宅建インフォメーション
総合資格学院の合格実績

宅建 宅建士の主な業務

アパートを借りたり、家を買ったりといった不動産取引にはさまざまな専門知識が必要であり、契約内容も煩雑です。そこで宅建士は、不動産取引に関する法的な専門知識を持ち、貸主と借主(または売主と買主)が十分に納得して契約を結べるよう、公正で健全な取引実現へと導いていくための仕事をします。

宅建士は、宅地や建物に関する法的な専門知識を持ち、貸主と借主(または売主と買主)が十分に納得して契約を結べるよう、公正で円滑な取引実現へと導いていくための仕事をします。

主な業務内容

以下に説明する内容は、契約期間や敷金・礼金など金銭に関わることはもちろん、電気・ガス・水道といった設備状況にいたるまで、すべてが貸主と借主(または売主と買主)の両者が十分に納得して契約を結ぶために必要な項目です。これらは宅建士の行わなければならない手続き(独占業務)として、法律で定められています。

(1)重要事項の説明

不動産の買主・借主が取引物件に対して正しい判断ができるよう、その材料を提供します。

(2)重要事項説明書への記名・押印

重要事項説明書に記載されている内容に誤りがないかを確認し、記名・押印します。

(3)契約後交付すべき書面への記名・押印

契約内容を確認し、責任を明らかにするため記名・押印します。

pagetop

宅建士設置義務

宅地建物取引業者は、その事務所等について、下記の割合で専任(常勤)の宅建士を置くことが義務づけられています(宅建業法)。

  1. (1)事務所については、業務に従事する者の5名に1名以上
  2. (2)案内所等については、1名以上

このように、宅地建物取引士がいないと、宅地建物取引業は成り立たない仕組みになっています。したがって、宅地建物取引士の資格を持った者に対する需要がなくなることはないのです。

pagetop

媒介に成功すると報酬が得られる

宅地建物取引業者が媒介に成功すると、依頼者から成功報酬を得ることができます。報酬の限度額は次のとおりに法定されています。

売買・交換の媒介の場合に一方から受け取れる最高限度額

○ 200万円以下の金額 → (代金額×5%)×1.08
○ 200万円を超え400万円以下の金額 → (代金額×4%+2万円)×1.08
○ 400万円を超える金額 → (代金額×3%+6万円)×1.08

※契約の両当事者から媒介の依頼を受けていれば、それぞれの依頼者から限度額の範囲内で受け取れる。
※消費税課税事業者の場合

たとえば、 土地50坪・一坪200万円の売買を媒介した場合、売買代金が1億円なので、依頼者の一方から受領できる媒介報酬の限度額は、(1億円×3%+6万円)×1.08=330万4千8百円となります。
さらに売主、買主の両当事者から媒介を依頼されていれば、660万9千6百円の報酬が得られることとなります。
独立は決して夢ではありません。

pagetop

総合資格学院でめざす宅建資格 総合資格学院が、皆様の宅建合格を応援します!

宅建受験に関する疑問や不安を、総合資格学院が解決します。当学院のライセンスアドバイザーが、数多くの合格実例に基づき的確にアドバイスいたしますので、ぜひ、私たちと一緒に宅建資格試験合格をめざしましょう!

カテゴリトップに戻る 前のページに戻る pagetop