建築設備士インフォメーション
願書取り寄せサービス
総合資格学院の合格実績

平成28年度 1級建築施工管理技術検定 学科試験総評

総評

本年度の建築設備士第一次試験(学科)は、「建築一般知識」、「建築法規」、「建築設備」の各科目に共通して「実務的な面からの出題」や、「本質的な理解を問う出題」、「法改正・新傾向の問題」、「過去問からの発展形であり過去問と混同しがちな出題」が目立ち、難化の傾向が窺えました。第二次試験(設計製図)まで見据えて、ストレート合格を実現するためにも、これまで以上に第一次試験(学科)に対する十分な準備が必要になっています。

建築一般知識

各分野の出題数は昨年同様「建築計画」4問、「防災計画」4問、「環境計画」12問、「建築構造」3問、「建築材料」3問、「建築施工」4問でした。 全体的に問題の難化がみられ、実務に即した本質的な理解が問われるような問題が多く出題されました。

建築計画(No.1〜4)…No.1の選択肢1「屋上緑化の排水計画」やNo.2の選択肢5「日本料理店の厨房の床面積割合」など、正答肢が判断しづらく難度の高い問題が連続したのため、戸惑った受験生の方も多かったと考えられます。また、そのほかの問題についても、初出題の内容が多くあり、1級建築士試験で出題される内容も多数見られました。

防災計画(No.5〜8)…No.6の選択肢1「ハロン1301を用いたハロゲン化物消火設備の、クリティカルユースの既存建築物への設置」等の専門的な内容も出題されました。また、No.6の選択肢3「特別養護老人ホームの自動火災報知設備の設置義務」のように、現在の世相を反映した出題も見られました。

環境計画(No.9〜20)…「パッシブヒーティングの原則」の意味に対する十分な理解が求められるNo.10や、音響に関する知識と理解を実務的な面を含めて問われるNo.17「講堂等の大きな空間における話声を主とする音響計画に関する問題」等、全体的に原理原則を用いて正答を導きださなくてはならない、理解力が問われる出題でした。

建築構造・建築材料(No.21〜26)…No.21の構造力学の計算問題は、敬遠する受験生の方も多いですが、正しい解法手順を理解すれば確実に得点できる分野です。毎年1問は必ず出題されているので、得点源とすることができるよう対策を行いましょう。

建築施工(No.27〜30)…近年の出題傾向を踏まえた学習が必要でした。

建築法規

各分野の出題数は、「建築基準法」14問、「関係法令」6問と昨年と同様でした。 難解条文は多くありませんでしたが、法令集の条文と照らし合わせてしっかりと確認する必要のある問題が多く出題されました。

建築基準法(No.1〜14)…出題の構成は例年と変わらず、「用語の定義」「面積・高さ等の算定方法」「制度規定」「一般構造」「構造強度」「避難施設等」「耐火・防火」がbPからbVまで、建築設備系が8から14までで出題され、「排煙設備」と「非常用照明装置」については、順番通り「排煙設備」が出題されました。建築基準法・令の範囲で解答できる問題と、告示まで調べなければ解けない問題が混在しており、細かい確認が必要でした。

関係法令(No.15〜20)…「消防法」が2問出題された以外は例年通りの出題構成でした。No.15の「建築士法」は5肢のうち、正答肢を含む3肢が法改正からの出題であり、特に正答肢2は誤りに気づきにくく、苦戦した受験生の方も多かったと考えられます。

建築設備

近年の傾向と同様、「空気調和設備」12問、「給排水衛生設備」12問、「電気設備」20問、「設備工事」6問が出題されました。 近年の試験で出題されていなかった問題や新傾向の問題と併せて、過去問から言い回しを変えて出題される問題も目立ち、全体的には難しい内容でした。

空気調和設備(No.1〜12)…No.3(空気線図)における「冷却コイルのコンタクトファクタ」は初出題の内容でした。コンタクトファクタではなくバイパスファクタ(過去問で出題)を求めた方は、選択肢3に誤答してしまった方も多かったと考えられます。また、No.12の選択肢3は平成26年に出題された「冷房能力は」で始まる誤りの選択肢が「暖房能力は」と一部変更されて正しい選択肢として出題されており、この違いに気づかず誤答してしまうケースも多かったと考えられます。

給排水衛生設備(No.13〜24)…「給排水衛生設備融合」においては基本的な内容の問題が出題されました。しかし、「用語の組合せ」と「設計用給水量・給湯量」の問題で、過去問において正しい記述のものが、言い回しを変えて誤りの記述として出題されていたため、正解するには正確な知識が必要であったと考えられます。

給水設備の計算問題(No.16)…高置水槽の最低必要高さを求める出題でしたが、図とグラフを使って解く出題であり、正答を導くためには手順を正確に理解している必要がありました。与えられた条件や図とグラフから読み取れる情報量が多く、それぞれの意味を理解して問題を解く必要がありました。

消火設備(No.20)…初出題となる屋内消火栓(1号消火栓)の水源の水量が誤りの記述で出題されていました。過去問を確認するだけでなく、周辺知識を合わせてインプットしていなければ対応できなかった問題と考えられます。

衛生器具設備(No.24)…便器の方式とその特徴について出題されました。過去に便器についてまとめて出題された例は無く、正答肢も初出題のものとなっており、それぞれの図と特徴を合わせて学習し、知識を整理していなければ解答は難しかったと考えられます。

電気設備(No.25〜44)

瞬時値と抵抗値から電流の実効値を求める計算問題(No.26)/コージェネレーションシステム(No.31)…近年出題されていなかった内容であり、実効値などの定義と計算式を理解していなければ解くことのできない難問でした。

高圧受変電設備の計画 (No.29)…過去問ではありましたが、言い回しを変えた出題となっていたため、正しい理解をしていなければ取りこぼす可能性がある内容でした。

かご形三相誘導電動機の速度特性曲線(No.35)…図を用いた初出題の内容でした。

受変電設備(No.42)…正答肢1の「トップランナー変圧器」について、トップランナー変圧器の定義は過去に出題例がありますが、種類については初出題でした。

設備工事(No.45〜50)…初出題や過去問から言い回しを変えた問題が含まれていました。No.46の選択肢1で出題された「ガンチャート工程表」は、過去問では「バ―チャート工程表」として出題されており、ほぼ同じものを指しますが、本年度は用語を入れ替えての出題となっていました。

◎本年度 実地試験対策に最適!
本ガイダンスでは、実地試験突破の最大のポイントとなる経験記述の攻略法を解説!ガイダンスでは、経験記述で独学の受験生が陥りがちなミスを想定し、その対策を、添削指導(映像)をまじえながら、わかりやすく解説します。無料ガイダンスのため、是非ご参加ください!

近年の出題傾向分析をもとに、実地試験の傾向を紹介

経験記述の書き方の基本から効果的な学習法まで詳細に解説!

平成27年度の経験記述解答例の添削実習に挑戦!

当学院講師による「公開添削指導」(映像)で、「記述で陥りやすいミス」をわかりやすく解説!

日程 随時開催
場所 全国の総合資格学院各校
料金 無料

→ お申込の前に「最寄の教室」を検索する方はこちら

※上のボタンをクリックして表示される「Web申込フォーム」のガイダンス名欄に、「 1級建築施工 経験記述攻略ガイダンス 」とご入力のうえお申し込みください。

※お申込後、当学院担当より、会場や詳細をご案内をいたします

1級建築施工管理技術検定試験対策

1級建築施工管理技士・1級建築士のW取得をめざす方へ

1級・2級建築士試験対策

各種法定講習のご案内

pagetop

平成28年度 1級建築施工管理技術検定学科試験の合格実績

平成28年度 1級建築施工管理技術検定実地試験の合格実績

pagetop

総合資格学院でめざす建築施工管理技士資格 総合資格学院が、皆様の建築施工管理技士合格を応援します!

総合資格学院では、実地試験合格に必要な分野を基礎から段階的に身につけ、実地試験の合格をめざす「実地講座」をご用意しています。また、総合資格学院各校では、実地試験の合格のカギを握る施工経験記述の攻略ポイントがわかる「経験記述」攻略ガイダンスを開催します。

カテゴリトップに戻る 前のページに戻る pagetop