平成29年度 2級建築施工管理技術検定試験 総評

総評

本年度試験解答・解説書

2級建築施工管理合格対策講座

1. 学科試験総評

出題の特徴

◎初出題の割合は例年並みといえますが、1級建築施工管理技士の学科試験だけでなく、1級建築士の学科試験で出題されるような難しい出題もありました。また、受検種別『仕上げ』の選択問題については、専門性に特化した問題も出題されました

◎過去問の中でも今までに出題されていない問題や、言い回しを変えている問題が目立ちました

◎近年の法改正(建設業法)で新たに業種区分に追加された『解体工事に関する出題』が前期学科試験同様、単独で1問出題されました

【イ.共通】No.1〜35(28問解答)【受検種別:建築・躯体・仕上げ】

環境工学、構造、建築材料(No.1〜No.14)においては、比較的難しい問題が出題され、特に環境工学のNo.3(昼光に関する問題)の正答肢については、1級建築士 学科試験の学科U(環境設備)で出題されるような難しい問題でした。
法規(No.18〜No.25)においては、半数以上が初出題であり、中でも例年2問ずつ出題されている建築基準法建設業法に関する問題は、4問全てが初出題でした。

【ロ.躯体】No.35〜50(6問解答)【受検種別:建築・躯体】
【ニ.躯体】No.66〜80(6問解答)【受検種別:躯体】

【ロ.躯体】及び【ニ.躯体】の合計30問出題された中で、最も特徴的な問題は、No.50(解体工事)でした。これは、近年の法改正(建設業法)で新たに業種区分に追加された「解体工事業」を意識した出題であったと推察されます。
また、出題内容も平成28年度の1級建築施工管理技士 学科試験で出題された「鉄筋コンクリート造の解体工事」に関するものでした。

【ハ.仕上げ】No.51〜65(6問解答)【受検種別:建築・仕上げ】
【ホ.仕上げ】No.81〜95(6問解答)【受検種別:仕上げ】

【ハ.仕上げ】においては、半数以上が初出題の内容で、難しいと受験生が多かったと推察されます。
【ホ.仕上げ】では、過去問が多かったものの、過去に一度しか出題されていない問題や専門性に特化した問題が目立ちました。

学科試験全体として

平成29年度 後期試験では、全体的な過去問の割合は例年と同程度であるものの、『過去に一度しか出題されていない問題』『専門性に特化した出題』が目立ちました。平成28年度の学科試験と比較すると、難易度は同程度かやや高かったと推察されます。
近年では1級、2級建築施工管理技士共通で出題される問題も多いので、2級建築施工管理技士に合格された方で、1級の受験資格を有する方は早期にチャレンジすることをお勧めします。
平成30年度以降の学科試験では、建設業法の改正によって受検種別が撤廃され、特に専門工事業に従事されている方には、得意な問題が減少してしまう可能性があります。今後の学科試験では、躯体工事・仕上げ工事に限定することなく、建築工事の全般的な知識が求められることになるでしょう。

2. 実地試験総評

出題の特徴

◎問題1(経験記述)の設問1は過去問の類似問題でしたが、問われている項目が限定され、やや難しい出題でした

◎問題3(工程管理)は、1級建築施工管理技士でよく出題されるバーチャート工程表が初めて出題されました

◎問題5(法規)は、例年以上に難しい出題でした

【問題1:経験記述】テーマは工程管理

平成29年度は工程管理が出題されました。過去10年で、工程管理は平成20年度、平成23年度、平成26年度と出題されており、設問1については平成20年度の出題と類似していましたが、問われている項目が限定された出題であり、難しいと感じた受験生が多かったと推察されます。
設問2は、平成23年度の出題内容について言い回しを変えた出題でしたが、過去問の記述練習ができていた方には比較的解答しやすい出題であったと推察されます。

【問題2:用語】高得点が狙える出題

平成16年度から「用語の説明」と「施工上留意すべき内容」が問われています。多くが過去に出題された用語でしたが出題範囲が広いので、なかなか学習しにくい内容です。ただし、14問中5問を解答する問題であり、整理して学習すれば高得点が取れる出題でした。

【問題3:バーチャート工程表】出題傾向が変わった上、『木造の工事の流れ』の理解が試された出題

問題3では、例年出題されているネットワーク工程表ではなく、1級建築施工管理技士でよく出題されるバーチャート工程表が出題され、戸惑った受験生が多かったと推察されます。内容は、木造在来軸組み工法2階建て住宅に関する出題で、木造の工事の流れについて理解できているかがポイントでした。

【問題4:躯体工事・仕上げ工事他】例年並みの難易度

例年通り「下線部が適当であれば○、不適当であれば適当な語句を記入する」という出題形式であり、8問中4問が初出題でした。また、設問3のように、1級建築施工管理技士の実地試験で出題された難しい問題も含まれていました。

【問題5:法規】例年以上に難しい出題

法規の条文において、「3つの下線部から誤った語句を選び、それを正しい語句に直す」という出題形式で例年通り3問出題されました。3問とも初出題で設問3は過去に出題された条文でしたが、下線部が過去問と異なり、条文全体を正確に覚えていないと正答できない難しい出題でした。

実地試験全体として

全体的な難易度は、平成28年度よりやや高かったと推察されます。特に、問題3のように出題傾向が変わった問題もあり、しっかりと受験対策を行い、得点すべき問題を確実に得点できたかがポイントでした。
平成30年度以降の学科試験では、受検種別が撤廃されることになり、実地試験では、さらに専門性(建築・躯体・仕上げ)に特化した知識が求められることが予想されます。平成30年度以降の実地試験を受験予定の方は、専門性に特化した出題にも対応した受験対策が必要となるでしょう。

pagetop

プレゼント

2級建築施工管理 合格対策グッズプレゼント

平成29年度2級建築施工管理 学科試験『解答・解説書』

平成29年度 2級建築施工管理 学科試験
『解答・解説書』

平成29年度 2級建築施工管理技士の学科試験分析に最適!
すべての選択肢に詳細な解説付きで、専門指導校ならではのわかりやすい解説書です。

※ プレゼントの発送は11月下旬以降になります。

※ 写真は前年度版となります。

※ 解答解説書は当学院が独自に作成するもので試験実施機関とは一切関係ありません。

平成29年度 2級建築施工管理 実地試験『解答・解説書』

平成29年度 2級建築施工管理 実地試験
『解答・解説書』

平成29年度 2級建築施工管理技士の実地試験分析に最適!
自己採点が難しい記述問題、及び試験突破の鍵となる「経験記述」について専門指導校の分析から導き出された解答を掲載。

※ プレゼントの発送は11月下旬以降になります。

※ 写真は前年度版となります。

※ 解答解説書は当学院が独自に作成するもので試験実施機関とは一切関係ありません。

 
2級建築施工管理技士 『合格ガイドブック』

2級建築施工管理技士 『合格ガイドブック』

2級建築施工管理技士試験の概要や近年の出題傾向、学科・実地ごとの学習方法、試験データなど、受験勉強をスタートする前に必ず押さえておきたい情報が満載。初受験の方には特に入手していただきたい一冊です。

 
 

pagetop

平成30年度 2級建築施工管理試験対策

2級建築施工管理 総合講座

2級建築施工管理 実地講座

pagetop

好評受付中!平成30年度 願書取り寄せ無料サービス

2級建築施工管理技士 取得後は、「上位資格」を目指そう!

1級建築施工管理技士

めざすは上位資格の「1級」!

より専門的かつ高度な技術と経験の証明として「1級」を手に入れれば、現場の規模に関わらず指導・監督ができ、さらに需要の高い「監理技術者」になることもできます。
また公共事業の入札で会社の技術力の証明となる経営事項審査の評価点は「5点」となり(2級は2点)、会社への貢献、ひいていは自身への評価につながります。

2級建築士

住宅建築のスペシャリストをめざそう!

設計をはじめ、個人住宅程度の規模ならばほとんどの業務を行うことができる「2級建築士」。
建築施工管理技士との相性は抜群で、施工知識にも長けた住宅建築のスペシャリストとして活躍できます。


また2級建築士取得後、実務経験要件を満たせば、建設業最上位資格の「1級建築士」を受験することができます。

pagetop

平成29年度 1級建築施工管理技術検定学科試験 合格実績

平成28年度 1級建築施工管理技術検定実地試験の合格実績

平成28年度 2級建築施工管理技術検定実地試験 合格実績

pagetop

総合資格学院でめざす建築施工管理技士資格 総合資格学院が、皆様の建築施工管理技士合格を応援します!

二級建築施工管理技術検定試験に関する疑問や不安を、総合資格学院が解決します。当学院のライセンスアドバイザーが、数多くの合格実例に基づき的確にアドバイスいたしますので、ぜひ、私たちと一緒に二級建築施工管理技術検定試験合格をめざしましょう!

pagetop

カテゴリトップに戻る 前のページに戻る pagetop