宅建インフォメーション
宅建解答・解説書
総合資格学院の合格実績

宅建 宅建士の主な業務

令和4年度宅建超短期合格コース

令和4年度 宅建士試験 実力確認模試

アパートを借りたり、家を買ったりといった不動産取引にはさまざまな専門知識が必要であり、契約内容も煩雑です。そこで宅建士は、不動産取引に関する法的な専門知識を持ち、貸主と借主(または売主と買主)が十分に納得して契約を結べるよう、公正で健全な取引実現へと導いていくための仕事をします。

宅建士は、宅地や建物に関する法的な専門知識を持ち、貸主と借主(または売主と買主)が十分に納得して契約を結べるよう、公正で円滑な取引実現へと導いていくための仕事をします。

宅建士の主な業務

主な業務内容

以下に説明する内容は、契約期間や敷金・礼金など金銭に関わることはもちろん、電気・ガス・水道といった設備状況にいたるまで、すべてが貸主と借主(または売主と買主)の両者が十分に納得して契約を結ぶために必要な項目です。これらは宅建士の行わなければならない手続き(独占業務)として、法律で定められています。

(1)重要事項の説明

不動産の買主・借主が取引物件に対して正しい判断ができるよう、その材料を提供します。

(2)重要事項説明書への記名・押印

重要事項説明書に記載されている内容に誤りがないかを確認し、記名・押印します。

(3)契約後交付すべき書面への記名・押印

契約内容を確認し、責任を明らかにするため記名・押印します。

総合資格学院でめざす宅建資格 総合資格学院が、皆様の宅建合格を応援します!

宅建受験に関する疑問や不安を、総合資格学院が解決します。当学院のライセンスアドバイザーが、数多くの合格実例に基づき的確にアドバイスいたしますので、ぜひ、私たちと一緒に宅建資格試験合格をめざしましょう!