令和3年度 構造設計一級建築士講習修了考査 総評

令和3年度の修了考査の特徴

令和3年度は、試験実施機関発表の出題形式変更の予告通り、法適合確認、構造設計ともに、選択理由記述式4肢択一10問と記述式3問の出題構成でした。(従来は、法適合確認が記述式5問、構造設計が4肢択一式20 問と記述式3問でした。)

法適合確認は、選択理由記述式4肢択一で初出題が多く、初出題率が正答肢で8割、選択肢ベースで7割でした。
黄色本に掲載されているものがほとんどでしたが、黄色本で記載箇所を確認できるよう十分に読み込んでおく必要があり、理由記述も練習を積んでおかないと、対応が難しかったと考えられます。

記述式については、半分は初出題の内容であり、過去出題内容は確実に正解出来ることが絶対条件であり、それに加え、「一貫構造計算プログラム」「モデル化」など近年の傾向を的確にとらえた対策が必須であったといえます。

構造設計は、選択理由記述式4肢択一で初出題率は正答肢で4割となり令和元年、2年と同程度でした。
記述式は、半分程度が初出題で計算量が多く、慎重に計算を進める必要がありました。

問題を正確に読み取れば計算を進められますが、そのためには丁寧に問題を読み込むトレーニングを積めていたかが重要であったといえます。 (初出題率は学院分析による)

法適合確認について

出題傾向

●選択理由記述式4肢択一の出題項目

従来、4肢択一での出題はありませんでしたが、今回、出題された項目としては、建築構造設計のあるべき姿、構造関係規定の位置づけ、地震力、荷重及び外力、鉄骨造の耐震計算、鉄筋コンクリート造建築物の耐震計算ルート1、木質材料及び木質構造、耐風設計、保有水平耐力計算、鉄筋コンクリート造の保有水平耐力計算でした。青本・黄色本掲載内容と建築士法、建築基準法に基づく構造規定からの出題でした。

●一貫構造計算プログラム・モデル化に関する問題

問題1では、No.1で一貫構造計算プログラムを用いたツインタワー状の建築物の構造計算、No.2で一貫構造計算プログラムを用いた場合のRC造壁のモデル化について出題されました。いずれも初出題であり、近年、連続して出題されている「一貫構造計算プログラム」「モデル化」に関する問題でした。令和3年度改訂となった青本の改訂箇所や構造計算適合性判定での指摘事例に関連しての出題でした。

●耐震計算ルート3(保有水平耐力計算)関連の問題

問題3は鉄筋コンクリート造の耐震計算ルート3に関する問題でスラブの有効幅の変化を伴っての曲げ終局モーメントや部材種別、保有水平耐力、構造特性係数Ds などを求める問題で、初出題の内容でした。節点曲げモーメントと塑性ヒンジ発生位置での曲げ終局モーメントを区別して取り扱うことに注意する必要もありました。

出題傾向からの対策

法規定を中心に、青本と黄色本で確実に根拠確認できるようにトレーニングすること、青本掲載のものを中心に構造計算適合性判定での指摘事例を十分に理解し、確認しておくこと、問題文を丁寧に読み解いて解答する問題演習を近年の傾向を反映した内容で十分な問題量で行っておくことが必要でした。

 

構造設計について

出題傾向

●選択理由記述式4肢択一の出題項目

4肢択一式では、構造力学として、近年出題の多い軸力による変形と応力に関する問題で平成30年の発展形、コンクリート・鉄筋コンクリート造、構造計画・構造解析、耐震設計、木質構造、鉄骨構造、免震構造・制振構造、地盤・基礎、耐震診断・耐震補強といったこれまでの出題項目が、問題数が20問から10問に減少したなかで網羅されていました。 従来、出題のあった倫理に関しては、「建築構造設計のあるべき姿」として法適合確認で出題されました。

●計算とスケッチ

問題1の鉄筋コンクリート造柱の出題は平成20年の出題に関連して初出題の事項も加わって問われました。問題2では、検討結果に基づいた鉄骨造のブレースと柱梁接合部の納まりのスケッチが求められました。 問題3では、No.2が平成28、29、令和2年と近年出題されている2層地盤に対する直接基礎の検討の問題でしたが、No.1は、免震ピットの立上り壁に作用する偏土圧に関する問題で、初出題でした。問題1〜3全体として計算量が多かったと言えます。

出題傾向からの対策

半分程度出題のある過去問は確実に正解出来るようにしておくことは当然ですが、初出題であっても丁寧に問題を読み取り計算を進められるよう、問題文の条件を正確に読み取り、構造設計における構造設計者としての正しい判断をし、量の多い計算を関数電卓でミスなく進めるトレーニングを十分に行っておく必要があります。

総合資格学院の構造設計1級建築士対策講座について

構造設計1級建築士修了考査については、以下のような特徴があります。

・講習の内容がそのまま出題されるわけではない
・日常業務で扱っていない分野の問題も出題される
・市販の参考書や問題集がほとんどない
・手計算で解答を導き出さなければいけない

以上のような理由から、特に独学での対策が難しく、構造のプロにとっても非常に難しい内容であるといえます。
1級建築士試験で「日本一」の実績を誇る当学院は、これまでの蓄積したノウハウと分析に基づき、構造設計1級建築士対策講座においても、効率的な独自の学習システムを構築しています。 構造設計のプロにとっても非常に難しい出題内容ではありますが、当学院の講座であれば攻略するのに十分な合格レベルの実力を養成可能です。
当学院では、現在、令和4年度生を募集中です。令和4年度の修了考査突破をめざされている方は、是非、受講をご検討ください。

pagetop

令和2年度 1級建築士設計製図試験 合格実績

令和2年度 1級建築士学科試験 合格実績

総合資格学院でめざす構造設計1級建築士資格 総合資格学院が、皆様の構造設計1級建築士合格を応援します!

構造設計1級建築士講習(修了考査)に関する疑問や不安を、総合資格学院が解決します。当学院のライセンスアドバイザーが、豊富な経験や指導ノウハウに基づき的確にアドバイスいたしますので、ぜひ、私たちと一緒に構造設計1級建築士の資格取得をめざしましょう!