資料請求

すでに学習の基礎ができている受験生を対象にした実力者向け必勝コース。
学科試験対策では、「得点力」の強化を重視した実戦型の指導を実施。また、いつでも質問できるインタ・ライブ講義を採用し、難関の建築士試験においても、不明点を残さない講義を行います。
学科試験後からの製図試験対策では、当年度課題用途に絞った講義とトレーニングを集中的に行い、効率的に合格レベルの作図力を養成します。

講座特徴

試験直結の知識を完全定着させるインプット講義

学科試験対策において、前半の講座で行うインプット学習では、本試験に直結する知識の習得・整理から、過去出題問題を100%理解するための学習、苦手項目の完全克服までを徹底して行います。

実戦型演習講義で得点力を養成

前半のインプット学習により、十分に知識が養成された後は、学科試験合格に向け徹底したアウトプット強化に取り組みます。「実力テスト」および「実力テスト解説」による、本試験レベルのアウトプットトレーニングにより、得点する力を養成します。

ランクⅠ上位をめざす設計製図指導

当学院では、合格ランクⅠの先をゆく実務を見据えた応用力を養成。どのような課題・状況であっても、確実に合格レベルの図面・計画の要点記述を描く力を養成し、合格ラインを大きく超えた「ランクⅠの上位」をめざした指導を行います。

一発合格にこだわるなら、ライブ講義

難関試験だからこそ、「不明点はその場で、すぐ質問できる」「受講生の理解度に沿った講義が行われる」「講師を前にすることで自然と集中力と緊張感を高められる」極めて学習効果と学習効率のよいライブ講義が必要です。

圧倒的な的中率を誇るオリジナル教材

資格試験では、教材の善し悪しが合否を分けるといっても過言ではありません。当学院の教材の的中率は、令和4年度 1級建築士学科試験において驚異の「93.6%」。また、延べ数十万にもおよぶ受講生の声を反映させているため圧倒的なわかりやすさも実現しています。

講師による巡回指導(製図指導)

当学院では、完成図面の添削だけでなく、作図プロセスの指導を行うために、教室内の巡回指導を実施。受講生一人ひとりの作図途中の手元を確認し、その場でプロセスを改善する指導を行います。

エスキスをまとめあげるためのオリジナルメソッド(製図指導)

エスキスプロセスを分解し手順化した「オリジナルメソッド」を指導。「課題文の読み取り」→「面積算定などの条件整理」→「平面・断面検討」→「プランニング」とプロセスを分解して手順化し、各段階ごとに細かく確認。作図初学者の方でも、効率的にプランをまとめられるようになる当学院のオリジナルメソッドです。

※「受講予約」は教室のお席を優先的に確保するもので受講契約や受講申込ではございません。

講座概要

概要

受験年度
令和6年
学習期間
受験前年度の10月上旬~
10月 12月 7月 8月 10月
早期講座 ビクトリー学科
合格必勝コース
学科試験 設計製図コース 製図試験

受講料

1,090,000円(税込1,199,000円)

セット割引特別受講料

セット申込時受講料内訳

令和6年度 1級建築士エントリー講座(必修項目習得講座)+1級建築士新傾向講座+建築施工実務講座 150,000円(税込165,000円)
令和6年度 1級建築士ビクトリー学科合格必勝コース 590,000円(税込649,000円)
令和6年度 1級建築士設計製図コース 350,000円(税込385,000円)
<合計> 1,090,000円(税込1,199,000円)

通常受講料内訳

令和6年度 1級建築士ビクトリー学科合格必勝コース 740,000円(税込814,000円)
令和6年度 1級建築士設計製図コース 570,000円(税込627,000円)
<合計> 1,310,000円(税込1,441,000円)

注意事項

【令和6年度受験】
令和6年度1級建築士ビクトリー合格必勝コースを受講された方が、令和6年度1級建築士学科試験で不合格となった場合、令和6年度1級建築士設計製図コース受講料35万円(税込38万5千円)は、令和7年度1級建築士ビクトリー学科対策コース受講料に全額充当されます。

※別途、差額の納入が必要となります。
※ご契約時に上記内容について、書面(覚書)を取り交わしていただきます。詳細は最寄りの各校までお問い合わせください。

一般教育訓練給付制度

以下の講座が給付対象講座です。

  • ・1級建築士ビクトリー学科合格必勝コース
  • ・1級建築士設計製図コース
受講条件

ビクトリーコースは、過去に学科合格経験がある方や前年試験であとわずかだったという方など、実力者向けの講座です。初受験の方や受験経験はあっても基礎から学ぶ必要のある方には「1級建築士ストレート合格必勝コース」がお勧めです。
【受講条件】
※過去の1級建築士学科試験で合格実績のある方。
※前年度の学科試験であと一歩だった方。
※当学院講座の出席率、模試得点等の基準達成者。

備考


※学習する内容・カリキュラムについては、変更を行う場合があります。
※開講日程は教室により異なる場合がありますので、詳細は最寄りの各校までお問い合わせください。
※水曜コースは教室によって開講していない場合がございます。詳細は最寄の各校までお問い合わせください。
※インタ・ライブ講義は教室によっては通学映像講義となる場合があります。

本コースの流れ

ビクトリー学科合格必勝コースの流れ

早期講座

エントリー講座(必修項目習得講座)

重要な基礎知識を習得し、学習の基礎体力を養成します。

建築施工実務講座

建築現場映像を視聴し、工事の流れ・手順・専門用語の理解を具体的にイメージできるようにします。

本試験解説講座

令和5年度学科本試験問題の重要ポイントと新傾向問題を徹底分析の上、わかりやすく解説します。

新傾向講座

新規に出題が予想される「法改正」「新基準」「新技術」等に関する項目を早期に学習し、新傾向問題への対策を万全にします。

エントリー演習講座

エントリー講座(必修項目習得講座)の全範囲の演習テストを実施。弱点を浮き彫りにし、該当項目の受講を進めることで基礎力を完成させます。

構造力学基本テスト/構造力学基本ゼミ

構造力学の基礎力を確認し、苦手な受講生には基本をしっかりマスターできるよう、個人指導に近い講習でレベルアップを図ります。

エントリーテスト/カウンセリング

エントリーテストにより、エントリー講座の内容の習得度合いを確認し、不十分な項目は、エントリー講座での確認を進めます。 カウンセリングでは、学科対策講座に向けた学習方法を理解し、実施計画を立てます。

ビクトリー学科合格必勝コース(学科Ⅰ-計画)

  • 各種施設や建築作品について「建築士の業務」をイメージしながらポイントを理解します。
  • 【建築生産(マネジメント)/建築積算/都市計画・都市作品/細部計画/計画全般】について「建築士の業務」と「具体的な実例」をイメージし、「スケール感覚」を持ってポイントを押さえる。

ビクトリー学科合格必勝コース(学科Ⅱ-環境・設備)

  • 【日照・日射/採光・照明/電気設備/昇降機設備】各設備の用語や数値など一つ一つ整理しながら確実に理解を進める。
  • 【色彩/室内気候と気象/熱・結露】表色系の特徴や、温熱環境指標などの理解を進める。
  • 【給排水・衛生設備/音響】用語や数値、音に関する現象や、設備の方式、機器の特徴などをおさえる。
  • 【換気/防火・防災設備】必要換気量などの計算ができるようにする。
  • 【空気調和設備/省エネルギー・保全・管理】空気調和設備の全体構成・しくみを理解する。

ビクトリー学科合格必勝コース(学科Ⅲ-法規)

  • 【確認申請/制度規定/構造強度/建築士法】建築手続と構造計算規定の流れを押さえる。
  • 【耐火・防火/防火地域・準防火地域/防火区画等/内装制限】耐火・防火関連の定義及び防火区画などの条文の全体構成を把握する。
  • 【道路/用途地域/容積率・建蔽率/高さ制限/地区計画・建築協定】計算問題における緩和条件の適用を身につける。
  • 【避難施設等/避難安全検証法/一般構造/高齢者障害者等移動等円滑化促進法/都市計画法/消防法】関係法令の出題ポイントを押さえる。

ビクトリー学科合格必勝コース(学科Ⅳ-構造)

  • 【静定梁・静定ラーメン/トラス部材の軸方向/断面の性質と応力度】応力・組合せ応力度を求められるようにする。
  • 【部材の変形/不静定構造物/木質構造/建築材料】応力や変形の基本的な解法や公式を使えるようにする。
  • 【座屈/振動/骨組の塑性解析/その他の構造等】終局状態の荷重・応力を求められるようにする。
  • 構造設計の原理原則を理解する。
  • 【鉄骨構造/鉄筋コンクリート構造/建築材料】各種構造の特徴や設計に関するポイントを理解する。
  • 【鉄筋コンクリート構造/鉄骨鉄筋コンクリート構造/構造設計の基礎/基礎構造】各種構造の特徴や設計に関するポイントを理解する。

ビクトリー学科合格必勝コース(学科Ⅴ-施工)

  • 【請負契約/施工計画/工事管理/申請・届出】発注者・受注者・監理者の関係や、各種申請・届出について理解する。
  • 【地盤調査/仮設工事/材料管理/土工事/山留め工事/基礎工事】工事全体の流れを理解する。
  • 鉄筋・型枠・コンクリート工事のポイントを理解する。
  • 鉄骨工事/プレキャスト鉄筋コンクリート工事/メーソンリー工事/ALCパネル工事/ 防水工事/木工事等を学習する。
  • 内・外装工事の施工手順について理解する。

実力テスト(後期講座)

アウトプットに重点を置いた実戦型演習(実力テスト+解説講義)で得点力を養成する。

実力テスト(計画)
  • マネジメント~建築作品までの全範囲
実力テスト(環境・設備)
  • 日照・日射~防火・防災設備までの全範囲
実力テスト(法規)
  • 用語の定義~容積率・建蔽率
  • 高さ制限~関係法令
実力テスト(構造)
  • 静定構造物/断面の性質と応力度/部材の変形/構造設計の基礎/構造計画等/鉄骨構造/鉄筋コンクリート構造/鉄骨鉄筋コンクリート構造
  • 不静定構造物/座屈/振動/骨組の塑性解析/木質構造/基礎構造/その他の構造等/木材/コンクリート/金属
実力テスト(施工)
  • 施工計画~コンクリート工事
  • 鉄骨工事~請負契約

模擬試験

模擬試験(1)

苦手分野を明確にし、弱点の克服・得点力強化を図ります。

模擬試験(2)

現状のレベルを認識し、直前期に向けて苦手項目を洗い出します。

模擬試験(3)

各項目の得点状況を検証した上で、直前期の学習優先順位を明確にし、ラストスパートを図ります。

総合模擬試験

学習の成果を確認し、最終調整を図ります。

ラストスパート問題解説

本試験形式の予想問題である「ラストスパート問題」にプラスアルファの模擬試験として取り組みます。各科目の解説講義映像を受講します。

学科本試験

設計製図対策コースの流れ

当年度対策講座

  • 「当年度基本課題」を使用して、当年度用途の特徴(イメージ)を早期に理解します。
  • 設計製図テキストを使用し、設計製図試験に必要な講義を実施します。
  • 当年度用途の解答例を使用し、エスキス(1/400)から図面(1/200)までの流れを正しい手順で作図実習することで早期に当年度用途に対応します。

本試験課題対策講座1・2

  • 早期に作図力を習得するため、各図面ごとに作図実習を実施します。
  • 「知識講義(計画・法規)⇒ エスキス実習」を各段階ごとに実施することで、「わかる」だけでなく「できる」レベルにまで実力を養成します。
  • 「計画の要点記述」の対策指導(これまでの「課題」の確認/文章力強化指導)を行います。

本試験課題対策講座3・4

  • 基本課題からオリジナル課題へ1段階レベルアップした課題を使用し、合否に直結する【読み取り/エスキス】の理解度定着をプレ実習形式で確認します。
  • 全図面の作図実習を一斉に開始し、自身の目標到達レベルを確認します。
  • 当日実習前にグループミーティング形式で宿題の状況(不適切例や好事例)を共有し、同じミスを繰り返さないための実習を行います。

本試験課題対策講座5

  • 6.5時間通しによる全図面完成を実施し、模擬試験(1)に向けたエスキス、要点記述、作図の時間配分のマネジメント力を強化します。
  • 中間対策指導により、今までの課題要素、建物構成パターン、重要な記述例の再確認します。

統一模擬試験⑴  中間効果測定 (本試験課題対策講座6)

統一模試により、現在の立ち位置を確認するとともに、後半講座に向けて弱点の明確化と改善対策を行います。

本試験課題対策講座7・8

  • 模擬試験(1)結果により明確となった弱点について課題を通して軌道修正を行います。
  • エスキス力強化実習では、オリジナル課題⑧を【オリジナル課題⑦の条件変更版】とすることで、課題条件(読取り)の重要性の再確認と柔軟なプランニング力を習得します。

統一模擬試験⑵  修了効果測定 (本試験課題対策講座9)

統一模試により、現在の立ち位置を確認し、本試験に向けた総仕上げを行います。

本試験課題対策講座10

どのような状況であっても、確実に合格図面・計画の要点記述を描く力を養成します。

製図本試験

試験終了講座

令和6年度 本試験課題復元図面採点会 (課題分析と合否のポイント解説)

教材

学科対策教材

学科テキスト

出題頻度の高い項目や、今後出題が予想される項目を過不足なく掲載。各単元の冒頭には「重要ポイント」として、押さえておくべきポイントがコンパクトにまとめられていたり、重要な内容はスペースを大きく取り、図やイラストを用いて詳細に解説しています。
さらに、覚えるべき公式過去問題の出題例 、テキスト本文の補足事項・関連事項・用語なども掲載しているため、合格に必要な知識を無理なく身につけることが可能です。

学科問題集

過去11年間に出題された本試験問題を項目別に分類し、原則として難易度順に、同じ難易度の場合は出題年度順に掲載、巻頭の出題分類表は、過去の試験傾向が一目でわかる構成になっています。さらに正誤の根拠をしっかり把握するために、すべての選択肢に解説を掲載。正しく理解することで、暗記ではない、真の知識の定着につながります。

トレイントレーニング

通勤時間や仕事の空き時間を利用して学習できるよう、各科目の重要ポイントをコンパクトにまとめたハンディサイズのトレーニングブック。テキストの各単元に掲載されている「重要ポイント」と、過去問の内容を効率よく学習(確認)できる「○×問題」「4肢択一問題」を掲載しています。
数値を問われることの多い『計画』には「数値確認シート」を収録。また、『環境・設備』には、今後出題が予想される「キーワード集」を収録しています。

建築関係法令集

学科試験では「法規」攻略が合格のカギとなります。当学院の法令集は「見やすくて、引きやすい」と大評判。講義では、引きたいところを即座に引けるテクニックも学べるので、本試験で圧倒的に有利となります。もちろん試験会場への持ち込みも可能です。

各種テスト

予習から本試験レベルの応用問題まで、着実に実力が身につく「合格サイクル+継続学習」のためのオリジナル教材。基礎学習で身につけた知識を、確実に得点に結びつけるための当学院の実戦型教材です。

エントリー講座(必修項目習得講座)テキスト

1級建築士の学習を進めるうえで基本となる事項を、イラストや表などを使ってわかりやすく解説しています。学習の土台を作ることを目的とした教材です。

コンパクト建築作品集

過去の出題実績から、本試験への出題が予想される建築物や、話題性のある建築物等を厳選して掲載した作品集。カラー写真や図を豊富に使用しているので、実際の建築物の具体的なイメージをつかむことができ、理解の向上につながります。

建築施工材料

施工の現場に直接立ち会う機会の少ない受講生にとって、部品や金具などの正しいイメージをつかむのは非常に困難なことです。当学院では各教室に24種1セットずつ、建築施工材料を用意しています。実物を手に取り、正しいイメージをつかむことで、施工の学習効果が飛躍的に高まります。

ビクトリー用オリジナル教材

アウトプット強化を目的としたビクトリーコース専用のオリジナル教材。基礎学習で身につけた知識を、確実に得点に結びつけるための実戦型教材です。

設計製図対策用教材

読み取りマーカー例・エスキスプロセスレポート

マーカー例では、課題文を正しく読み取り設計条件の整理の仕方を、わかりやすく解説。エスキスプロセスレポートでは、アプローチや周辺環境をふまえた建物配置から検討を加え、さらに数段階のブラッシュアップを重ねてエスキス完成に至るまでのプロセスを記しています。
エスキスのプロセスを分解し、手順化した当学院のオリジナル・メソッドにより、受講生一人ひとりが独自のプランを完成させるために必要な考え方の手順を体得するためのラインアップです。

課題対策資料

当年度の設計製図試験課題について、出題背景や建物の機能・構成、所要室、法規・構造計画・設備計画の留意点等、「当年度用途」に特化した攻略ポイントを解説しています。

設計製図テキスト

設計製図試験の概要から、計画の進め方、エスキスの基本、構造・設備等の基礎知識に至るまで、試験において必要な建築的常識をわかりやすく解説した教材です。巻末の作例集には、作図に必須となる表現例を各種掲載しています。

正しい図面の描き方(冊子)

用具の使い方等の作図の基礎知識に加え、きれいな図面を効率的に仕上げるための正しい作図手順を掲載しています。設計製図試験は、「手描き」による実技能力も問われているため、基本の型となる作図手順を習得することにより作図密度の向上を図ります。

記述解答のための基礎知識(冊子)

設計製図試験における「計画の要点等」の重要性や、記述における文章作成の基本、正しい記述の手順等を解説。また、前年度の本試験の設問を徹底検証し、適切な答案を書く方法を解説しています。

設備計画ガイドブック

設備方式やシステム等を正しく理解し、設備計画の選定や記述内容をより説得力のあるものとするための教材。図やイラストが満載で、設計製図試験に必要な設備の知識をわかりやすく学べます。

基準点クリアファイル

建物の空間構成等に関する動線(人の流れ)や吹抜け空間のねらいと効用など、どのような建物を計画する場合でも変わらない「共通理念」をわかりやすく解説。『設計製図テキスト』に掲載されていない内容も掲載しています。

記述解答トレーニング

3段階のステップアップ方式で、「適切な文章構成」「キーワードの展開」「実践編」と順序良く学び、さらにトレーニングを重ねることで、記述力の強化をはかります。

本試験課題集

近年の本試験課題の課題文と、試験実施機関が発表した標準解答例および当学院の参考解答例を掲載。課題文の読み取り練習(課題文で定められている条件が解答例ではどのように表現されているのか)として使用したり、自分のプランと標準解答例との比較を行うプランニング練習教材として使用します。

1級建築士合格者の声

柏原 直樹さん

柏原 直樹さん
リフォーム会社(意匠設計・施工管理)

疑問に思ったことを直ぐに講師に聞くことができるところが何よりも良かったことですが、講師からも声をかけていただいたことで、自己完結せずに理解度を確認しながら講義を進めることができました。

浦口 花奈さん

浦口 花奈さん
設計事務所(建築設計)

(製図コースでは)一般論としての学習の時間や方法ではなく、「作図時間はもう充分だからエスキスと記述の勉強にシフトしよう」など、私の状況に対するアドバイスを受けられたことは学習時間の確保が厳しい中で効率的な学習につなげることができました。