【お知らせ】

・結果発表について、当初2月下旬を予定しておりましたが新型コロナウイルス感染症の影響により3月中旬頃に変更させていただきます。

・本コンテストの関連記事が日刊建設工業新聞(2020/12/18)に掲載されました。

エコバッグデザインコンテストのメンバーエントリー受付は終了いたしました。
ご登録ありがとうございました。

こんなエコバッグなら使いたい!
第一回 学生の学生による学生のための「エコバッグデザインコンテスト」

エコバッグは従来までの使い捨ての買い物袋とは異なりマイバッグとも呼ばれ、本来の買い物袋という用途に加え、「環境への配慮」「自分専用の買い物袋」という意味合いも併せ持つものです。

建築業界でも環境への配慮が求められる昨今、ますます重要となる一人ひとりの地球環境への意識という側面から、
総合資格学院では、広く親しまれ、使用されるようなエコバッグを制作しようという結論に至りました。

そこで、総合資格学院とも関わりの深い建築を学ぶ皆様からデザインを募り、その中から数点を製品化し応募者全員にプレゼントするとともに、総合資格学院のイベントなどで来場者の方にも配布したいと考えております。

審査基準は、普段使いできるデザイン(日常のシーンで総合資格学院を効果的にアピールできるものであること)であり、
皆さんが学校で学んでいる建築・土木・住居系などの「らしさ」が表現されているものです。

多くの方のご応募をお待ちしております!

エコバッグデザインコンテストのメンバーエントリー受付は終了いたしました。
ご登録ありがとうございました。

応募要項

応募資格

大学/大学院/短大/専門学校/高等専門学校/高校に在籍し建築/土木/住居系など建設に関連する分野を学ぶ学生・生徒に限ります。
また、応募は以下のカテゴリーごとの受付となります。

〇カテゴリー1 - 大学院生 大学生
〇カテゴリー2 - 短大生 専門学校生 高等専門学校4~5年生
〇カテゴリー3 - 高校生 高等専門学校1~3年生

  • ※1人(1グループ)につき3点まで応募可能
  • ※グループでの応募も可能
    (ただし、上限3名までとし、代表者以下全員が応募資格を満たすメンバーで構成。またグループで参加する場合、メンバーの方全員が同一の申込カテゴリーである必要があります。)
  • ※提出作品は未発表作品に限ります
応募方法

エコバッグデザインコンテストのメンバーエントリー受付は終了いたしました。 ご登録ありがとうございました。

審査および結果発表スケジュール

【本エントリー受付】
エコバッグデザインコンテストの本エントリー受付(作品提出)は終了いたしました。

【結果発表】
当初2月下旬を予定しておりましたが新型コロナウイルス感染症の影響により3月中旬頃に変更させていただきます。

【表彰式】
新型コロナウイルス感染症を考慮し、実施いたしません。

審査基準
  • ・学校で学んでいる建築・土木・住居系などの「らしさ」が表現されているもの
  • ・普段使いできるデザイン
  • ・総合資格学院を効果的にアピールできるもの
審査方法

当学院学院長 岸をはじめとした当学院関係者のほか、当学院と所縁のある建築家 伊東豊雄氏、小堀哲夫氏、テキスタイルコーディネーター・デザイナーの安東陽子氏が審査員となり厳正なる審査を行います。

審査員

建築家:伊東 豊雄氏
1941年生まれ。65年東京大学工学部建築学科卒業。
主な作品に、「せんだいメディアテーク」、「多摩美術大学図書館(八王子)」、「みんなの森 ぎふメディアコスモス」、「台中国家歌劇院」(台湾)、「新青森総合運動公園陸上競技場」など。
日本建築学会賞(作品賞、大賞)、ヴェネチア・ビエンナーレ金獅子賞、王立英国建築家協会(RIBA)ロイヤルゴールドメダル、プリツカー建築賞など受賞。
2011年に私塾「伊東建築塾」を設立。これからのまちや建築のあり方を考える場として様々な活動を行っている。また、自身のミュージアムが建つ愛媛県今治市大三島においては、塾生有志や地域の人々とともに継続的なまちづくりの活動に取り組んでいる。

建築家:小堀 哲夫氏
1971年、岐阜県生まれ。
1997年、法政大学大学院工学研究科 建設工学専攻修士課程(陣内秀信研究室)修了後、久米設計に入社。2008年、株式会社小堀哲夫建築設計事務所設立。2017年「ROKI Global Innovation Center –ROGIC-」で日本建築学会賞、JIA日本建築大賞を同年にダブル受賞。2019年に「NICCA INNOVATION CENTER」で二度目のJIA日本建築大賞を受賞する。2020年~法政大学デザイン工学部建築学科教授、梅光学院大学客員教授。

テキスタイルデザイナー・コーディネーター:
安東 陽子氏

株式会社 安東陽子デザイン
武蔵野美術大学短期大学部卒業後、株式会社布(NUNO)でクリエイティブスタッフとして勤務。
2011年独立し「安東陽子デザイン」設立。
伊東豊雄、山本理顕、青木淳など数多くの建築家とのコラボレーションで様々な空間にテキスタイルを提供。
「みんなの森 ぎふメディアコスモス」(伊東豊雄建築設計事務所)「NICCA イノベーションセンター」(小堀哲夫建築設計事務所 )「京都市京セラ美術館」(青木淳・西澤徹夫設計共同体)「白井屋ホテル」(藤本壮介建築設計事務所)などの話題の建築プロジェクトにてテキスタイルデザインを担当。

結果発表

結果については、当学院HPにて発表するほか、学院オフィシャルのFacebook、Twitterでも公開します。
※受賞者には事務局より別途連絡いたします。

贈賞

カテゴリーごとに最優秀賞1点(賞金20万円) 優秀賞(審査員賞)1~2点(賞金10万円)を選定。
その他、本エントリーされた方全員に制作したエコバッグを進呈致します。

  • ※メンバーエントリーのみの方には進呈いたしません。
提出物
  • ・A4サイズ、JPG形式or PDF形式、ファイルサイズ5MB以内
  • ・上記規程内であれば書式等は問わず自由形式で応募可能
  • ・エコバッグに「総合資格学院」の文字が必ず入っていること。漢字、英字などは問わず、フォントも自由
提出方法
  • ・メンバーエントリー後、申込者(グループの場合は代表者)に送信される登録完了メールに返信する形でデータを添付し提出してください。それ以外の提出方法は認めません。
  • ・提出データのファイル名は、申込者(グループの場合は代表者)として提出してください。
    例)総合太郎.pdf 総合花子.jpg
受賞作品の制作
  • ・審査にて制作作品として選定された作品は、実際にエコバックとして制作され、応募者全員に進呈されるほか、総合資格学院が主催または協賛する各種イベント等で広く使用されます。
  • ・制作の都合上、応募作品のデザイン、形状、色味など、軽微な調整が入る場合があります。また、形状などによっては、制作の実現が難しい可能性もございますので、予めご了承ください。ただし、賞の選考には影響しないものとします。
エコバッグデザインコンテストのメンバーエントリー受付は終了いたしました。
ご登録ありがとうございました。

応募デザイン例

【応募をご検討の皆様へ】本コンテストは、提案内容を競うものであり、提出データの仕様を競うものではありません。そのため、提案内容がわかるものであればデータの作成方法は自由です。是非、挑戦してみてください!
例) 手書きのスキャンなどでも可。
※ただしメールに添付して送付できるデータ形式であること。

重要事項

  • ・提出作品の全ての権利(著作権については、著作権法第27条及び28条が規定する権利も含みます。)は、応募によって総合資格に無償で譲渡されます。また、応募者は著作者人格権を行使しないこととさせていただきます。
  • ・応募作品についてはエントリーされる方(グループ)のオリジナル作品としてください。著作権など第三者の権利を侵害する作品は受けつけられませんのでご注意ください。
  • ・応募後に著作権など第三者の権利の侵害や、他トラブルが発覚した場合、その責は応募者が負うものとし、応募および受賞を取り消す場合がありますので、ご了承ください。
  • ・受賞者(受賞グループ)のご氏名は、審査結果発表にて公表させていただきますので、予めご了承ください。
  • ・応募時にご登録いただいた情報については株式会社 総合資格の個人情報取り扱い指針に基づき、責任を持って管理いたします。また、当グループのサービスのご案内等に活用させていただく場合もございますので、予めご了承ください。

(個人情報取り扱いについてはこちらからご確認ください)

エコバッグデザインコンテストのメンバーエントリー受付は終了いたしました。
ご登録ありがとうございました。