設備設計1級建築士インフォメーション
総合資格学院の合格実績

令和元年度 設備設計一級建築士修了 考査総評

総評

「法適合確認」は、令和元年度の試験より、問題冊子がA3サイズからA4サイズになり、今まで各設問内に記載されていた注意書きが、まとめて冒頭に記載される形式になりました。注意書きの大きな変更点としては、従来の「不適切な理由を簡潔に記述せよ」という表記から、「不適切な理由を明確に記述せよ」という表記になりました。また、不適切な箇所が数値である場合、不適切な理由とともに「算定根拠及び適切な数値」も併せて記述することが求められました。こうした点は、採点のポイントとなると考えられます。

出題内容は全体的に過去問中心で構成されていましたが、「空調・換気設備」の分野では、5問すべてが計算を必要とする問題であり、内2問はチェック項目が多く、惑わされる要素を含んだ、過去問からの発展問題でした。問題構成の序盤にあたるこの分野をどれだけ短時間で攻略できたかが、修了考査のできを左右するポイントであったといえます。

「設計製図」においては、「空気・換気設備」、「電気設備」は例年並みの難易度でしたが、「給排水衛生設備」は難化しました。いずれの設備においても、能力算定の正確性、平面図・系統図の構成力を鍛え、手描きの作図トレーニングをしっかり積んでおかないと、制限時間内に解答しきることが難しいという傾向は続いています。

「法適合確認」について
[空調・換気設備、給排水衛生設備、電気設備、輸送設備:各5問、計20問]

特徴的な出題

【問1】防煙区画(図解問題)
従来の出題では、自然排煙側の排煙のための開口は「自然排煙口」として表記されていましたが、令和元年度の修了考査では、自然排煙側の自然排煙口が「引違い窓」とされていました。機械排煙と自然排煙が隣接する防煙区画の問題には、確認すべきポイントが多くあるので、解答に時間を要する問題でした。

【問4】排煙機の風量(図解問題)
設問の図中には「排煙機A」の系統と「排煙機B」の系統が記載されていましたが、「排煙機B」の系統には、過去に出題されたことのない「防煙垂れ壁で防煙区画された事務室」が含まれていました。直感的に「排煙機B」の系統に不適切な箇所があると思いこみやすい図になっていたため、惑わされる問題でした。

【問20】輸送設備融合(四択問題)
選択肢中の「出入り口の戸が1/3以上開いている領域は除外される」という文言を正しくイメージして読み取らないと判断できない難しい問題でした。講習会テキストの記述内容を完全に理解していることを前提とした応用力が問われる問題でした。

「設計製図」について
[必須問題10問、選択問題各3問(空調・換気、給排水衛生、電気から1つ選択)]

■課題条件 『設計課題:市街地に建つ本社事務所』

延床面積・階数 5,510u・地上6階、塔屋1階 
空調熱源機 空冷ヒートポンプチラー
給水方式 高置水槽方式
排水方式 汚水・雑排水・雨水を分ける分流式
受電方式  本線・予備線2回線受電方式

■必須問題

※下表はクリックすると拡大されます

■選択問題

※下表はクリックすると拡大されます

特徴的な出題

【給排水衛生設備:問2】
厨房での使用水が全て上水であることや、高置水槽置場が、問題の断面図に図示された屋上1(屋外機器置場)ではなく、答案用紙の問1系統図に示された屋上2であることなど、設計条件には記載がないものの、自ら条件を確認し、考えなければ計算間違いをしてしまう箇所が多くありました。計画条件、設計条件、問題図面、答案用紙を注意深く読み解く必要があり、細心の注意力が試される難しい問題でした。

【給排水衛生設備:問3】
従来の男子便所の配管計画に加え、汚物流しを有する多目的便所の配管計画が追加となり、計画条件、記入上の注意点で指定された条件を満たしながら、上水給水管、雑用水給水管、汚水管、雑排水管、汚水通気管、雑排水通気管、給湯管の7種類の配管を、限られた平面図内に適切に作図する高度な構成力と作図力が求められました。

pagetop

設備設計1級建築士 修了考査対策サービス

解答・解説書

講座

総合資格学院は、1級建築士試験 合格実績 「日本一」

2018年度(平成30年度) 設備設計1級建築士講習 修了考査

2018年度(平成30年度) 1級建築士学科試験 合格実績

2018〜2014年度 1級建築士設計製図試験 合格実績

カテゴリトップに戻る 前のページに戻る pagetop