建築設備士インフォメーション
総合資格学院の合格実績
設備士 第二次(製図)オリジナル参考解答例

2019(令和元)年度 建築設備士 「第一次試験」(学科) 合格発表

令和2年7月30日(木)に、令和2年度 建築設備士試験「第一次試験」(学科)の合格発表がありました。概要は下記の通りです。

実受験者数 2,526人
(前年 2,800人)
合格者数 650人(前年 749人)
合格率 25.7%(前年 26.8%)
配点 それぞれの科目の正答数をその科目の得点とし、各科目の得点の合計を総得点とする。

(各問題1点、建築一般知識27点満点、建築法規18点満点、建築設備60点満点、合計105点満点)

合格基準点 各科目及び総得点の合格基準点は下記のとおり。

建築一般知識:13点
建築法規:9点
建築設備:30点

総得点:67点

※各科目及び総得点の合格基準点の全てを満たす者を合格者とする。

総論

令和2年度7月30日(木)に令和2年度 建築設備士「第一次試験」(学科)の合格発表がありました。
実受験者数は2,526人、合格者数は650人、合格率は25.7%で、令和元年度と比較して、実受験者数は274人減少、合格者数は99人減少し、合格率は1.1%低下しました。

令和2年度は、建築設備士に求められる知識・技能について、より適切に判定するために、試験制度が変更された初年度でした。
「建築設備」の出題数が50問から60問に増加し、「建築一般知識」は30問から27問に、「建築法規」は20問から18問に出題数が減少したことにより、総問題数は100問から105問に増加。さらに、出題形式は五肢択一式から四肢択一式へと変更されました。

合否のラインについては、四肢択一式に変更された影響もあってか、本年度は合格基準点が引き上げられました。例年、出題に対して6割以上の得点が合格の基準であり、この通りならば105問に対しては、63点となりますが、令和2年度の合格基準点は、建築一般知識:13点、建築法規:9点、建築設備:30点、総得点:67点と発表されました。

本年度 学科試験の出題傾向について

試験の難易度について、「建築一般知識」はやや難しく、「建築法規」および「建築設備」は例年並みかやや易しい内容でした。
出題傾向について、建築一般知識においても建築設備の出題が目立ったほか、卓上計算機が持ち込み可となったことで、計算問題において、計算機を使わなければ計算に時間がかかる問題が多く、建築設備では初出題の計算問題もありました。また、過去出題された問題であっても、言い回しを変えて出題された例も見られました。 このように試験制度の変更とともに出題傾向の変化も見られたため、今後の試験対策においては、最新の試験の出題傾向をとらえて、より的確に学習を行う必要があります。

建築設備士取得からの次のステップ

令和2年度から、建築士試験の受験資格が変更されたことで、建築設備士に合格すると1級建築士、2級建築士ともに実務経験なしで受験できるようになりました。学科試験・設計製図試験に合格すれば、1級建築士は4年以上の実務経験を経て、2級建築士は合格後すぐに免許登録ができます。
また、設備設計1級建築士講習を受講する場合、建築設備士資格を有していれば、講義および修了考査から「建築設備に関する科目」が免除されます。
このような点から、建築設備のスペシャリストをめざす技術者にとって、建築設備士はできるだけ早期にぜひ取得したい、必須の資格であるといえます。

総合資格学院の建築設備士講座

総合資格学院では、本年度の試験方法の変更にいち早く対応し、昨年のうちから学科対策の各種テストにおける出題形式を四肢択一に変更し、模擬試験の出題数を105問にあわせるなど対策を行ってきました。
また、令和3年度の試験対策講座においては、本年度の試験に見られた出題傾向の変化を反映することはもちろん、今後、さらに難化することが予想される試験に対応できるよう、徹底した試験分析に基づき、学院オリジナル問題の精度を高めてまいります。

1級建築士・2級建築士同様に、建築設備士についても、すべての受講生の皆様に学科試験・設計製図試験のストレート合格を達成していただくべく、最良の教材・講習システムを提供してまいりますので、令和3年度の合格をめざす方は、ぜひ総合資格学院の建築設備士対策講座の受講をご検討ください。

受験生支援 無料プレゼント!

プレゼント

令和2年度 建築設備士 「第一次試験」(学科)解答・解説書

H28 建築設備士 「第一次試験」(学科)解答・解説書イメージ

令和2年度 「第一次試験」(学科)を振り返るための最高の1冊。専門指導校ならではの解説で、正答の根拠を正しく理解できます。試験の見直しはもちろん、次年度対策教材としてもご活用いただける教材です。

  • ※解答・解説書は当学院が独自に作成するもので試験実施機関とは一切関係ありません。
  • ※写真はイメージです。
 

学科&製図対策!試験に役立つ「無料」サービス

建築設備士 試験対策講座のご案内

作図時間の管理に最適!製図TIMER

▼当学院予想問題を用いて、必須問題と選択問題の一部を分かりやすく解説▼

2級建築士設計製図試験 本年度チャレンジ課題ダウンロードサービス


建築施工管理技士 2級建築士総合セット

2019(令和元)年度 建築設備士 第二次試験(設計製図)

令和2年度 1級建築士学科試験 合格実績

令和元年度 1級建築士設計製図試験 合格実績

総合資格学院でめざす建築設備士資格

建築設備士の資格取得に関する疑問や不安を、総合資格学院が解決します。当学院のライセンスアドバイザーが、豊富な経験や指導ノウハウに基づき的確にアドバイスいたしますので、ぜひ、私たちと一緒に建築設備士の資格取得をめざしましょう!

カテゴリトップに戻る 前のページに戻る pagetop