二級建築施工管理技士 試験制度を知ろう

二級建築施工管理技士になるためには、(財)建設業振興基金が実施する二級建築施工管理技術検定試験に合格しなければなりません。

この検定は、第一次検定と第二次検定に分かれて実施されます。2級建築施工管理技術検定は、第一次検定に合格すると2級建築施工管理技士補、第二次検定に合格すると2級建築施工管理技士の国家資格を取得することができます

令和4年度 2級建築施工管理技術検定試験 日程

■2級建築施工管理技術検定試験 「第一次検定のみ(前期)」

  書面申込
令和4年1月14日(金) 第一次検定のみ(前期)申込書販売開始
1月28日(金)〜2月10日(木) 第一次検定のみ(前期)申込受付期間
5月23日(月) 受検票送付
6月12日(日) 第一次検定のみ(前期)実施
7月5日(火) 第一次検定のみ(前期)合格発表

■2級建築施工管理技術検定試験 「第一次検定のみ(後期)」

  書面申込
令和4年6月21日(火) 第一次検定のみ(後期)申込書販売開始
7月5日(火) 第一次検定のみ(後期)申込受付開始
7月19日(火) 第一次検定のみ(後期)申込受付締切
10月24日(月) 受検票送付
11月13日(日) 第一次検定のみ(後期)実施
令和5年1月20日(金) 第一次検定のみ(後期)合格発表
  • ※申込用紙は「第一次検定のみ(後期)」専用の願書をご使用ください。

■2級建築施工管理技術検定試験「第一次・第二次検定」、「第二次検定のみ」

  書面申込 インターネット申込
令和4年6月21日(火) 第一次・第二次検定申込書
販売開始
第一次・第二次検定申込
受付開始
7月5日(火) 第一次・第二次検定申込
受付開始
7月19日(火) 第一次・第二次検定申込
受付締切
第一次・第二次検定申込
受付締切
10月24日(月) 受検票送付
11月13日(日) 第一次・第二次検定実施
令和5年1月27日(金) 第一次・第二次検定、第二次検定のみ合格発表
  • ※インターネット申込は、再受験者(「一次のみ」試験申込者を除く)の方が申込みできます(インターネット上で申込手続は全て完了のため受験願書の購入は一切不要)。

関連リンク

詳細は、一般財団法人 建設業振興基金のホームページをご確認ください。

試験内容

■第一次検定

  • 解答は、マークシート方式で行われます。
検定科目 検定基準 知識・能力の別 解答形式
建築学等

1. 建築一式工事の施工の管理を適確に行うために必要な建築学、土木工学、電気工学、電気通信工学及び機械工学に関する概略の知識を有すること。

2. 建築一式工事の施工の管理を適確に行うために必要な設計図書を正確に読みとるための知識を有すること。

知識 四肢一択
施工管理法

1. 建築一式工事の施工の管理を適確に行うために必要な施工計画の作成方法及び工程管理、品質管理、安全管理等工事の施工の管理方法に関する基礎的な知識を有すること。

知識 四肢一択

2. 建築一式工事の施工の管理を適確に行うために必要な基礎的な能力を有すること。

能力 四肢二択
法規 建設工事の施工の管理を適確に行うために必要な法令に関する概略の知識を有すること。 知識 四肢一択

■第二次検定

【種別:建築】

検定科目 知識能力 検定基準 解答形式
施工管理法 知識 1.主任技術者として、建築一式工事の施工の管理を的確に行うために必要な知識を有すること。 四肢一択
(マークシート)
能力 2.主任技術者として、建築材料の強度等を正確に把握し、及び工事の目的物に所要の強度、外観等を得るために必要な措置を適切に行うことができる応用能力を有すること。

3.主任技術者として、設計図書に基づいて、工事現場における施工計画を適切に作成し、及び施工図を適正に作成することができる応用能力を有すること。
記述

【種別:躯体】

検定科目 知識能力 検定基準 解答形式
躯体
施工管理法
知識 1.建築一式工事のうち基礎及び躯体に係る工事の施工の管理を的確に行うために必要な概略の知識を有すること。 四肢一択
(マークシート)
能力 2.基礎及び躯体に係る建築材料の強度等を正確に把握し、及び工事の目的物に所要の強度等を得るために必要な措置を適切に行うことができる高度の応用能力を有すること。

3.建築一式工事のうち基礎及び躯体に係る工事の工程管理、品質管理、安全管理等工事の施工の管理方法を正確に理解し、設計図書に基づいて、当該工事の工事現場における施工計画を適切に作成し、及び施工図を適正に作成することができる高度の応用能力を有すること。
記述

【種別:仕上げ】

検定科目 知識能力 検定基準 解答形式
仕上
施工管理法
知識 1.建築一式工事のうち仕上げに係る工事の施工の管理を適確に行うために必要な概略の知識を有すること。 四肢一択
(マークシート)
能力 2.仕上げに係る建築材料の強度等を正確に把握し、及び工事の目的物に所要の強度、外観等を得るために必要な措置を適切に行うことができる高度の応用能力を有すること。

3.建築一式工事のうち仕上げに係る工事の工程管理、品質管理、安全管理等工事の施工の管理方法を正確に理解し、設計図書に基づいて、当該工事の工事現場における施工計画を適切に作成し、及び施工図を適正に作成することができる高度の応用能力を有すること。
記述

※試験内容は制度変更される場合がありますので、詳細については、必ず試験実施機関にてお確かめください。

令和3年度 1級建築施工管理技術検定 第一次検定 合格実績

令和3年度 1級建築施工管理技術検定 第二次検定

総合資格学院でめざす建築施工管理技士資格

二級建築施工管理技術検定試験に関する疑問や不安を、総合資格学院が解決します。当学院のライセンスアドバイザーが、数多くの合格実例に基づき的確にアドバイスいたしますので、ぜひ、私たちと一緒に二級建築施工管理技術検定試験合格をめざしましょう!

試験実施機関