賃貸不動産経営管理士インフォメーション
総合資格学院の合格実績

賃貸不動産経営管理士 賃貸不動産経営管理士の主な業務

アパートを借りたり、家を買ったりといった不動産取引にはさまざまな専門知識が必要であり、契約内容も煩雑です。そこで賃貸不動産経営管理士は、不動産取引に関する法的な専門知識を持ち、貸主と借主(または売主と買主)が十分に納得して契約を結べるよう、公正で健全な取引実現へと導いていくための仕事をします。

賃貸住宅等の賃貸借契約は、売買契約のように契約締結とその決済で当事者関係が終了するのではなく、賃貸借契約締結をスタートラインとして「貸主」と「借主」の関係が継続的に維持されることになります。その関係は数年単位で継続する場合も多く、それだけに様々なトラブルが発生する可能性も高くなります。だからこそ、賃貸住宅の管理は専門知識を持った者が適切に行うことにより、このようなトラブルを防止し、賃貸住宅の借主・貸主の利益保護を図ることが必要となります。このような役割を担っているのが「賃貸不動産経営管理士」です。
国土交通省の告示「賃貸住宅管理業者登録制度」により、「賃貸不動産経営管理士」に以下の役割が付与されています。

賃貸不動産経営管理士の役割

(1)賃貸住宅管理に関する重要事項の説明

登録事業者が貸主と管理受託契約を締結する前にその契約の内容等の重要事項を賃貸不動産経営管理士等が書面を交付し説明。

(2)賃貸住宅管理に関する重要事項説明書への記名・押印

重要事項説明書に記載されている内容に誤りがないかを確認し、賃貸不動産経営管理士等が記名・押印する。

(3)賃貸住宅の管理受託契約書の記名・押印

貸主との管理受託契約が成立したときは、賃貸不動産経営管理士等は契約書を作成し、記名・押印する。

pagetop

総合資格学院でめざす賃貸不動産経営管理士資格 総合資格学院が、皆様の賃貸不動産経営管理士合格を応援します!

賃貸不動産経営管理士受験に関する疑問や不安を、総合資格学院が解決します。当学院のライセンスアドバイザーが、数多くの合格実例に基づき的確にアドバイスいたしますので、ぜひ、私たちと一緒に賃貸不動産経営管理士資格試験合格をめざしましょう!

カテゴリトップに戻る 前のページに戻る pagetop