宅建インフォメーション
総合資格学院の合格実績

宅建 取得のメリットを知ろう

使い方はあなた次第。
夢を大きく広げる宅建資格のチカラ。

宅建は不動産業・建設・ハウスメーカー・金融業で働く方にとって必須資格ですが、実際は合格者のほぼ半数がそれ以外の方で占められています。
さまざまな場面で活躍できる宅建資格は、今後ますます業界の枠を超えて必要とされる場が広がっていくことでしょう。

金融機関で役立つ

銀行の仕事や役割の中で、銀行の利益を左右するとても大切な仕事のひとつに貸し出し業務があります。中でも、私たち個人にとって身近なものは、住宅ローンの貸し出し業務です。
銀行は、お客様が購入する土地や建物がどれくらいの価値があるものなのか、いくらまで貸し出すのかを審査しなればなりません。
このとき役立つのが、不動産の知識。担保となる物件が住居専用地域にあるのか、工業地域にあるのか、あるいは商業地域なのか。定められている用途制限によっても不動産価値は変わっていきます。
しかし、これらの知識は、宅建試験に合格するためには必須の知識。宅建の勉強をすればおのずと貸し出し業務に必要な知識が身につくというわけです。

pagetop

建設会社・不動産会社で役立つ

不動産業界に就職・転職を考えているのであれば、宅建資格はぜひとも取得しておきたいものです。
ご存知のとおり不動産会社では、土地や建物の売買、賃貸契約の仲介業務などを行っています。支店展開をしている不動産会社の場合、驚くくらいたくさんの営業マンが在籍しています。
しかし意外なことに、すべての営業マンが宅建資格を持っているわけではないのです。営業の仕事に不動産の知識は必須ですが、宅建資格がなくても営業マンとして働くことはできるのです。入社後、あまりの忙しさに勉強時間が取れず、なかなか合格できない人もたくさんいるようですが、企業によっては、昇進、昇格の条件になっていたり、持っていて当たり前という雰囲気の職場もあるようです。

pagetop

独立・起業に役立つ

オフィスを借りて独立する場合、宅建受験で勉強した不動産の知識があれば、自分が起業するビジネスならどのような地域にどのような物件を借りたら最も利益があげられるのか、また、その場所で開業しても問題がないのかなど自分自身で判断することができます。まさに自分の持っている知識をフルに活用して、開業の準備をすることが可能になります。
オフィスはビジネスを発信していく大切な基地。どのような物件を借りると有利になるのかを、知っているのと知らないのとでは大きな違いになってくるのです。
また、不動産業界では、明確なビジョンがあれば新規参入組にもビジネスチャンスは十分あります。自分の手腕や才能を思う存分発揮できるのも、会社のオーナーなればこそ。チャレンジしてみる価値も十分にあります。

pagetop

家を建てる、購入するときに役立つ

マイホーム(家)は「一生に一度の大きな買い物」と言われています。そんな高額な買い物だからこそ、失敗は許されません。そのために大切なのは、資金計画と建築技術です。
資金計画とは頭金やローン等の返済計画、不動産取得税や固定資産税などの納税計画です。購入前には必ずこれら全てを細かく試算し、資金計画的に無理がないかを見極めることが必要になります。「そんなの無理だ。」とお思いでしょう。ですが、これらの知識は宅建受験のときに勉強するので宅建取得者ならちょっと調べるだけでわかってしまうのです。
一方、建築技術についてですが、これは自分ではどうすることもできません。そこで必要になってくるのが、業者を見極める力です。宅建取得で得た知識をもとに、健全な不動産会社かを見極め、有利にことを進められる交渉術が必要なのです。

pagetop

家を借りるときに役立つ

「賃貸だから不動産の知識なんていらない」って思っていませんか?実は、部屋を借りるときだって、不動産の知識はとても大切。不動産の知識を駆使して交渉し、不動産会社から「この人なら」と認めてもらうこと。そうすることで、より優良な物件が借りやすくなることもあるのです。
また、部屋を出て行くときにもさまざまなトラブルが起こります。特に多いのが、敷金の返却のこと。日常生活に伴う損耗は貸主負担が原則。だから、借主の落ち度による損耗や家賃滞納がなければ、本来、借主に返還されるはずのお金なんです。しかし、一切返却しないように仕向けたり、場合によっては、追加請求をするような悪質な業者もいるようです。
退去時の敷金返却は、交渉能力がものをいいます。宅建資格で身につけた知識をフルに活用して、しっかり自己防衛して行きましょう。

pagetop

いろいろなコトに役立つ

そもそも不動産(住まい)は、買うにせよ借りるにせよ、なくてはならないものです。宅建試験は、そのなくてはならない住まいに関する法律、税金を中心に勉強する試験ですから、生活に密着した知識が備わるのです。自分の「困った」を自分自身の手で解決することはもちろんのこと、トラブルに巻き込まれないための知識まで得られるなんて嬉しいことです。
宅建ほど、知名度、使い勝手度、アプローチのしやすさの三拍子が揃っている国家資格はそうそうありません。だからこそ宅建が、人気の資格になっているのでしょう。
これまでピックアップしてきたお役立ち例は、ほんの一例にすぎません。仕事の場面でも、プライベートの場面でも、自分の工夫次第では、さらに多くの使い道や活用方法が見つけ出せることでしょう。

pagetop

総合資格学院でめざす宅建資格 総合資格学院が、皆様の宅建合格を応援します!

宅建受験に関する疑問や不安を、総合資格学院が解決します。当学院のライセンスアドバイザーが、数多くの合格実例に基づき的確にアドバイスいたしますので、ぜひ、私たちと一緒に宅建資格試験合格をめざしましょう!

カテゴリトップに戻る 前のページに戻る pagetop