総合資格学院の合格実績

建築設備士 学科合格必勝コース(学科講座)

建築一般知識、建築法規、建築設備の重要事項を確認後、演習テスト及び科目仕上げテストで知識を確実に定着。最終講習日には本試験レベルの模擬試験を実施し学習の総仕上げを行います。
TOP 学習内容・
講座の流れ

講座の特徴

講座に通った受講生の「75%」(※)が合格!

最短ルートでの合格をめざされている方は、総合資格学院の講座受講が最善の選択です。
令和3年度 建築設備士第一次検定(学科)において当学院建築設備士講座に通い、8割出席・8割宿題提出を達成した受講生の合格率は「75%」。全国合格率の実に「2倍以上」です。

  • ※ 令和3年度 建築設備士第一次検定(学科)8割出席・8割宿題提出達成 当学院当年度受講生40名中、合格者30名。合格率75.0%。

高い合格率の理由は、No.1の実績で証明されている学習メソッド

当学院は、建築系資格の「最高峰」 1級建築士試験で「業界No.1の合格実績(※)」を誇るスクールです。その学習メソッドを設備士講座にも採用しているため高い合格率を実現できるのです。

  • ※ 令和2年度 1級建築士設計製図試験 全国ストレート合格者 1,809名中、当学院受講生1,099名 合格者占有率60.8%

総合資格学院の学習メソッド

確実に得点力が身につく学習サイクル

高い合格率の理由は、確実に得点力が身につく学習サイクルにあります。
当学院講座では、講義で学んだ内容は、講義後のテストでまず習得度合いを確認し、理解不足の部分は追加でテストを実施しフォローアップ。さらに翌週までの自学学習では復習テストを行い、1週間後にはさらに定着度確認のテストを実施します。
複数回のテストでチェックとフォローアップをこまめに行う、極めて知識定着度の高い学習サイクルが確かな得点力アップにつながるのです。

忙しい方でも、学習を継続できるサポート体制

独学の方は、学習の継続に頭を悩ませることも多いかと思います。
一人で学習をしている場合、モチベーションを高く保てない、的確な目標設定ができない等、学習が思うように進まないケースも多々あります。
当学院講座では、確実に学習を継続できるサポート体制を完備。
具体的には、受講生の皆様の「学習進捗」は、「講義日」はもちろん「講義日以外」も講師や専門スタッフがチェックします。
「学習スケジュール・目標」「日々の学習時間・学習項目」の設定や「テストの得点状況を含む到達度の確認」なども専門のスタッフが皆様とともに行います。そのため試験日まで正しい合格のルートで学習を継続することが可能です。

合格ダイアリーで受講生の日々の学習管理をサポート

合格に必要なのは日々の学習の継続。大半のスクールでは、自宅での学習は本人任せですが、当学院では受講生の毎日の学習管理もしっかりサポート。
「今年絶対合格するダイアリー」で、受講生の日々の学習予定と、進捗到達度を学院スタッフがこまめに確認。効果的な学習方法もアドバイスします!

  • ※ 【受講生サポート】教室マネージャーによる学習進捗の管理、カウンセリング/不明点へのサポートメールサービスなども実施します。

段階をおって実力が確実に身につくカリキュラム

当学院講座は、基礎から本試験レベルへと段階をおって学習を進めるカリキュラム構成となっています。
特に学習の基礎となる最重要項目は学習初期に専用の講座でしっかりと学習するため、初学者の方でも無理なく理解が可能です。

実際の講座では、建築一般知識、建築法規、建築設備の重要事項を習得した上で、複数回のテスト(演習テスト、復習テスト、達成度確認テスト)を通して定着度と理解度を確認。カリキュラムの中間と最終日には模擬試験を実施し本試験レベルで得点する力を身に着けます。

最新の出題傾向を反映した毎年改定の教材

当学院では、手間やコストはかかりますが教材の「毎年改定」を必ず実施しています。なぜなら、改訂を行わない教材で学ぶことは、誤った内容を学習するリスクがあり、時間の大幅なロスにもつながる可能性があるためです。つまり合格のためには最新の出題傾向に即した教材を使用することが絶対条件なのです。
当学院では、試験が終了した直後から、来年の試験に向けて、教材のすべての内容を最新の試験と照合し、必要な部分は改訂を行います。そのため、当学院の教材では試験に出る項目を的確かつ効率的に学習することが可能なのです。

講座内容について気になる点、より詳しく知りたい内容など
お気軽にお問い合わせください!

資料請求

  • さらに詳しい講座情報は、
    資料をご請求ください。

受講相談

  • 講座に関するご質問や
    ご不明な点はこちらから。

受講予約

  • 教室の席を優先的に確保します。 受講の予約はこちらから。

講座概要

学習内容

過去本試験厳選問題解説、計算問題集解説講座、必修項目習得講座、学科対策講座、模擬試験

受験年度 令和4年度受験対策
標準開講日
     
  • ※ 早期講座(必修項目習得講座、過去本試験厳選問題解説)のe講義は、受講ID記載の受講証(過去に受講証を発行されている受講生の場合は、登録内容記載のシール)がお手元に届いた時点よりオンデマンドでの受講が可能となりますので、お好きなペースで学習が進められます。
  • ※ 受講証(もしくは登録内容記載のシール)は、受講料の納入確認出来次第直ちに送付いたしますが、郵便事情により到着には数日を要する場合があります。
受講料 320,000円(税込352,000円)
一般教育訓練給付制度 詳細は最寄りの当学院各校へお問い合わせ下さい。
備考
     
  • ※ 試験制度の変更やカリキュラムの強化のために、学習する内容については、変更を行う場合があります。
  • ※ 開講日程は教室により異なる場合がありますので、詳細は最寄りの各校までお問い合わせください。

一般教育訓練給付制度について知りたい方

〔個人対象〕 給付制度により最高10万円が支給
10万円を上限に受講料の2割に相当する額が支給

  • ※ご利用には条件があります。
  • ※給付制度利用に関する詳細は、必ず当学院までお問い合わせください。
 

資料請求

  • さらに詳しい講座情報は、
    資料をご請求ください。

受講相談

  • 講座に関するご質問や
    ご不明な点はこちらから。

受講予約

  • 教室の席を優先的に確保します。 受講の予約はこちらから。

選べる2つの学習スタイル

あなたは「通学派」? それとも「自宅派」?

重要ポイントを効率よく学習し、
本番で得点できるチカラを集中強化!

通学学習

通学映像

− 通学学習のメリット −

決められたカリキュラムに従って、学習を進めるだけで確実に実力アップ!!

当学院の通学映像なら、長年にわたり培われた指導ノウハウを活かし制作されたクオリティの高い講義が、全国どこでも受講可能です。出席できなかった講義や、聞き逃した箇所も繰り返し学習することができ、途中入校の場合でも遅れている箇所を後から視聴できるなど、サポート体制も万全です。初めて受験される方でも安心してはじめられます。

自宅学習

e講義

− 自宅学習のメリット −

いつでも、何度でも学習できるので、自分のペースで学習したい方に最適!!
スマホ・タブレットにも対応!

e講義は、自宅にいながらにして、通学講義と同様の高品質な講義を受けることのできる、総合資格学院のインターネット学習システムです。一人ひとりの学習進捗状況に合わせて受講できるので、忙しい方や自分のペースで学習したい方に最適です。

  • ※講座内容は、カリキュラム強化の為、変更になる場合があります。

資料請求

  • さらに詳しい講座情報は、
    資料をご請求ください。

受講相談

  • 講座に関するご質問や
    ご不明な点はこちらから。

受講予約

  • 教室の席を優先的に確保します。 受講の予約はこちらから。

令和3年度 建築設備士 第一次試験(学科)

令和2年度 建築設備士 第二次試験(設計製図)

令和2年度 1級建築士設計製図試験 合格実績

令和2年度 1級建築士学科試験 合格実績

ガイダンス実施中 お近くの教室検索
当学院の法人サポート
合格実績
合格者占有率No.1
  • ※総合資格学院の合格実績には、模擬試験のみの受験生、教材購入者、無料の役務提供者、過去受講生は一切含まれておりません。