2020(令和元)年度 1級・2級建築士学科試験対策「早期スタート」のススメ | トピックス&キャンペーン | 1級建築士、2級建築士、宅建、施工管理技士合格なら総合資格学院

平成31年度 1級・2級建築士学科試験対策「早期スタート」のススメ

初出題問題を攻略して確実に合格しよう!



         

令和元年度学科試験において、正答肢が初出題の問題の割合は、1級建築士が1/4以上2級建築士が1/3以上でした!
初出題問題の中には、これまでとは異なる問われ方新しい用語を含んでいるもの、さらには法改正・新基準・新技術などに関する新しいキーワードが含まれている問題も!
過去に出題がなく、対策が難しい初出題問題。当学院なら、本講座開講前に「新傾向問題」に特化した講座でしっかりと対策が可能!
ぜひ「早期スタート」で初出題対策充分な時間をかけて、確実に合格を勝ち取りましょう!

受験資格緩和でライバルが増える!?

建築士試験の受験資格を緩和する 「建築士法の一部を改正する法律」が2018年12月14日に公布されました。
改正建築士法が施行された場合、学歴要件を満たす実務未経験者等のこれまで受験ができなかった層が参入し、 受験者の増加 が見込まれます! ライバルが多くなり競争が激化する中 では、学習時間を長く確保できる早期学科講座の需要が見込まれます!

1級建築士学科資料請求

「早めのスタートで得られるメリットは・・・?」

早期スタート講座の受講メリットは主に3つ!


1.早期から基礎力を徹底的に鍛えぬく講義で揺るぎない知識の土台を形成!
2.継続的に学習することで、合格まで焦らずスマートに到達します!
3.序盤から繰り返し行うチェックテストにより万全な状態で本試験を迎えられます!

当学院の講座では、年内に基本事項を確認、法令集(インデックス、アンダーライン)を完成させ、さらに問題集にも取り組みます。基礎を確実に固めることで、本試験レベルの学習へとスムーズに入っていけるので、本講座では、確実に合格レベルの実力を身につけることができ、 学科試験を高得点で突破することも可能となります。

1級建築士新傾向対策講座 1級建築士学科 必修項目習得講座 建築施工実務講座 1級建築士学科資料請求

2級建築士新傾向対策講座 2級建築士学科 必修項目習得講座 建築施工実務講座 2級建築士学科資料請求

資料請求
  • 2020年度学科対策講座のパンフレットを無料でお届けします。
受講相談
  • 2020年度学科対策講座に関するご質問やご不明な点はこちらから

2019年度 1級建築士学科試験 合格実績

令和元年度 2級建築士設計製図試験 合格実績

平成30年度 2級建築士学科試験 合格実績

カテゴリトップに戻る 前のページに戻る pagetop