平成29年度 一級建築施工管理技術検定 実地試験 合格発表

平成29年度 1級建築施工管理技術検定 実地試験

平成30年2月2日(金)に、平成29年度 1級建築施工管理技術検定 実地試験の合格発表がありました。概要は下記の通りです。

  学科試験 実地試験
受験者数 24,755人(前年25,639人) 16,505人 (前年 19,045人)
合格者数 9,824人(前年12,675人) 5,537人(前年 8,687人)
合格率 39.7%(前年 49.4%) 33.5% (前年 45.6%)

実地試験 合格発表をうけて

平成29年10月15日に実施された平成29年度 1級建築施工管理技術検定 実地試験の受験者数は16,505人で、合格者数は5,537人、合格率は33.5%となりました。 平成28年度と比較すると、受験者数は2,540人、合格者は3,150人減少し、合格率は12.1%下降しました。合格基準が平成28年度の「得点が60%以上」から「得点が56%以上」に下方修正されたことも考えると、平成29年度の実地試験は大変厳しい結果であったといえます。

平成29年度の実地試験の合格率が下降した要因としては、問題5で近年連続で出題されていたバーチャート工程表ではなく、17年ぶりにネットワーク工程表が出題されたほか、全体的に初出題の問題が多く、難易度が高かったことが考えられます。 技術者確保が喫緊の課題となる中で、試験制度の見直しなど、国をあげての取り組みが行われている中ですが、平成29年度の試験結果を見ると、試験の難易度は高くなっており、合格のためには、技術者として求められる高いレベルの知識が必要になります。

合格者属性を見ると、年齢別において「29才以下」の割合が28.0%となり、平成28年度から4.7%上昇しました。早期に資格を取得する方の割合が増加している要因として、各企業が新入社員に対して早期資格取得を求めていることが挙げられます。団塊の世代の退職や少子化等による新規入職者減少を背景に、有資格者不足が深刻化する中で、建設業界における資格の重要性・有資格者の価値は非常に高まっています

合格のポイント

経験記述は丸暗記ではなく、適切に記述するための応用力が必要!

平成29年度の経験記述では、「合理化」が出題されましたが、内容を見ると「品質管理」や「環境管理」の知識も問われるような複合的な出題でした。
要求内容に対して適切に解答(記述)するためには、用意した記述の丸暗記で挑むのではなく、自身の経験と要求内容を照らし合わせて、柔軟に記述を行うための応用力を身につけることが重要です。

幅広い知識が要求され、過去問だけでの対策は困難!

平成29年度の試験では、問題2から問題6の各設問で初出題の内容が多く見られ、過去問だけで対策を行っていた受験生にとっては、非常に難易度が高かったかと推察されます。問題を解いて解答を丸暗記するだけの学習ではなく、なぜその解答になるのかという根拠や、関連知識についても深く理解するような学習を行うことが必要です。

平成30年度合格にむけて

有資格者を確保するために、受験資格の緩和などの取り組みが行われていますが、試験の難易度が下がっているわけではなく、社会基盤を作る技術者には、厳格な高いレベルが求められていると考えられます。試験の内容を見ると、初出題の問題が増加しており、過去問のみの対策だけでは、合格は困難です。

当学院では、最新かつ正確な試験分析に基づくカリキュラムと教材を用いた講義を通じて、基礎から応用レベルの問題まで対応できる、合格レベルの実力を確実に身につけていただけます。平成30年度、合格を目指される方は是非、受講をご検討ください。

プレゼント

1級建築施工管理 合格対策グッズプレゼント

平成29年度 1級建築施工管理実地試験
『解答・解説書』

平成29年度 1級建築施工管理の実地試験分析に最適な解答解説書! 本年度の実地本試験を丁寧に解説しています。試験の見直しに最適です。

※ 解答・解説書は当学院が独自に作成するもので試験実施機関とは一切関係ありません

平成29年度 1級建築施工管理 学科試験
『解答・解説書』

1級建築施工管理技士の学科試験分析に最適な解答解説書。すべての問題に詳細な解説付。専門指導校ならではのわかりやすい解説書です。

※解答・解説書は当学院が独自に作成するもので試験実施機関とは一切関係ありません

 

1級建築施工管理技士 『合格ガイドブック』

1級建築施工管理技士試験の概要や近年の出題傾向、学科・実地ごとの学習方法、試験データなど、受験勉強をスタートする前に必ず押さえておきたい情報が満載。初受験の方には特に入手していただきたい一冊です。

 
 

pagetop

平成30年度 1級建築施工管理試験対策

学科試験対策の段階から、実地試験を見据えた指導を行い、学科・実地のストレート合格をめざします。セット割引で、学科・実地講座がお得に受講できます。

学科合格に必要なインプット学習から、実戦力を鍛えるアウトプット学習まで、段階的に実力を養成する学科必勝講座です。

実地試験合格の鍵となる分野を基礎から段階的に身につけ、実地試験の合格をめざします。19回の添削指導により弱点を確認しながら、確実に合格レベルへのステップアップが可能です。

1・2級建築施工管理技士 学科講座説明会

抜群の合格実績を誇る講座を詳しくご説明します!

学校選びは自分の目で見てから決めるのが大事。そこで総合資格学院では、学科講座説明会を実施します。
忙しい毎日でもしっかり合格レベルの実力を養成できる講習システムをご説明いたします。また、当学院の受講生サポートや施設見学などのご案内もさせていただきます。是非お申込みください。

お申込方法
  1. (1)以下のオレンジ色のボタン「Web申込フォーム」をクリックしてください。
  2. (2)Web申込フォームのガイダンス名1の入力欄に「1級建築施工管理技士 学科講座説明会」または「2級建築施工管理技士 学科講座説明会」と入力してください。
  3. (3)必要情報を入力し、Web申込フォームより情報を送信してください。
日程 随時開催
場所 全国の総合資格学院各校 (→ 「最寄の教室」を検索する方はこちら
  • ※開催日程や開催場所は、教室によって異なる場合があります。
料金 無料

合格された方へ「監理技術者講習」のご案内

【3種のサービス】

  • “便利” 法定講習サイトより必要書類(jpg)を アップロード!
  • “お得” クレジットカード・コンビニ支払いOK! 手数料無料!
  • “安心” 受講期日に合わせて当社よりご連絡!
  • ※郵送でのお申し込みも可能です。クレジット決済の他、コンビニ決済、銀行振り込みもご利用頂けます。

お申し込みはWebが便利! 「法定講習サイト」からお申し込みください!

pagetop

平成30年度 1級建築施工管理技術検定学科試験 合格実績

総合資格学院でめざす建築施工管理技士資格

一級建築施工管理技術検定試験に関する疑問や不安を、総合資格学院が解決します。当学院のライセンスアドバイザーが、数多くの合格実例に基づき的確にアドバイスいたしますので、ぜひ、私たちと一緒に一級建築施工管理技術検定試験合格をめざしましょう!

カテゴリトップに戻る 前のページに戻る pagetop