第二次検定合格のカギとなる分野を基礎から段階的に身につけ、第二次検定の合格をめざす講座です。

注目News!

講座一覧MAP
TOP 学習内容・
講座の流れ

講座の特徴

近年、経験記述で出題の多かった3大テーマ「合理化」「品質管理」「環境管理」は、講義と自宅復習を合わせて3回もの記述作成と添削指導を行います。また、「施工管理法」「法規」等、経験記述以外も十分な対策を実施します。講座カリキュラムに沿って効率的に記述力を身につけることのできるカリキュラムです。

「第二次検定に役立つ用語集」で事前学習

「第二次検定に役立つ用語集」には、経験記述、工程表の問題を解くにあたり、知っておきたい用語が解説されています。プレ講座でこれに取り組むことで、その後の理解度が格段に上がります。

法規対策も万全!「法規キーワード集」

近年の出題傾向に沿った法規対策のための学習教材。出題が予想される条文を確認し、キーワードとなる用語や数値の習得を図ります。毎年出題される建設業法の他に、労働安全衛生法、建築基準法に関しても対応します。

第二次検定に追加される5肢1択の新出題形式にも対応!

第二次検定では、受検者が監理技術者として、建築一式工事の施工の管理を適確に 行うために必要な知識を有しているかを判断する目的で、5肢1択形式(マークシート)の出題が追加されます。当学院講座では5肢1択トレーニングを追加し、過去問を解くだけに留まらない、監理技術者として実務に活かせるレベルの知識を体系的に学べる指導をするので、新出題にも対応できる力を養うことができます。

わからないところをすぐに質問でき、講師からじかにプラスαの知識も教えてもらえるライブ講義(※)が自分に合っていると感じました。経験記述では現場特有の言い回しや表現を、試験用にその都度修正してもらえたおかげで混乱することなく、スムーズに知識を増やしていくことができました。添削を本当に細かいところまでやってくれて、指摘を受けたことをひとつひとつ直していくことで徐々に赤字が減り、自信や成長にもつながりました。

※教室によっては映像講義となる場合もあります。詳しくは最寄校にお問合せください。

※二次対策コース(実地講座)の資料について、ボタンを押した後に表示される「資料請求」フォームで
「1級建築施工管理ストレート合格必勝コース」をお選びください。

令和2年度 1級建築施工管理技術検定 実地試験

資料請求

  • さらに詳しい講座情報は、
    資料をご請求ください。

受講相談

  • 講座に関するご質問や
    ご不明な点はこちらから。

受講予約

  • 教室の席を優先的に確保します。 受講の予約はこちらから。

講座概要

学習内容

〔第二次検定〕

プレ講座、実地本講座、模擬試験

受験年度 令和3年度受験対策
標準開講日
受講料 370,000円(税込407,000円)
  • ※税込受講料は、税別受講料に受講申込日時点での消費税率を乗じた金額となります。
一般教育訓練給付制度 詳細については最寄りの当学院各校までお問い合せください。
人材開発支援助成金 利用可
備考
  • ※試験制度の変更などにより、学習する内容・カリキュラムについては、変更を行う場合があります。
  • ※ 水曜コースは教室によって開講していない場合がございます。詳細は最寄の各校までお問い合わせください。
  • ※インタ・ライブ講義は教室によっては通学映像の講義となる場合があります。

【対象者限定】2年コースのご案内

2級建築施工管理技術検定第二次検定(実地試験)合格者で、1級建築施工管理技術検定を受検資格区分「ニ」(※1)にて一次検定を受検し合格した方(同年度二次検定受検対象外の方(※2))については、「受講契約時に覚書を交わす」ことで、当学院の1級建築施工管理 二次対策コースを2回(※3)受講することができます。詳しい内容は、最寄りの当学院各校までお問合せください。

  • (※1) 【受検資格区分「ニ」】2級建築施工管理技術検定第二次検定(実地試験)合格者。(区分「ニ」の受験資格は、第一次検定のみ受検可能。同区分で受験申請した場合、第一次検定後、同年度の第二次検定受験は不可。)
  • (※2) 第一次検定合格翌年に第二次検定受検資格が発生する方については本コースの対象外となります。
  • (※3) 受講年のスライドはできません。受講は、第一次検定合格年と翌々年以降の第二次検定受検資格発生年に限ります。

関連リンク

〔個人対象〕 給付制度により最高10万円が支給
10万円を上限に受講料の2割に相当する額が支給

  • ※ご利用には条件があります。
  • ※給付制度利用に関する詳細は、必ず当学院までお問い合わせください。

関連リンク

〔中小建設業事業主など対象〕
1人あたり10万円を上限に受講料の最大75%を助成

  • ※ご利用には条件があります。
  • ※人材開発支援助成金利用に関する詳細は、必ず当学院までお問い合わせください。

※二次対策コース(実地講座)の資料について、ボタンを押した後に表示される「資料請求」フォームで
「1級建築施工管理ストレート合格必勝コース」をお選びください。

資料請求

  • さらに詳しい講座情報は、
    資料をご請求ください。

受講相談

  • 講座に関するご質問や
    ご不明な点はこちらから。

受講予約

  • 教室の席を優先的に確保します。 受講の予約はこちらから。
ガイダンス実施中 お近くの教室検索
当学院の法人サポート
合格実績
合格者占有率No.1
  • ※総合資格学院の合格実績には、模擬試験のみの受験生、教材購入者、無料の役務提供者、過去受講生は一切含まれておりません。
建築施工管理技士インフォメーション
建築施工管理技士インフォメーション
資格取得のメリットから、試験の最新情報まで、ここでしか手に入らない情報満載!!
詳しくはこちら