平成28年度 二級土木施工管理技術検定試験 合格発表

合格速報

H28 2級土木施工管理合格対策

合格された方


平成29年2月2日(木)に、平成28年度 2級建築土木施工管理技術検定試験の合格発表がありました。概要は下記の通りです。

■種別:土木

  学科試験 実地試験
受験者数 33,992人(前年 33,383人) 34,440 人(前年 31,792人)
合格者数 16,422 人(前年 22,198人) 10,273 人(前年 11,336人)
合格率 48.3%(前年 66.5%) 29.9%(前年 35.7%)

【学科試験:合格率48.3%/合格者数16,422人】

過去5年間でもっとも低い合格率 48.3%
昨年からは 18.2%低下

平成28年度の2級土木施工管理技術検定 学科試験の合格率は、 48.3%となり、昨年から 18.2%と大幅に低下しました。また、 過去5年間で見ても、もっとも低い合格率となっています。

合格率の低下について、 初出題や過去問の応用問題などが前年より多く出題されたことが要因として考えられます。
本年度の試験について、初出題問題に加え、過去に出題された内容でも、言い回しが変化している問題や初出題の用語が加わり、正誤が判断がしづらい問題などが出題されました。
今回の試験では、過去問を解けるというだけでは、不十分であり、未出題の関連事項まで学習範囲を広げて、新規出題を含む難易度の高い問題でも得点できる力を身につけておくことがポイントでした。
合格基準は例年同様、「24問以上の正解」だったことも考えると、 出題内容の難化が合格率低下の要因と考えられます。

【実地試験:合格率29.9%/合格者数10,273人】

出題の一部が例年の形式から変更

平成28年度の2級土木施工管理技術検定 実地試験の合格率は、 29.9%となり、 昨年から5.8%低下しました。また、合格者数は、 10,273人となり、 昨年から1,063人減少しています。

平成28年度実地試験は、必須問題の経験記述において、 出題の一部が例年の形式から変更されるなど、過去問のみに頼った学習だけでは、対応が難しい出題内容となりました。次年度は、本年度の変更を踏まえた最新の出題内容で準備を行うことが重要です。

ポイント:経験記述について

実地試験では、 問題1の経験記述の内容が合否に大きく影響します。経験記述は、記述を通して 受験生の実務経験や技術知識の有無が顕著に表れやすいため、下記に留意して記述できたかどうかがポイントとなります。

  • 出題テーマに合致していること(安全管理又は品質管理)
  • 現場状況がイメージできるように具体的でわかりやすく表現されていること
  • 記述全体を通して一貫性のある内容であること

総論

本年度の試験では、合格率について学科試験、実地試験ともに大きく低下したことが特徴でした。
また、受験者数については、学科試験、実地試験ともに近年で最多となりました。
受験者数が増加した要因として、企業などを中心に資格取得の必要性が高まっていることが考えられます。
具体的には、今後、東京五輪およびリニア中央新幹線などの特需や、高度経済成長期に整えられた道路・ガス・電気・水道等のインフラが再整備の時期に差し掛かっていることなど、一定の需要が見込まれています。しかし、かねてから懸念となっていた技術者不足の問題は依然として解決されておらず、資格者の需要が高まっていることが考えられます。

また、技術者不足に関して、現在、資格保有率の高い世代が順次定年を迎え、建設業界を支えてきた有資格者の大量離職が進んでいます
この問題を受け、現在、入職者促進の取り組みが検討されており、特に若手技術者確保に向けて学科試験の「早期受験化(17歳以上)」や、学科試験の「年2回実施」などの取り組みもスタートしています。
このようなことを考えると、特に高校生をはじめ、若手の方には資格取得のチャンスが広がっていると言えます。資格取得に追い風が吹いているこの時期にこそ、是非、資格取得を目指していただきたいと思います。

技術者確保に向けて、様々な取り組みが行われていますが、近年の試験の傾向(受験者数は増加しているが、合格者数、合格率などは受験者数ほどの上昇は見られず、試験の難易度はむしろ難化している)からも、試験で問われるレベルは高くなっていると考えられます。
近年の試験の出題傾向について、特に学科試験は、難化傾向が顕著であり、初出題問題や過去応用問題など、過去問だけの学習では対応できない出題も見られます。合格のためには、最新の出題傾向を踏まえながら難度の高い問題にも対応できる学習を行う必要があります。

当学院の2級土木施工管理対策講座は、最新の出題傾向分析に基づき、頻出のポイントを無駄なく学べる講座構成です。加えて、講義で学んだ内容は当日中にテストを通して定着させるなど、テストを繰り返すことで、どなたでも確実に知識を定着できる学習システムです。
平成29年度 資格取得をお考えの方は、是非、受講をご検討ください。

【資格取得なら「今」!】平成29年度 2級土木施工管理技士取得なら総合資格学院

 

合格への最短距離を進みたい方に最適
当学院の学習は、原理・原則の正しい理解からスタートするため、初めて受験される方でも、段階的に実力を身につけることができます。また、学科試験対策の段階から記述式の演習を取り入れ、実地試験を見据えた学習で、2級土木施工管理のストレート合格を狙います。

幅広い出題範囲から試験で問われるポイントを的確に学習。基礎からの段階的な学習で確実に学科試験突破に必要な実力を身につけます。

当学院の実地講座では、プロ講師による添削指導で、受講生の弱点と本試験へ向けての学習ポイントを明確にし、合格レベルの記述力を養成します。

合格された方へ。1級土木施工管理技士を取得し、さらなるキャリアアップをめざしましょう!

1級土木施工管理技士を取得すれば、より大規模な工事を管理できるようになります。今後のキャリアアップを考えれば、「1級土木施工管理技士」は必備の資格。学習習慣や知識が身に付いている「今」こそ、ネクストチャレンジに最適なタイミングです!

当学院は、1級建築士資格取得でNo.1の実績を誇る専門指導校これまで数多くの合格者を輩出した指導ノウハウで、最短での「1級土木施工管理技士」取得を実現します。

学科試験対策の段階から、実地試験合格を見据えた指導で 学科・実地のストレート合格をめざす。

基礎知識の習得から、実戦レベルまで 段階的に実力を養成する学科試験必勝講座。

「経験記述」について6回の添削指導を実施し万全対策! さらに 「選択科目」についても 8回の添削指導を実施!総得点を引き上げ確実な試験突破を目指す!

pagetop

pagetop

【入手し忘れの心配無用】H29願書を当学院が無料でお届けします!

pagetop

平成28年度 1級土木施工管理技術検定学科試験 合格実績

平成28年度 1級建築士設計製図試験 合格実績

平成28年度 1級建築士学科試験 合格実績

総合資格学院でめざす土木施工管理技士資格

一級土木施工管理技術検定に関する疑問や不安を、総合資格学院が解決します。当学院のライセンスアドバイザーが、数多くの合格実例に基づき的確にアドバイスいたしますので、ぜひ、私たちと一緒に一級土木施工管理技術検定合格をめざしましょう!

カテゴリトップに戻る 前のページに戻る pagetop