管工事施工管理技士 管工事施工管理技士取得のメリットは?

一級管工事施工管理技士は、管工事施工管理のプロフェッショナル。

専門的かつ高度な技術と経験が身に付いている証明となるこの資格は、企業からも引く手あまたで、取得メリットの非常に高い資格といえます。

一級管工事施工管理技士 資格取得のメリット

pagetop

監理技術者になれる

一級管工事施工管理技士は、営業所ごとに置かなければならない専任の技術者並びに工事現場ごとに置かなければならない主任技術者又は監理技術者となることが認められています。

pagetop

公共工事の入札時に有利

公共工事の入札時に企業を評価する「経営事項審査」の技術力評価において「5点」が配転されます。すなわち1級管工事施工管理技士の数が、そのまま「企業の技術力としての評価」につながってくるため、企業にとって同資格者は「1人でも多く確保しておきたい人材」となっています。

pagetop

若手技術者の確保が急務

建設業界では「監理技術者の高齢化」等により、「若手の監理技術者の不足」が問題となっています。近年の建設工事は、年々高度化・複雑化し、優秀な技術者の確保・育成が急務となっており、 企業側から若手社員に対する早期資格取得の要請が強まっています。

pagetop

総合資格学院でめざす管工事施工管理技士資格 総合資格学院が、皆様の管工事施工管理技士合格を応援します!

管工事施工管理技術検定に関する疑問や不安を、総合資格学院が解決します。当学院のライセンスアドバイザーが、合格実例に基づき的確にアドバイスいたしますので、ぜひ、私たちと一緒に管工事施工管理技術検定合格をめざしましょう!

カテゴリトップに戻る 前のページに戻る pagetop