賃貸不動産経営管理士インフォメーション
総合資格学院の合格実績

賃貸不動産経営管理士 取得のメリットを知ろう

使い方はあなた次第。夢を大きく広げる賃貸不動産経営管理士資格のチカラ。

賃貸住宅の管理を行う際に活躍する「賃貸不動産経営管理士」。不動産業界や建設業界では取っておきたい資格ですが、それ以外のフィールドでも必ず役に立つ資格です。賃貸不動産経営管理士の持つ、様々なメリットをご紹介しましょう。

不動産

賃貸物件の仲介や賃貸物件の管理を行う不動産業界では、賃貸不動産経営管理士の重要性が年々高まっています。なぜなら、登録事業者が行う賃貸住宅の管理契約においては、賃貸不動産経営管理士等にしか認められていない業務が義務づけられているからです。さらに、賃貸不動産経営管理士はそれぞれの事務所ごとに1名以上置くことが義務づけられています。賃貸不動産経営管理士を雇用・育成することは、企業にとっての重要な課題であることから、この業界で働く方なら、今後の昇給・昇進のためにも是非取得しておきたいところです。

建設・ハウスメーカー

住宅やマンションなどを扱う建設会社、ハウスメーカー、マンションデベロッパーなども、賃貸不動産管理と関係の深い存在です。また、それ以外の建設関連企業でも、賃貸不動産経営管理士の知識は、土地の取得や完成建物の活用などの分野で生かされ、活躍の場が広がります。

金融

金融業界でも賃貸不動産経営管理士の知識は欠かせません。この業界では不動産を担保に融資を行ったり、不動産の資産活用の相談に応じたり、様々な場面で不動産賃貸の知識が必要となります。また、不動産関連事業の新たな展開や拡大にも活かすことができます。

賃貸物件のオーナーも取っておきたい資格!!

賃貸不動産経営管理士は、専門知識を持たない賃貸不動産の所有者等に代わり、専門家として賃貸不動産の管理を実施します。また、賃貸物件のオーナーがこの資格を取得することで自身での管理が可能となることはもちろん、管理業者とも、より効率的に連携が取れるようになります。

学生なら就活の武器に!!

賃貸不動産経営管理士試験は学生でも受験できるため、合格していれば就職活動の際に役立ちます。特に不動産業界などへの就職には有利に働くことが期待できます。また、宅地建物取引士等と併せて取得することによりさらにその価値は高まります。

宅建士があればスグに活躍できる!

賃貸不動産経営管理士になるには、試験に合格した上で登録が必要です。その登録の要件として、2年以上の業務経験等又は宅地建物取引士であることとされています。つまり、宅地建物取引士であれば、賃貸不動産経営管理士試験に合格後、すぐに賃貸不動産経営管理士になることができます。

様々な場面で役に立つ「賃貸不動産経営管理士」

1.家を貸すとき、借りるとき

家を借りるという場面は、人生の中で日常的に起こることです。賃貸不動産経営管理士の勉強で学んだ知識があれば、賃貸トラブルを未然に回避したり、適切に対応することができます。

2.独立・起業に向けて

賃貸不動産経営管理士を取得すれば、将来的に独立し、不動産管理業者として起業するときに大いに役立ちます。また、不動産賃貸物件のオーナーとして事業をする場合にも、この資格の知識は活かされます。

3.他の資格と併せて効果倍増!

賃貸不動産経営管理士は、特に宅地建物取引士と併せて取得することで、その効果が倍増します。その他、建築士やインテリアコーディネーターなどの資格との組合せも効果的です。自分の職種や顧客のニーズに合わせて資格の幅を広げれば、業務の上でのさらなるステップアップが可能です。

4.就職・転職に向けて

賃貸不動産経営管理士試験合格は、就職・転職の際にも心強い味方となります。不動産業界をめざす場合に有効であるのはもちろん、他の様々な業界でその知識は活かされます。さらに、宅地建物取引士と合わせて取得することによりその価値は高まります。

総合資格学院でめざす賃貸不動産経営管理士資格 総合資格学院が、皆様の賃貸不動産経営管理士合格を応援します!

賃貸不動産経営管理士受験に関する疑問や不安を、総合資格学院が解決します。当学院のライセンスアドバイザーが、数多くの合格実例に基づき的確にアドバイスいたしますので、ぜひ、私たちと一緒に賃貸不動産経営管理士資格試験合格をめざしましょう!

カテゴリトップに戻る 前のページに戻る pagetop