建築施工管理技士 試験制度を知ろう

一級建築施工管理技士になろうとする人は、(一財)建設業振興基金が実施する一級建築施工管理技術検定試験に合格し、国土交通大臣の免許を受けなければなりません。

一級建築施工管理技術検定試験は、「学科試験」と「実地試験」に分けて行われます。「学科試験」に合格し「実地試験」に不合格であった人(または受験しなかった人)は、本人の申請により、翌年の試験における「学科試験」が免除されます。
なお、一級建築士試験に合格された方で、一級建築施工管理技術検定学科試験の受験資格があれば、学科試験は免除され実地試験から受験することができます。

受験資格

1.学科試験の受験資格

学歴又は資格 実務経験年数( ※2
  • ※上記実務経験年数には、 1年以上の指導監督的実務経験を含むことが必要
指定学科( ※1 指定学科以外
大学又は
専門学校の「高度専門士」
卒業後3年以上 卒業後4年6ヶ月以上
短期大学又は5年制高等専門学校
又は専門学校の「専門士」
卒業後5年以上 卒業後7年6ヶ月以上
高等学校又は専門学校の専門課程 卒業後10年以上( ※3)( ※4 卒業後11年6ヶ月以上( ※4
その他(最終学歴を問わず) 15年以上( ※4
2級建築士試験合格者 合格後5年以上
2級建築施工管理技術検定合格 合格後5年以上( ※3)( ※4
2級建築施工管理技術検定合格 後、実務経験が5年未満で右の学歴の者 短期大学又は5年制高等専門学校
又は専門学校の「専門士」
卒業後5年以上 卒業後9年以上( ※4
高等学校
専門学校の専門課程
卒業後9年以上( ※4 卒業後10年6ヶ月以上( ※4
その他
(最終学歴を問わず)
14年以上( ※4
(注1)
指定学科の詳細については、 試験実施機関HPをご確認ください。
(注2)
実務経験年数は、学科試験前日までで計算してください。
実務経験年数には、「指導監督的実務経験」を1年以上含むことが必要です。
指導監督的実務経験とは、現場代理人、主任技術者、工事主任、設計監理者、施工監督などの立場で、部下・下請けに対して工事の技術面を総合的に指導監督した経験をいいます。
なお、この実務経験には受注者の立場における経験のほか、発注者側の現場監督技術者等として、総合的に指導・監督した経験も含みます。その他、実務経験年数の詳細については、 試験実施機関HPをご確認ください。
(注3)
表中※3がついている実務経験年数については、主任技術者の要件を満たした後、専任の監理技術者の配置が必要な工事に配置され、監理技術者の指導を受けた2年以上の実務経験を有する方は、実務経験が2年短縮できます。この場合、提出書類が必要です。詳細は試験実施機関HPをご確認ください。
(注4)
表中※4がついている実務経験年数については、「専任の主任技術者」を1年(365日)以上経験し、必要書類をすべて提出できる方に限り、実務経験が2年短縮できます。詳細は試験実施機関HPをご確認ください。

2.実地試験の受験資格

イ.本年度学科試験の合格者
ロ.学科試験免除者

(a)
実地試験受験年度の前年度の1級建築施工管理技術検定 学科試験の合格者
(b)
建築士法による1級建築士試験の合格者で、 なおかつ1級建築施工管理技術検定学科試験の受検資格〔上記の表を参照〕を有する者

※受験資格は制度変更される場合がありますので、詳細については、必ず 試験実施機関HPにてお確かめください。

資格取得までの流れ(平成31年度)

学科・実地受験申込

学科試験免除受験申込

  • インターネット申込期間:2月1日(金)〜2月15日(金)
  • 書面申込期間:2月1日(金)〜2月15日(金)
  • ※前年度学科試験のみ合格者及び学科試験免除者(1級建築士・技術士)の受験申込期間は、平成31年2月1日〜2月15日(上記の学科・実地受付期間と同一日程)です。
  • ※インターネット申込は、再受験者及び前年度学科試験のみ合格者の方が申込みできます(インターネット上で申込手続は全て完了のため受験願書の購入は一切不要)。

学科試験受験票送付

5月20日(月)

学科試験実施

6月9日(日)

学科試験合格発表

7月19日(金)

当年度学科試験合格者の実地試験受験料払込受付開始

7月19日(金)

    ※当年度学科試験合格者の実地試験受験料払込受付締め切り 8月2日(金)

実地試験受験票送付

9月30日(月)

実地試験実施

10月20日(日)

実地試験合格発表

平成32年1月31日(金)

合格証明書交付申請受付締切

2月14日(金)

合格証明書交付

3月中旬

1級建築施工管理技士 資格取得完了

資格取得までの流れに関する注意事項

  • ※前年度学科試験のみ合格者及び学科試験免除者(1級建築士・技術士)の受験申込期間は、平成31年2月1日〜2月15日(上記の学科・実地受付期間と同一日程)です。
  • ※インターネット申込は、再受験者及び前年度学科試験のみ合格者の方が申込みできます(インターネット上で申込手続は全て完了のため受験願書の購入は一切不要)。
  • ※正式な試験日程は、必ず試験実施機関までご確認ください。

試験内容

1.学科試験

(1) 学科試験は択一式で、解答はマークシート方式です。
(2) 建設業法施行令に基づく試験の科目及び基準は、次のとおりです。なお、法令等は平成30年1月1日に有効なものとします。

種目 試験科目 試験基準
建築施工管理 建築学等
  1. 1.建築一式工事の施工に必要な建築学、土木工学、電気工学、電気通信学及び機械工学に関する一般的な知識を有すること。
  2. 2.設計図書に関する一般的な知識を有すること。
施工管理法 建築一式工事の施工計画の作成方法及び工程管理、品質管理、安全管理等工事の施工の管理方法に関する一般的な知識を有すること。
法規 建設工事の施工に必要な法令に関する一般的な知識を有すること。

2.実地試験

(1) 実地試験は、施工管理法について、記述式による筆記試験を行います。
(2) 建設業法施行令に基づく試験の科目及び基準は、次のとおりです。なお、法令等は平成30年1月1日に有効なものとします。

種目 試験科目 試験基準
建築施工管理 施工管理法
  1. 1.建築材料の強度等を正確に把握し、及び工事の目的物に所要の強度、外観等を得るために必要な措置を適切に行うことができる高度の応用能力を 有すること。
  2. 2.設計図書に基づいて、工事現場における施工計画を適切に作成し、及び施工図を適正に作成することができる高度の応用能力を有すること。

※受験資格は制度変更される場合がありますので、詳細については、必ず 試験実施機関HPにてお確かめください。

2019(令和元)年度 1級建築施工管理技術検定学科試験 合格実績

2018(平成30)年度 1級建築施工管理技術検定 実地試験

総合資格学院でめざす建築施工管理技士資格

一級建築施工管理技術検定試験に関する疑問や不安を、総合資格学院が解決します。当学院のライセンスアドバイザーが、数多くの合格実例に基づき的確にアドバイスいたしますので、ぜひ、私たちと一緒に一級建築施工管理技術検定試験合格をめざしましょう!

試験実施機関

カテゴリトップに戻る 前のページに戻る pagetop