令和元年度 一級建築施工管理技術検定 実地試験 合格発表

令和元年度 1級建築施工管理技術検定 実地試験

令和2年1月31日(金)に、令和元年度 1級建築施工管理技術検定 実地試験の合格発表がありました。概要は下記の通りです。

  学科試験 実地試験
受験者数 25,392人(前年25,198人) 15,876人 (前年 15,145人)
合格者数 10,837人(前年9,229人) 7,378人(前年 5,619人)
合格率 42.7%(前年 36.6%) 46.5% (前年 37.1%)

実地試験 合格発表をうけて

令和元年10月20日(日)に実施された令和元年度1級建築施工管理技術検定 実地試験の受験数は15,876名、合格者数は7,378名、合格率は46.5%でした。 平成30年度と比較すると、受験者数は731名増加し、合格者数は1,759名増加しました。


○実地試験結果の推移

年度 受験者数 合格者数 合格率
平成27年度 16,365名 6,180名 37.8%
平成28年度 19,045名 8,687名 45.6%
平成29年度 16,505名 5,537名 33.5%
平成30年度 15,145名 5,619名 37.1%
令和元年度 15,876名 7,378名 46,5%

合格者属性にみる実地試験合格者の特徴

●「年齢別」--40才以上の割合が4.2%上昇

合格者に占める「40才以上」の割合は平成30年度から4.2%上昇し、44.8%でした。「40〜44才」「45〜49才」「50〜54才」「55〜59才」「60才以上」の全ての年代で合格者の割合が上昇しており、平成29年度と比較すると、合計で8.5%上昇という結果となりました。

かねてより監理技術者の不足が続いており、近年「1級建築施工管理技士」の資格としての価値はますます高まってきました。現在、多くの企業で資格取得に向けた取り組みが積極的に行われており、これまで資格を取得してこなかった年次の高い社員が資格取得に意欲的な姿勢をみせていることが推察されます。

●「男女別」-- 女性合格者数が過去最多の「488人」

女性合格者数が488人と統計データが残っている平成15年度以降で最多の合格者数となりました(国土交通省発表)。

建設業界では就業者における女性の活躍状況に大きな課題を抱えており、近年、国が主導となり、業界団体や企業単位で「働き方改革」「女性の活躍促進」を推し進めてきました。 その中で1級建築施工管理技術検定における女性の受験者数、および合格者数は大幅な増加傾向にあり、特に今年は女性の建設業界への注目が顕著にあらわれた年となりました。 女性の建設業界への進出・活躍が浸透してきていることが考えられ、今後もこの流れが続いていくことが推察されます

合格のポイント

【経験記述】

令和元年度は「品質管理」がテーマでした。過去に出題された問題と同様の内容のものが多くを占めましたが、初めて出題された項目もありました。

合格のためには、経験記述で減点の少ない記述をする必要があります。そのためには「客観的な視点を持ちながら、問われている内容に対して的確に記述できる力」を身につけることができたかがポイントです。

【経験記述以外の問題】

問題2(一般記述:安全対策)では、『仮設物の設置計画の作成』についての出題があり、過去の出題と類似していましたが、記述の要求事項は2倍に増加していました。 経験記述と比較すると、経験記述以外の問題では難易度の上昇がみられ、「出題傾向をしっかりとおさえた学習ができたか」が合格のポイントになりました。

令和3年度より試験が再編

建設業法の改正により、現行の試験方式が実施されるのは令和2年度までとなりました。 令和3年度以降は、従来の学科試験と実地試験が『第1次検定』と『第2次検定』に再編されます。第1次検定は「基礎となる知識及び能力」、第2次検定では「実務経験に基づいた技術管理や指導監督に関連する知識及び能力」が問われます。

出題形式や難易度など、従来の試験と試験内容が大きく変化することが予想され、試験対策がより難しくなることが考えられます。 1級施工管理技士をめざされる方は、試験対策が行いやすい令和2年度試験での資格取得をご検討ください。

プレゼント

1級建築施工管理 合格対策グッズプレゼント

令和元年度 1級建築施工管理実地試験
『解答・解説書』

令和元年度 1級建築施工管理の実地試験分析に最適な解答解説書! 本年度の実地本試験を丁寧に解説しています。試験の見直しに最適です。

※ 解答・解説書は当学院が独自に作成するもので試験実施機関とは一切関係ありません

令和元年度 1級建築施工管理 学科試験
『解答・解説書』

1級建築施工管理技士の学科試験分析に最適な解答解説書。すべての問題に詳細な解説付。専門指導校ならではのわかりやすい解説書です。

※解答・解説書は当学院が独自に作成するもので試験実施機関とは一切関係ありません

 

1級建築施工管理技士 『合格ガイドブック』

1級建築施工管理技士試験の概要や近年の出題傾向、学科・実地ごとの学習方法、試験データなど、受験勉強をスタートする前に必ず押さえておきたい情報が満載。初受験の方には特に入手していただきたい一冊です。

 
 

pagetop

令和2年度 1級建築施工管理試験対策

実地試験合格の鍵となる分野を基礎から段階的に身につけ、実地試験の合格をめざします。19回の添削指導により弱点を確認しながら、確実に合格レベルへのステップアップが可能です。

学科試験対策の段階から、実地試験を見据えた指導を行い、学科・実地のストレート合格をめざします。セット割引で、学科・実地講座がお得に受講できます。

学科合格に必要なインプット学習から、実戦力を鍛えるアウトプット学習まで、段階的に実力を養成する学科必勝講座です。

pagetop

総合資格学院でめざす建築施工管理技士資格

一級建築施工管理技術検定試験に関する疑問や不安を、総合資格学院が解決します。当学院のライセンスアドバイザーが、数多くの合格実例に基づき的確にアドバイスいたしますので、ぜひ、私たちと一緒に一級建築施工管理技術検定試験合格をめざしましょう!

カテゴリトップに戻る 前のページに戻る pagetop