オリジナル教材

基本方針

対面指導のノウハウを凝縮

受験対策の教材だから、受験生の目線で制作するのは当然のこと。総合資格学院の教材は実際に教壇に立つ講師陣、および講習開発スタッフたちによる執筆。講義の現場を肌で感じている者だからこそ、受講生のことを知り尽くした「講師」が教材を制作することで、講義中の受講生の反応や質問などを的確に教材へ反映でき、実際に受講生が苦手としがちなポイントや、理解しづらい箇所を、わかりやすく解説することができます。これは、映像講義主体の学校では決して真似できないもの。長年にわたり培われた“対面指導”のノウハウがあるからこそ、真の意味で「受講生目線」のわかりやすい教材へと進化し続けることができるのです。

合格に必要な内容を厳選

当学院の教材は試験の出題範囲を効率よく学習できるように、過去の問題を独自に分析し、合格に必要とされる内容を厳選しています。各項目ごとに基礎から応用までを順序立てて説明しているので、どなたでも無理のない学習が可能です。重要ポイントは大きくスペースを取って特に詳細に解説しています。

毎年改訂で最新傾向にも対応

「教材なんてどれも同じ。」とお考えの方も多いのではないでしょうか?確かに、世の中には受験のためのテキストや問題集が数多く出版されています。しかし、市販の教材は、法改正や最新の試験傾向に的確に対応しているでしょうか?改正箇所がどう試験に反映されるかを意識して編纂されたものでしょうか?
テキストや問題集などの教材は受験生にとってはまさにバイブル。試験の得点に直結するものであり、教材の良し悪しが合否をわけるといっても過言ではありません。
総合資格学院のオリジナル教材は、“毎年改訂”は当然のこと、試験の変化や最新傾向、業界の流れを踏まえ、試験で勝つために徹底的に練り上げられた“超実戦的”な教材なのです。

pagetop

カテゴリトップに戻る 前のページに戻る pagetop