平成30年度 2級建築士設計製図試験 課題発表

平成30年二級建築士試験「設計製図の試験」の課題

本年度 設計製図課題攻略ポイント動画

本映像では、平成30年度 2級建築士設計製図試験の課題名から読み取れる本年度製図試験の特徴や難易度に加え、対策を行う上でおさえておくべきポイントについてもわかりやすくお伝えいたします。

「課題タイトル」からイメージできること

平成30年度は、当初からの予想通り「鉄筋コンクリート造(ラーメン構造)」の課題となりました。
本年度の課題は、『カフェ』『3階建て』『鉄筋コンクリート造』のメイン構成に『地域住民が交流できる』『二世帯住宅』という要素が加わり、前回「鉄筋コンクリート造(ラーメン構造)」が出題された平成27年度と比べて、さらに多様な内容となりました。

近年の本試験で問われている、 隣接外部との関係が、本年度もポイントとなることはもちろん、カフェという不特定多数の利用者に開かれた誰でも知っている店舗イメージであるがゆえに、カフェという空間に対してのセンスが問われるといった難しさもあります。さらに、3階建ての縦動線を基に展開される各階相互のつながりや、二世帯住宅の多彩なバリエーションも考慮して対策を行う必要があるでしょう。

また、近年注目されているユニバーサルデザインの要素が含まれることも十分考えられます。課題タイトルから一般的に想定される形態としては、(図1)のような形が考えられますが、『地域住民が交流できる』という要素から、アプローチの方向と隣接地の設定によっては、周辺環境との関係に配慮して形態を考える必要があるでしょう。

設計製図の試験で、実務で通用する建築士かどうかを問われていることはいうまでもなく、多様な要求に対応して、的確に計画できる能力が試される課題だといえます。

具体的に気を付けるべき点としては、以下のような内容が考えられます。

○適切なゾーニング(カフェ、2世帯住宅)

本年度の課題は、カフェ部分の条件によって、カフェの形態・住宅の形態・動線計画が変わる複合建築物だといえます。また、カフェという用途からは、法令の知識(防火区画や高さ制限など)や建築の常識を問われることが十分に想定できます。カフェの基本計画の知識については、理解を深めておく必要があるでしょう。住宅部分については、実務設計で求められる知識として、敷地条件や家族構成、二世帯への配慮等、「居室等の必要な広さ」や「どの位置に室を配置すれば快適な住環境となるか」なども、当然理解しておくべきです。
こうした知識を備えたうえで、条件設定が明確にされていない場合であっても、自ら判断し、適切に計画していくことが、求められる課題であるといえます。

○適切な動線計画(カフェ、搬入、住宅、縦動線)について

プランニングを行う上で、最も重要な「動線計画」は、近年の本試験においても重要視されています。
本年度の課題は、特に「内外ともに動線を整理する」ことが非常に重要になることが想定されます。外部動線においては、

(1) カフェに訪れる客動線と住宅動線(図2)
(2) 店舗に関わるバックヤード(搬入等)と客動線及び住宅動線(図3)

などの区分がでてきます。
内部動線については、フロアの用途によって様々な動線が想定されますが、代表例として、

(3) 内部階段とエレベーター等の「縦動線」を住宅とカフェで区別して計画(図4)

することなどが想定されます。

○部分詳細図について

部分詳細図は木造課題を含めると平成26年度から導入されており、今年度で5年目となりますが、鉄筋コンクリート造では本年度が初めての出題となります。どの部分の部分詳細図が出題されても対応できるように、しっかりと各部位を理解し作図できるようにしておく必要があります。

計画一般(敷地の有効利用、配置計画、動線計画等)について

近年の設計製図試験では『実務で通じる知識を前提とした建築設計の基本』が備わっていることも重要視されています。加えて本年度は『地域住民が交流できるカフェ』『二世帯住宅』という2つのテーマが盛り込まれているため、計画する際の優先順位の見極めが重要となってきます。 その上で、建築法規をはじめとした『学科試験』で学習した知識を「設計者・工事監理者の立場」として、「答案用紙に正しく表現できる能力」が求められます。近年、「敷地の有効利用・配置計画・動線計画」について、設計者としての常識を問われてきているため、この傾向については、本年度も引き続き注意しなければなりません。

要求図書について

本年度の要求図書は、『1階平面図兼配置図』、『2階平面図』、『3階平面図』、『立面図』、『断面図』、『部分詳細図(断面)』、『面積表』、『主要構造部材表』、『計画の要点等』です。平成27年度(直近のRC課題)との違いは『部分詳細図(断面)』が追加となっている点です。

『平面図』については、全ての図面の基本となる図面であるとともに、「早く描き上げる」ことに大変苦労する図面であるため、最も練習が必要になる図面です。

『立面図』『断面図』『部分詳細図』については、建築物全体の立体構成の理解と、建築士として必要な知識が備わっているかがポイントとなります。 また、『断面図』と『部分詳細図』は、切断位置が指定される場合があり、特に『部分詳細図』は多くの仕上げや構造等を理解しておく必要があります。

課題対策のポイント

○想定される諸条件

☆外部

  • 緑化、壁面後退
  • 駐車スペース、車椅子用駐車スペース、駐輪スペース
  • 道路及び駐車スペースから玄関へのアプローチ
  • アプローチ分離、サービス動線
  • 既存樹木との関連付け、家庭菜園、花壇
  • テラス、ウッドデッキ、屋外スロープ
  • 屋外通路幅の確保
  • ガレージ、カーポート
  • ルーフバルコニー、太陽光パネル
  • サービスヤード

☆内部

  • 二世帯住宅の形式(同居型、共用型、完全分離型)
  • 室の面積指定(○○m2以上、○○m2程度、○○mm×○○mm以上)
  • 主要な室の面積指定無し(家具や使い勝手から広さを設定)
  • 室と室とのつながり(直接行き来、附属させる、関連させる、隣接させる、近接させる)
  • 室と外部とのつながり(直接行き来、一体的に利用、○○が眺められる、近接させる)
  • 室の環境(日当たり、通風・採光に配慮)
  • バリアフリーに配慮した段差の解消、手摺の設置、ホームエレベーター
  • 車椅子利用者に対する廊下幅、開口幅の確保

○要求室

本年度の課題では、下記に示すような諸室やスペースが想定されます。

本年度は「試験の見直し」以降3度目となる「鉄筋コンクリート造(ラーメン構造)」の課題となりましたが、RC造課題では初めて「部分詳細図」が要求されました。2級建築士設計製図の試験においても、年を追うごとに内容が進化していることが確認できます。
RC造課題では作図量が少ないというイメージがありますが、本年度は木造課題並みの作図量に加え、要求の多い計画をまとめる高度なエスキス力も問われる内容となっています。

また、要求される内容に対し「どこに配慮して計画したか」「どのような工夫をして計画したか」という点をプレゼンするために、計画の要点等にも反映させる必要があります。試験で求められている内容は「工夫した事項や設計意図」であり、偶発的に完成されたエスキスに対して後付けした記述では説得力のある答案になりません。近年の本試験では、合否の要因の1つとして記述内容とプランの整合性が挙げられており、受験生は、要求内容(施主の要望)に対して実務者と同等以上の知識(建築的常識)が必要となっています。

さらに設計製図試験は相対的に評価される側面もあるため、合格するには「美しくメリハリのある図面」をしっかり描く必要があります。まず試験対策として、作図テクニックの習得、及び作図スピードの向上が必要となります。その他、近年の設計製図課題は、必ず社会情勢を意識した要素が要求されるため、事前に十分な準備、学習が必要です。

本年度設計製図試験対策 オリジナル課題を無料ダウンロード!

2級建築士設計製図試験 チャレンジ課題ダウンロードサービス

抜群の実績を誇る当学院の設計製図講座がついに開講!

<ご注意ください>

2級建築士設計製図講座は、合格レベルの講座品質を維持するため、完全少人数制指導となります。そのため、各校ごとの定員になり次第、募集を締め切らせていただきますので、お早めにお申込みください。

本年度課題のポイントから具体的対策までお伝えします!

設計製図課題攻略ガイダンス
日程 6/8(金)より随時開催
場所 全国の総合資格学院各校
  • ※開催日程や開催場所は、教室によって異なる場合があります。
料金 無料
持参物 筆記用具一式

→ お申込の前に「最寄の教室」を検索する方はこちら

    ※ガイダンス名欄に 「2級製図本年度課題攻略ガイダンス」とご入力ください。

作図練習のお供に!無料で使えるタイマーアプリ

▼ 2018年アップデート版公開中! ▼

2級建築士設計製図試験 本年度チャレンジ課題ダウンロードサービス

平成29年度 2級建築士設計製図試験 合格実績

総合資格学院でめざす二級建築士 総合資格学院が、皆様の二級建築士合格を応援します!

総合資格学院は、発表された本年度課題 から想定されるあらゆる条件の対策を行う本年度課題攻略の為の「 2級建築士設計製図講座」を開講します。また、総合資格学院各校にて、本年度課題の攻略ポイントをお伝えする、「設計製図課題攻略ガイダンス」を無料開催します。

カテゴリトップに戻る 前のページに戻る pagetop