平成29年度 2級建築施工管理技術検定試験 合格発表

平成29年度 2級建築施工管理技術検定試験解答解説書 プレゼント

平成29年度 2級建築施工管理技術検定試験対策

平成29年度 1級建築施工管理技術検定試験対策

平成29年11月12日(日)に実施された平成29年度 2級建築施工管理技術検定試験 学科・実地試験について、平成30年2月2日(金)に合格発表がありました。概要は下記の通りです。

  学科試験 実地試験
受験者数 30,262人(前年 31,466人) 26,506人(前年 26,816人)
合格者数 11,725人(前年 16,331人) 7,665人(前年 10,437人)
合格率 38.7%(前年 51.9%) 28.9%(前年 38.9%)
  • ※学科試験については、「学科試験のみ」の受験を含めた数値。
  • ※平成29年度 2級建築施工管理技術検定 学科のみ試験(前期)の受験者数および合格者数については、上記には含まれておりません。平成29年度 2級建築施工管理技術検定 学科のみ試験(前期)の合格発表についてはコチラをご覧ください。

学科・実地試験 合格発表をうけて

11月12日に実施された平成29年度 2級建築施工管理技術検定 学科試験の受験者数は30,262人で、合格者数は11,725人となり、合格率は38.7%となりました。 合格率については、平成28年度の51.9%から13.2ポイント下降し、過去10年で2番目に低い合格率となりました。

実地試験については、受験者数は26,506人で、合格者数は7,665人となり、合格率は28.9%となりました。合格率については、平成28年度の38.9%から大きく下降し、過去10年で最低の数値となりました。なお、実地試験の合格基準については、例年「得点が60%以上」としていますが、平成29年度は「得点が58%以上」に下方修正されました。

平成28年度より受検資格が緩和され、学科試験においては試験実施年度に「満17歳以上となる方」であれば、誰でも受験可能となりました。さらに、平成29年度からは学科試験が年2回となり、2級建築施工管理技士取得のチャンスは拡大しています。しかし、難易度が下がっているわけではなく、安心・安全な社会基盤を作る技術者には、厳格なレベルが求められていると推察されます。

平成30年度以降の学科試験では、建設業法の改正によって受検種別が撤廃され、特に専門工事業に従事されている方には、得意な問題が減少してしまう可能性があります。今後の学科・実地試験では、従来の受検種別(建築・躯体・仕上げ)に限定することなく、建築工事の全般的な知識が求められることになるでしょう。

● 学科試験(後期) 総評

全体的な過去問の割合は例年と同程度であるものの、『過去に一度しか出題されていない問題』『専門性に特化した出題』に加え、『1級建築施工管理技士』『1級建築士』で出題されるような難しい問題もあり、平成28年度の学科試験と比較すると、難易度は高かったと推察されます。

● 実地試験総評 総評

平成29年度 実地試験の問題1(経験記述)は工程管理が出題されました。全体的な難易度は、平成28年度よりやや高かったと推察されます。特に、問題3のように出題傾向が変わった問題もあり、しっかりと受験対策を行い、得点すべき問題を確実に得点できたかがポイントでした。

● 平成30年度 学科・実地試験合格にむけて

技術者を確保するために受験資格の緩和などの取り組みが行われていますが、試験が易しくなっているわけではなく、単なる過去問のみの対策だけでは、合格が困難になっています。

今後、合格のためには過去問学習だけでなく、最新の施工管理の知識や経験と社会的背景をしっかり捉えた学習が必要です。当学院では、最新かつ正確な試験分析に基づくカリキュラムと教材をご用意しています。合格をめざされる方は是非、受講をご検討ください

pagetop

プレゼント

2級建築施工管理 合格対策グッズプレゼント

平成29年度 2級建築施工管理 学科試験
『解答・解説書』

平成29年度 2級建築施工管理 学科試験分析に最適な解答・解説書。すべての問題に詳細な解説付。専門指導校ならではのわかりやすい解説書です。

※解答・解説書は当学院が独自に作成するもので、試験実施機関とは一切関係ありません

平成29年度 2級建築施工管理 実地試験
『解答・解説書』

平成29年度 2級建築施工管理 実地試験分析に最適な解答・解説書。本年度の実地本試験を丁寧に解説しています。試験の見直しに最適です。

※ 解答・解説書は当学院が独自に作成するもので、試験実施機関とは一切関係ありません

 

2級建築施工管理技士 『合格ガイドブック』

2級建築施工管理技術検定試験の概要や近年の出題傾向、学科・実地ごとの学習方法、試験データなど、受験勉強をスタートする前に必ず押さえておきたい情報が満載。初受験の方には特に入手していただきたい一冊です。

 
 

平成30年度 2級建築施工管理技術検定試験対策

通学講座

合格への最短距離を進みたい方に最適!
当学院の学習は、原理・原則の正しい理解からスタートするため、初めて受験される方でも、段階的に実力を身につけることができます。また、学科試験対策の段階から、実地試験を見据えた学習を行い、2級建築施工管理のストレート合格を狙います。

幅広い出題範囲から出題ポイントを厳選し、効率よく合格に必要な知識を身につけられるカリキュラム。規則的な「通学」で着実に実力を養成することが可能です。

当学院が提供する「最高の学習環境」で実地試験に必要な項目をもれなく効率的に学習。スタッフの学習進捗管理・カウンセリング・自習室のご用意などサポート体制も万全。

pagetop

通信講座

学科試験突破に向けて、自宅にいながら効率よく学習し、合格を勝ち取ります。

通信添削指導で、自宅にいながら確実に合格レベルの記述力を養成。実地試験合格の鍵を握る「経験記述」を攻略し、合格をめざします。

pagetop

平成30年度 1級建築施工管理試験対策

学科試験対策の段階から、実地試験を見据えた指導を行い、学科・実地のストレート合格をめざします。セット割引で、学科・実地講座がお得に受講できます。

学科合格に必要なインプット学習から、実戦力を鍛えるアウトプット学習まで、段階的に実力を養成する学科必勝講座です。

実地試験合格の鍵となる分野を基礎から段階的に身につけ、実地試験の合格をめざします。19回の添削指導により弱点を確認しながら、確実に合格レベルへのステップアップが可能です。

1・2級建築施工管理技士 学科講座説明会

抜群の合格実績を誇る講座を詳しくご説明します!

学校選びは自分の目で見てから決めるのが大事。そこで総合資格学院では、学科講座説明会を実施します。
忙しい毎日でもしっかり合格レベルの実力を養成できる講習システムをご説明いたします。また、当学院の受講生サポートや施設見学などのご案内もさせていただきます。是非お申込みください。

お申込方法
  1. (1)以下のオレンジ色のボタン「Web申込フォーム」をクリックしてください。
  2. (2)Web申込フォームのガイダンス名1の入力欄に「1級建築施工管理技士 学科講座説明会」または「2級建築施工管理技士 学科講座説明会」と入力してください。
  3. (3)必要情報を入力し、Web申込フォームより情報を送信してください。
日程 随時開催
場所 全国の総合資格学院各校 (→ 「最寄の教室」を検索する方はこちら
  • ※開催日程や開催場所は、教室によって異なる場合があります。
料金 無料

平成29年度 1級建築施工管理技術検定 実地試験

総合資格学院でめざす建築施工管理技士資格

二級建築施工管理技術検定試験に関する疑問や不安を、総合資格学院が解決します。当学院のライセンスアドバイザーが、数多くの合格実例に基づき的確にアドバイスいたしますので、ぜひ、私たちと一緒に二級建築施工管理技術検定試験合格をめざしましょう!

カテゴリトップに戻る 前のページに戻る pagetop