令和2年1月17日(金)に、令和元年度 2級管工事施工管理技術検定 「学科」試験(後期試験)の合格発表がありました。概要は下記の通りです。

受検者数 1,129人(前年 977人)
合格者数 718人(前年 558人)
合格率 63.6%(前年 57.1%)
合格基準 選択問題、必須問題を合わせて解答する40問中24問以上正解を基準とする。

合格発表を受けて

令和元年11月17日(日)に実施された、令和元年度2級管工事施工管理技術検定学科試験(後期)の受検者数は1,129名、合格者数は718名、合格率は63.6%でした。
平成30年度の学科試験(後期)と比較すると、受検者数は152人、合格者数は160人増加し、合格率は6.5%上昇しました。

令和元年6月に実施された令和元年度2級管工事施工管理技術検定学科試験(前期)の結果と合わせた、令和元年度学科のみ試験の受検者数は4,832人(前年比+1,296人)、合格者数は2,770人(前年比+632人)となり、平成30年度から大きく増加しました。

■「学科のみ試験」の受検者数・合格者数

試験日程 受検者数 合格者数 合格率
平成30年度 前期 2,559名 1,580名 61.7%
後期 977名 558名 57.1%
合計 3,536名 2,138名 --
令和元年度 前期 3,703名 2,052名 55.4%
後期 1,129名 718名 63.6%
合計 4,832名 2,770名 --

技術者確保のため、若手技術者の入職・育成・定着をめざす一環として、資格試験の受検資格緩和や受検機会拡大がはかられており、2級管工事施工管理技術検定学科試験は平成30年度より年2回実施されています。
年2回となって2年目の本年も受検者数が増加していることからは、こうした取り組みが業界内に広く浸透し、多くの方がこの機会を活用するようになっていることがうかがえます。

属性別にみる学科試験(後期)合格者の特徴

●「学校又は勤務先別」:合格者の4割以上は学生

合格者の「学校又は勤務先別」において、高等学校、短大・高専、大学、その他学校を合計した「学生」の割合は44.0%でした。職務的な専門性の高い管工事施工管理技士ですが、受検資格の緩和などもあり、学科試験(後期)では、合格者の半数近くが学生となっています。

●「年齢別」:合格者のおよそ4人に3人は29歳以下

合格者の「年齢別」において、21歳未満の割合は42.9%でした。21歳〜24歳が21.6%、25歳〜29歳が10.3%と、29歳以下の合格者の割合は全体の74.8%を占めています。

まとめ

近年の資格試験の受検資格緩和や受検機会拡大によって、2級管工事施工管理技術検定学科試験の受検者は増加しています。一方で、業界内の技術者不足は引き続き深刻な状況にあり、資格取得者の需要が高まるのと同時に、多くの企業で資格取得への積極的な取り組みが推奨されています。

こうした中、資格試験の見直しは引き続き進行しており、建設業法等の改正により、令和3年度からは、現在実施されている施工管理技術検定試験の「学科試験」及び「実地試験」が、『第1次試験』及び『第2次試験』に再編されることが決定しました。 第1次試験は従来の学科・実地の基礎的な部分、第2次試験は従来の学科・実地の応用部分を問う内容になると発表されており、出題内容や問題構成などは今までの試験から大きく変更されることが予想されます。
変更後の試験を受検する場合、出題傾向の予測や教材の準備等の対応は難しくなることが考えられます。2級管工事施工管理技士の取得をめざされる方は、ぜひ令和2年度の受検をご検討ください。

総合資格学院では、6月と11月の試験に向けて、学科講座を年2回開講しています。幅広い出題範囲から試験で問われるポイントに絞って、基礎知識の習得から問題演習へと段階的に効率よくレベルアップしていくカリキュラムで、皆さんの令和2年度学科試験合格をサポートいたします。

2級管工事施工管理 合格対策グッズ無料プレゼント

プレゼント

2級管工事施工管理 合格対策グッズのご案内

令和元年度 2級管工事施工管理
学科試験(後期)『解答・解説書』

令和元年度 2級管工事施工管理 学科試験の分析に最適な解答・解説書。すべての問題に詳細な解説付。専門指導校ならではのわかりやすい解説書です。

※解答・解説書は当学院が独自に作成するもので、試験実施機関とは一切関係ありません。

令和元年度 2級管工事施工管理
実地試験『解答・解説書』

令和元年度 2級管工事施工管理 実地試験の分析に最適な解答・解説書。専門指導校が作成した解答例を掲載。ポイント解説付きで解答例の根拠がわかりやすくなっています。試験の見直しはもちろん、次年度対策教材としてもご活用いただけます。

※解答・解説書は当学院が独自に作成するもので、試験実施機関とは一切関係ありません。

2級管工事施工管理技士 『合格ガイドブック』

2級管工事施工管理技術検定試験の概要や近年の出題傾向、学科・実地ごとの学習方法、試験データなど、受験勉強をスタートする前に必ず押さえておきたい情報が満載。初受験の方には特に入手していただきたい一冊です。

 
 

令和2年度 2級管工事施工管理技術検定試験 対策

総合資格学院でめざす管工事施工管理技士資格 総合資格学院が、皆様の管工事施工管理技士合格を応援します!

管工事施工管理技術検定に関する疑問や不安を、総合資格学院が解決します。当学院のライセンスアドバイザーが、合格実例に基づき的確にアドバイスいたしますので、ぜひ、私たちと一緒に管工事施工管理技術検定合格をめざしましょう!

カテゴリトップに戻る 前のページに戻る pagetop