だけの仮設の空間でも外装と内装をトータルでデザインできることに展示会ブースの魅力を感じ、今の仕事に決めました。

2級建築士試験の受験を決断した理由・きっかけ、また受験を決める際に不安だったこととその克服法

勉強という苦手克服と仕事の幅を広げるため

とにかく勉強することが苦手でした。高校も定時制でのんびりやっていましたし、大学も学科試験無しのAO入試で入りました。教科書の文字を読んでいると他のことがしたくなったり、どうやって勉強をすればいいのかわかりませんでした。仕事内容も建築士とは少し異なるため、講義についていけないことが多く最後まで不安だらけでしたが、学院には早めに来て前の方の良い席を確保し、講師に質問しやすい環境を自分で作ることと、学院以外ではとにかく問題を解いて、間違えた問題をそのままノートに書きなぐること。おかげで人生ではじめて指にペンダコができました。仕事場には、すぐ近くに頭の良い1級建築士の上司がいて、この人の下で働くならいつか私も建築士の資格を取らないと…と入社したばかりのころから思っていました。メインでやっていた展示会などの仮設空間だけでなく、常設の空間デザインにも携わりたいと思うようになったこともきっかけの一つです。

独学または、他の学校利用ではなく「総合資格学院」に決めた理由

1級建築士の上司が通っていたから

聞いた事のある資格スクールの名前だったのでそこにしようとは思っていたのですが、過去に1級に合格している上司も通っていたことを知り、なんとなく安心感がありました。

合格したからこそ言える失敗談や反省点、受験期間中の印象に残るエピソード

プレッシャー・身体も弱く、体力にも自信がない

受験することを会社の皆に報告して、勉強しやすい環境をつくるようにと最初に教えられましたが、自分で宣言してプレッシャーを感じながらでは絶対勉強に集中できないと思いました。なので、唯一信頼できる1級建築士の上司にだけ相談しました。それから、毎朝通勤途中の電車で具合が悪くなるんです。だから、トレイントレーニングはあまり活用できませんでした。講師たちからはすごくオススメされていた教材なのでもったいなかったなと思います。

勉強時間のつくり方について、苦労した点・工夫した点

自分の努力4割、上司のサポート10割

去年まで残業していた時間を、今年は勉強の時間に充てました。コロナの影響で仕事量が減ったのも要因の一つですが、とにかく仕事の効率アップと、勉強時間をつくるために仕事を時間内に終わらせるという強い意識を持って仕事に取り組みました。家に帰るとすぐお布団に吸い込まれてしまうので、終わったらカフェに直行して好きなドリンクを片手に閉店まで勉強するようにしていました。また、試験1週間前は上司のサポートのおかげでお休みをいただくことができ、学院に通うことで試験に集中することができました。

学院で学習した内容が、学校生活または就職活動などで役立ったエピソード

苦手だった図面を褒められた

仕事上、3Dパースはよく褒めて貰えていましたが、図面はチェックしてもらうたびに指摘を受けていました。寸法の入れ方が見にくいとか、統一感がないとか、チェックしてもらうまではミスも多かったです。製図講義を受けて、その辺はすごく成長できたと思っています。図面の苦手意識も克服できて良かったです。

学科攻略法

Strategy

得意科目と苦手科目

Strong and weak points

法規
構造

得意にできた理由、もしくは苦手科目の克服法

問題を解きまくる

とにかく問題を解きまくる。それからわからない問題を講師に確認しました。おそらく中学レベルの内容が頭に入っていない状態からのスタートだったので、講師も指導に相当苦労されていたかと思います。講師が最後まで付き合ってくださるので、安心できました。あとは、間違えた問題をとにかくノートに書きなぐって無理やり頭に詰め込むことです。

学科合格のポイント

問題を解きまくる

どうしても理解できない問題はあります。実際の現場を見ていないので、施工は特にわからないことだらけでした。意味を最後まで理解しようとするとドツボにハマるので、そういう問題はもうノートに書きなぐって文字として覚えるしかないんです。あとは、計算問題は絶対間違えないように、同じものを何度も解きなおしました。

設計製図攻略法

Strategy

エスキスや記述(プランニング)で苦労した点や克服法、講義で役に立ったこと

そこまで苦労しなかった

仕事でゾーニングや動線を考えたりするのであまり深く考えず、どちらかといえばさらさら書けていた方だと思います。エスキス2時間、作図3時間と言われていましたが、講義中は大体エスキスは1時間ちょいで終わってしまいました。私は作図に時間がかかるので早く作図に取り掛かりたかったのですが、「本番とんでもない条件が出てきてエスキスに2時間以上かかるかもしれないから」と講師のストップが入り、敢えて2時間はエスキスにかけるように指導していただきました。試験当日、やはりアクシデントが起こってエスキスを1から書き直し、結局エスキスに2時間10分かけてしまいました。頭の中はパニックでしたが、何とか描き終えることができました。きっと、講義中に3時間半かけて作図をしていたら、本番のアクシデントに対応できなかったと思います。

作図で苦労した点や克服方法、講義で役立ったこと

圧倒的にスピードが遅すぎる

私がよく指摘されたのが作図スピードでした。考えて手が止まってしまうこともあったのですが、それより綺麗に描きたいという気持ちが強くて、細部の描き込みに注力してしまったり、線が少しでもブレると消しゴムでちまちま修正してしまったり。とりあえず未完成を防ぐために全ての項目を一通り描き終えなければいけないのですが、最後の仕上げの描きこみの部分になぜかこだわっていました。講師からはそれらについて、時間内に書き終えられるようになるまで何度も注意されました。汚い図面なんて見せたくないという気持ちが強かったのでそこは妥協せず、とにかく描きまくることで何とか他の受講生に追いつくことに成功しました。当たり前ですが、未完成だと合格できないので、マイペースでやっていた私に何度も注意してくれた講師に感謝しています。

製図合格のポイント

何枚も何枚も描きまくる

上司に、宿題だけじゃダメ!何枚も何枚も描かないと受からない!と言われてきました。それだけ難しいんだろうなと覚悟はしていましたが、実際かなり難しく、これはたくさん描かないとまずいなと思いました。描くことの積み重ねで作図スピードも、様々な条件への対応力も身についたと思います。製図講義が始まってからは、ペンダコが擦り切れて血が出るし、手首は痛いし、視力もかなり落ちました。終われば視力以外治りますよ!

メッセージ

Message

1級建築士試験に向けて

是非チャレンジしたいですと言いたいところですが、1級建築士は絶対に独学では厳しいと思っています。転職をして、講義の曜日と休日が被らないことがあるようなので、一旦はあきらめようと思います。しかし勉強をするということは続けていきたいと思っています。次はインテリアコーディネーターにチャレンジしたいです。

合格後の心境や、周りの変化、今後の目標や抱負

展示会ブースだけでなく、内装デザインにも携わっていきたいです。

資格取得をめざす方へアドバイス

自分はこれだけがんばれるんだという自身が持てるようになりました。仕事の幅もきっと広がりますし、絶対に無駄にはならない資格だと思います。働いている方はストレスや過労で倒れない程度に、がんばれるときにがんばりましょう。

学生時代にお世話になった恩師へ一言

私もびっくりなのですが、なんとか2級建築士を取得することができました。

総合資格学院で良かったところ

Recommend
  • ライブ講義

    直接講義を聞けるのが1番です。講師が皆優しくて話しやすくて、遠慮せずにたくさん質問してしまいました。その度にわかりやすく説明してくださいました。映像だとどうしても理解が追いつかなかったり、私の性格上途中でやめてしまったり。コロナ禍ではありましたが、しっかりと感染対策もされていたので、その点でも安心して通うことができました。

    詳細はこちら
  • オリジナル製図課題

    "シェアハウス"と"高齢者住宅"が絡んだ数多くのオリジナル課題。「え?そんなことある…?!」「なにこれ?!」と毎回驚かされる設計条件に、パニックになりながらも、その度に多くの知識を吸収することができました。本番で何が出てきても驚いて頭が真っ白にならないように、その対策となる課題が20種類以上はあったかと思います。難しかった課題は、宿題とは別でもう一度エスキスから書きなおしてみたりしました。

    詳細はこちら
  • 製図模擬試験

    本番の試験ではランクⅠを取らないと合格できないそうです。模擬試験は2回あり、私は2回ともランクⅠBでした。ランクⅠAじゃないと合格確実ではないと教えられていたので、本番まで油断はできませんでしたが、それと同時に希望の光も見えてきました。

  • グループミーティング

    自分の通っていた教室は話しやすく、色々教えてくれる親切な方が多かったので毎回楽しみでした。特に伏図や矩計図に関しては今まで自分は触れたことがなかった内容なので、得意な方に色々聞けて充実した時間だったと思います。同じ課題を見せ合うのですが、自分とは全く違うエスキスを見て「その手があったか!」と考えさせられたり、細部の仕上げ表現が綺麗な方の図面を見て参考にさせていただいたり、計画の要点に関しても色々な着眼点があり面白いと思いました。

    詳細はこちら

総合資格学院は
あなたの合格を
応援します!

2級建築士を目指すなら

2級建築士
講座案内

まずは資料請求・
受講相談から