受講生サポートシステム

学院スタッフのサポート

最適な学習環境を常に整備

学院スタッフは、学習相談や成績管理から、教室の空調管理にいたるまで、受講生が快適に学習できる環境作りに幅広く関わっています。
宿題を怠った時などは苦言を呈することがあるかもしれません。しかし、それは、その先に「合格」の二文字があることを知っているからこその言葉。
合格へのレールを敷き、そこから外れそうな時には全力でサポート。それが総合資格学院の教室担当者なのです。

講師との関わり。講師が学院の求めているレベルの講義を行っているかをチェックすることも重要な役割です。
講義が最大のパフォーマンスを発揮するために講師に担当クラスの成績状況を的確に伝え、受講生の不得意分野などに応じて講義内容のアレンジを講師と検討するなど、受講生の理解度を最優先に考えた講座運営を行っています。
総合資格学院の教室担当者は、より多くの受講生に「合格」の二文字を届けることを使命に、受講生・講師の双方と関わり、講義の成果を最大化できるよう環境づくりを行う、まさに「縁の下の力持ち」なのです。

個別指導と受講生サポート

合格までの長い道程では、理解不足などのちょっとしたつまずきで、講義に出席する気になれずに欠席してしまうことになりがちです。さらに、講義を欠席することで、ますますわからない所が増えていき、最後には受験を諦めてしまうという最悪の結果を招くことも。
そこで当学院では、わからない、ついてこれない受講生を出さないことを第一に考え、「個別指導と徹底した受講生管理」で、当日理解学習を推進しています。これに加え、講師や教室担当者が受講生に随時、「学習サポート」や「メンタルサポート」を実施。どうすれば学習時間が確保できるか、どこがわからないのか、今何をすべきなのかを明確にして、合格への筋道をきちんと提示するので、受講生は一人で悩まずに受験を乗り越えることができます。
学力や学習環境を把握している講師や教室担当者がカウンセリングを行うので、単なる疑問解決だけでなく、個々に適した学習法から仕事上の相談まで、トータル的にアドバイスができます。

カテゴリトップに戻る 前のページに戻る pagetop