平成30年度 一級建築士設計製図試験 課題発表!

No.1スクールの設計製図課題攻略セット

平成30年一級建築士試験「設計製図の試験」の課題

(注1)

  • 健康増進のためのエクササイズ等を行う温水プールのある建築物の計画

(注2)

  • パッシブデザインを積極的に取り入れた建築物の計画

(注3)

  • 建築物の外壁の開口部で延焼のおそれのある部分の位置及び防火設備等の適切な計画
  • 防火区画(面積区画、竪穴区画)等の適切な計画
  • 避難施設(直通階段の設置・直通階段に至る歩行距離、歩行経路及び重複区間の長さ、敷地内の避難上必要な通路)等の適切な計画

建築物の計画に当たっての留意事項

  • 敷地の周辺環境に配慮して計画する。
  • バリアフリー、省エネルギー、セキュリティ等に配慮して計画する。
  • 各要求室を適切にゾーニングし、明快な動線計画とする。
  • 建築物全体が、構造耐力上、安全であるとともに、経済性に配慮して計画する。
  • 構造種別に応じて架構形式及びスパン割りを適切に計画するとともに、適切な断面寸法の部材を配置する。
  • 空気調和設備、給排水衛生設備、電気設備、昇降機設備等を適切に計画する。
  • 注意事項

    「試験問題」及び上記の「要求図書」、「建築物の計画に当たっての留意事項」を十分に読んだうえで、「設計製図の試験」に臨むようにして下さい。
    なお、設計与条件に対して解答内容が不十分な場合には、「設計条件・要求図面等に対する重大な不適合」等と判断されます。

平成30年度 1級建築士設計製図「課題攻略ガイダンス」ダイジェスト動画

平成30年度 1級建築士設計製図試験の課題 「健康づくりのためのスポーツ施設」から読み取れる本年度設計製図試験の特徴や難易度、対策を行う上で注意すべきポイントを解説する平成30年度 1級建築士設計製図「課題攻略ガイダンス」の映像をダイジェストでご覧いただけます。

平成29年度も、当学院は1級建築士の全国合格者数 No.1でした。平成30年度においても、より多くの受験生を合格へ導くため、「No.1」の講座を充実させて参ります。本ページでは、合格実績No.1指導校の当学院が、独自の視点で当年度課題の重要ポイントをご紹介いたします!

当年度課題の出題背景

健康づくりのためのスポーツ施設」という用途については、『2020年東京オリンピック』を2年後に控え、スポーツに対する関心が高まる中で、幅広いスポーツの普及と健康増進のための施設が求められている背景を踏まえた、社会がもつ課題が反映された内容となりました。
また、当年度課題では例年発表されている「要求図書」および「注意書き」に加え、「建築物の計画に当たっての留意事項」「注意事項」が初めて明示されるなど、より入念かつ十分な対策が必要になることが読み取れます。

ポイント@:(注1)健康増進のためのエクササイズ等を行う温水プールのある建築物の計画

プールは、過去の本試験において出題歴のある要素ですが、プールが出題された年の課題はいずれも難しくなる傾向があります。
その理由として、「大空間の計画」、着衣から水着への「更衣のための動線計画」に加え、プールという特殊な用途に対応した構造計画、専門性の高い設備計画など多様な要素が要求されることが考えられます。このため事前のしっかりとした学習が必要不可欠です。

ポイントA:(注2)パッシブデザインを積極的に取り入れた建築物の計画

パッシブデザインとは、エアコンなどの空調機器や照明器具を使わず、太陽光、熱、光、そして風といった「自然エネルギー」そのまま受動的に利用し、快適な室内環境にしようとする設計思想・設計手法のことを言います。

ポイントB:(注3)建築基準法遵守の要求

従来の避難規定遵守の要求から、平成30年度はさらに「防火設備」や「防火区画」、「敷地内の避難上必要な通路」などが要求されており、より実務に即した知識とそれを実践(計画)できる技能が求められています。学科試験で法規の知識を学んでいたとしても、実際に学んだ知識を計画に反映させるとなると、数多くのトレーニング(課題実習)が必要です。

ポイントC:「建築物の計画に当たっての留意事項」の明示

例年、本試験当日の課題文中に明示される「建築物の計画に当たっての留意事項」が、平成30年度においては、『十分に読んだうえで、「設計製図の試験」に臨むように』と、事前に明示がされました。
例年の「注意書き」に加え、留意事項の事前明示は、決してヒントが多くなったわけではなく、むしろ想定される試験対策事項がより深く、より多岐に渡ることが推察されます。したがって、学習時間の十分な確保は当然ですが、いかに効果的な教材を使用し、合理的な指導のもと、効率的な学習ができるかが合否を分けるといえます。

ポイントD:「注意事項」の明示

今回、初めて明記された「注意事項」では、『設計与条件に対して解答内容が不十分な場合には、「設計条件・要求図面等に対する重大な不適合」等と判断されます。』と、事前に合格基準の一部がはっきりと明示されました。このことからも、読み取りが合否を分ける重大な要素であることがわかります。また、平成29年度のような、敷地図が別に出題されるなど、進化する本試験に対してさらにその先を見据えた学習が必要になるでしょう。

当学院では、いよいよ「1級建築士設計製図講座(作図強化講座付)」が開講いたします。1級建築士合格実績No.1スクールの対策講座で、1級建築士資格取得をめざしましょう!

総合資格学院の1級建築士設計製図試験対策

合格実績No.1スクールの設計製図講座がついに開講!

合格実績No.1スクールの設計製図試験対策教材を無料プレゼント!

本年度の設計製図試験課題のポイントを当学院講師が解説!

課題攻略ガイダンス

日程 好評開催中!
場所 全国の総合資格学院各校
  • ※開催日程や開催場所は、教室によって異なる場合があります。
料金 無料
持参物 筆記用具一式

→ お申込の前に「最寄の教室」を検索する方はこちら

※上のボタンをクリックして表示される「Web申込フォーム」のガイダンス名欄に、
H30 1級製図課題攻略ガイダンス」とご入力のうえお申し込みください。

※お申込後、当学院担当より、会場や詳細をご案内をいたします。

作図練習のお供に!無料で使えるタイマーアプリ

平成29年度 1級建築士設計製図試験 合格実績

総合資格学院でめざす一級建築士 総合資格学院は、一級建築士設計製図試験合格を応援します!

総合資格学院は、発表された当年度課題から想定されるあらゆる条件の対策を行う、当年度課題攻略のための「1級建築士設計製図講座」を開講します。
また、総合資格学院各校にて、本年度課題の攻略ポイントをお伝えする、「設計製図課題攻略ガイダンス」を無料開催します。合わせてご利用ください。

カテゴリトップに戻る 前のページに戻る pagetop