建築施工管理技士 建築施工管理技士の仕事

一級建築施工管理技士は、施工技術の指導的技術者として社会的に高い評価を受けております。

建築施工管理技士は、鉄筋工事や大工工事、内装仕上げ工事などを含む建築工事の施工計画を作成し、現場での工程管理や品質管理・安全管理などの面で指導監督的立場に立って、建築物の質的な向上を支える重要な技術資格です。
現場監督者にとって一級建築施工管理技士を取得することは安全面や予算的なことも含め、現場管理に必要な建築に関する広く深い知識と判断力の証しとなります。工事を請け負う企業にとっては、建築施工管理技士の数はそのまま施工技術力の証明であり、公共工事では取得者が多ければそれだけ入札も有利になります。

施工管理技士の制度

施工管理技術検定は、建設業法第27条に基づく国家試験です。建設業法の目的は、建設業を営む者の資質の向上、建設工事の請負契約の適正化を図ることによって、建設工事の適正な施工を確保し、発注者を保護するとともに建設業の健全な発展を促進することをもって公共の福祉の増進に寄与することであり、その目的達成の一環として、国土交通大臣は、建設工事に従事する者を対象にして技術検定を行い、施工技術の向上を図ることとされています。

pagetop

一級建築施工管理技士の仕事

一級建築施工管理技士は、建築一式工事等に関し高度の応用能力を有する技術者としての指導的立場で、以下の業務を行うことができます。

  1. (1)主任技術者または監理技術者としての施工計画作成
  2. (2)工程管理をはじめ現場におけるさまざまな管理を実施

pagetop

資格保有者が「技術者」として担当できる工事の種類

一級建築施工管理技士

監理技術者、主任技術者、専任技術者(※)として担当できる工事

建築一式工事、大工工事、左官工事、とび・土工工事、石工事、屋根工事、タイル・レンガ・ブロック工事、鋼構造物工事、鉄筋工事、板金工事、ガラス工事、塗装工事、防水工事、内装仕上工事、熱絶縁工事、建具工事
二級建築施工管理技士の種別「建築」

主任技術者、専任技術者(※)として担当できる工事

建築一式工事
二級建築施工管理技士の種別「躯体」

主任技術者、専任技術者(※)として担当できる工事

大工工事、とび・土工・コンクリート工事、タイル・レンガ・ブロック工事、鋼構造物工事、鉄筋工事
二級建築施工管理技士の種別「仕上げ」

主任技術者、専任技術者(※)として担当できる工事

大工工事、左官工事、石工事、屋根工事、タイル・レンガ・ブロック工事、板金工事、ガラス工事、塗装工事、防水工事、内装仕上工事、熱絶縁工事、建具工事
  • ※上記表中の工事については、建設業法で定められている工事をさします。
  • ※特定建設業の営業所の専任技術者、一般建設業の営業所の専任技術者

公共工事の監理技術者として専任で配置されるためには、監理技術者資格者証と監理技術者講習修了証が必要となります。この2つのうち、修了証の発行を受けるには、国土交通大臣の登録を受けた監理技術者講習を受講することが必要です。

pagetop

2019(令和元)年度 1級建築施工管理技術検定学科試験 合格実績

2018(平成30)年度 1級建築施工管理技術検定 実地試験

総合資格学院でめざす建築施工管理技士資格 総合資格学院が、皆様の建築施工管理技士合格を応援します!

一級建築施工管理技術検定試験に関する疑問や不安を、総合資格学院が解決します。当学院のライセンスアドバイザーが、数多くの合格実例に基づき的確にアドバイスいたしますので、ぜひ、私たちと一緒に一級建築施工管理技術検定試験合格をめざしましょう!

カテゴリトップに戻る 前のページに戻る pagetop